ケアマネジャーに向いている人・適性・必要なスキル

どのような職業でもそうですが、ケアマネジャーを志すにあたって気になるのは、自分がケアマネジャーに向いているのかということでしょう。

本記事では、ケアマネジャーに向いている性格や必要なスキル、反対に向いていないのはどんな人かを紹介します。

ケアマネジャーに向いている性格・適性

コミュニケーション能力がある

ケアマネジャーは人を相手にする仕事です。

以下のようなさまざまな人的ネットワークを駆使することで仕事が成り立っています。

ケアマネジャーが関わる人々
  • 利用者やその家族
  • 行政職員
  • 福祉用具会社の営業マン
  • 病院関係者
  • 地域包括支援センターなどの関係機関

ケアマネジャーは「介護問題の相談窓口」ともいえ、さまざまな事情を抱える人に関わり、多くの問題解決のために働く仕事です。

ケアマネジャーに向いている人
  • 人づきあいが得意な人
  • 気配りができる人
  • 明朗活発な人
  • 物事を明るく考えられる人

相談業務をするうえで、コミュニケーション力は重要ですが、ただ話が上手ければいいというわけではありません。

共感的理解や信頼関係の構築には、傾聴力も大切です。

また、利用者や家族に対してわかりやすい言葉で的確に伝えることができる人が望まれます。

フットワークの軽さ

ケアマネジャーの仕事は、自ら現場に出向いて問題を解決する力が必要です。

事務所の中でケアプランを書くだけではなく、利用者の方に対面してニーズを把握したり、他の専門職や地域とのネットワークを築いたりと、自ら外へ出かけていくフットワークの軽さが大切です。

また、忘れてはならないのが利用者へのすばやい対応で、ケアマネジャーが迅速に対応することで、利用者の生活のみならず、ときには生命をも救うことがあるのです。

ケアマネジャーになるには? 必要な資格要件は?

ケアマネジャーに必要なスキル・能力

セルフマネジメント能力

ケアマネジャーの仕事には煩雑な事務がつきものです。

仕事を始めたばかりのケアマネジャーは、必要な書類の多さに驚くでしょう。

どこに誰にどのように書類を出すのか、郵送か手渡しか、個人情報の取り扱いはどうすればよいかなどを考えながら、てきぱきと書類を処理する能力が求められます。

もちろん事務作業だけでなく、利用者との面接やカンファレンスなど、仕事は多岐に渡り、毎日数多くの仕事を進めなければなりません。

仕事に優先順位をつけ、複数の業務を同時にこなしながら働くことができるセルフマネジメント力が重要です。

人的ネットワークをつくる

ケアマネジャーとして仕事をする上では、上司はもちろん上司以外の社外の人的ネットワークを活用していくことが大切です。

たとえば利用者の認定調査をする場合には、上司だけではなく、行政の担当者に直接問い合わせたり相談したりできると仕事がしやすくなります。

他にも、福祉用具や住宅改修の業者の情報を詳しく把握しておくことでスムーズに手続きができるでしょう。

また、地域包括支援センターの主任ケアマネジャーと信頼関係を築くことで、困ったときに相談しやすくなります。

利用者や家族との信頼関係

ケアマネジャーとはいえ、知らない人が突然家の中に入ってくることに対して、抵抗を感じる人も多く、利用者やその家族と信頼関係を築くことは非常に大切です。

また中立的な態度をとることも重要で、利用者の話だけを聞くのではなく、その家族や介護者の話も十分に聞かなくてはなりません。

家族の人間関係に深く入り込みすぎないよう、心理的な距離感にも気をつける必要があります。

信頼関係は簡単に生まれるものではないため、初対面のときから気をつけ、何か問題が起こったときはスピーディーに対応できるようにしておくよう心がけます。

ケアマネジャーに向いていないのはどんな人?

ケアマネジャーの仕事は、多くの利用者に対しさまざまなサービスを提供することです。

そのため、一人ひとりの利用者にじっくり接することは難しく、複数人の利用者のことを常に意識しながら仕事をしなくてはなりません。

また、ケアマネジャーになると実際に介護の現場に出ることはほとんどなく、事務作業も多くなります。

直接利用者と触れ合う仕事をしたい人は、介護福祉士やホームヘルパー(訪問介護士)のほうが向いているかもしれません。

ケアマネジャーの適性のまとめ

ケアマネジャーに向いているのは、人づきあいが得意な人や気配りができる人、明朗活発な人、物事を明るく考えられる人です。

共感的理解や信頼関係の構築には、傾聴力も大切です。

また、利用者や家族に対してわかりやすい言葉で的確に伝えることができる人が望まれます。

実際に介護の現場に出ることはほとんどなくなるため、直接利用者と触れ合う仕事をしたい人は、介護福祉士やホームヘルパー(訪問介護士)のほうが向いているかもしれません。