ケアマネジャーの仕事内容・役割

ケアマネジャーの仕事とは

高齢者と介護保険サービスをつなぐ

ケアマネジャーは、平成9年に介護保険制度がスタートし、そのサービスの中核を担うために生まれた比較的新しい職種です。

正式名称は「介護支援専門員」通称「ケアマネ」といい、介護を必要とする高齢者と介護保険サービスをつなぐ大切な役割をもっています。

「ケアマネジメント」とは?

ケアマネジャーは「秘書」のような存在といえばわかりやすいでしょう。

日々のスケジュール管理や、取引先との調整など、秘書の仕事はつねに先を見越し「社長にとって何が必要か」を考えながら業務にあたります。

ケアマネジャーも同様に利用者である高齢者にとって「どんな介護が必要なのか?」「どのような生活を望んでいるのか?」ということを察することが求められます。

どのような介護を、いつどこで受けるのかを計画し、実際にサービスを利用できるまでにすることが「ケアマネジメント」の仕事です。

ケアマネジャーの業務の内容

1.高齢者やその家族との介護相談

ケアマネジャーの仕事は、高齢者とその家族からの介護相談から始まります。

依頼は本人や家族から入ることもあれば、地域包括支援センターなどから入ることもあります。

その相談内容をもとに、よりよい介護サービスを受けられるようサポートしていきます。

適切なサポートをするには、高齢者と関わりのあるすべての人やサービス(家族・親族・かかりつけの病院や介護サービス)などと連携をとることが必要です。

利用者がすでに介護サービスを使っている場合は、主治医や事業所から情報を入手し、定期的にサービス担当者会議(高齢者と利用するサービスの担当者、主治医などが集まり話し合いをおこなう場)をセッティングするのもケアマネジャーの大切な仕事ひとつです。

2.要介護認定の書類作成代行

「新たに介護保険サービスを利用したい」「病気やけがで今までよりも介護が必要になった」といったときには、地方自治体へ要介護認定の手続きが必要です。

要介護認定とは、介護が必要な状態であると市区町村が認定することで、この認定を受けることによって、介護保険の給付を受けられるようになります。

しかし、要介護認定の手続きには専門的な知識が必要な上、さまざまな書類を作成しなくてはなりません。

そこでケアマネジャーが高齢者または家族に代わり申請書類を作成し、認定調査を受ける手配を行うことでスムーズに手続きができます。

3.ケアプランの作成

ケアプランの作成は、ケアマネジャーの業務の中でも中核的な仕事といえるでしょう。

ケアプランは、介護サービスの説明書とスケジュール表のようなもので、ケアプランなしには介護サービスを受けることはできません。

「訪問介護」や「施設のデイサービス」など介護の方法はさまざまであり、ケアマネジャーはその中で最適なプランを考えます。

ケアプランは高齢者とその家族の要望から、どんなサービスがその人に最も必要なのかを吟味してつくられ、サービスの目的・サービスを受ける日時・サービス内容などが記載されています。

高齢者や利用する介護サービス事業所にも配布されるので、解かりやすい言葉でていねいに作成することも大切です。

またケアプランに沿って介護サービスを提供するためには、実際に支援を行うサービス事業者の選定が必要になってくるため、利用者の意向を尊重してどの事業者を選定するのかを決定し、連絡・調整を行います。

4.モニタリング

実際に介護サービスが開始されると、ケアマネジャーは定期的な訪問で健康状態やサービスなどのモニタリングをします。

・サービスはしっかりと提供されているのか
・サービスが利用者に合っているのか
・利用者の状態に変化はないのか
・利用者ご本人やご家族は、サービスに満足されているのか

などを確認し、必要に応じてケアプランの変更も行います。

ケアマネジャーのその他の仕事

上記に挙げた仕事以外にも、ケアマネジャーには

・介護保険の給付請求
・各介護サービスとの連絡調整
・新規利用者の獲得

などさまざまな仕事があります。

ケアマネジャーの仕事は、高齢者が安心して介護サービスを受けるための縁の下の力持ちといえるでしょう。

ケアマネジャーの役割

アセスメントを行う

ケアマネジャーは、「要介護認定」を受けた人に対して、どのような介護サービスを使えばよりよい生活を送られるかを指南する役割を担っています。

利用者が自立した日常生活を営むことができるように、支援する上で解決すべき課題を把握することは「課題分析」または「アセスメント」と呼ばれ、ケアマネジャーの重要な役割の一つです。

介護サービスはさまざまな種類があり、要介護者やその家族が、どういったサービスをいつ使えばよいのか選ぶことはかなり難しいため、ケアマネジャーは

・介護サービスやサービスを行う事業所の情報を収集する
・担当する要介護者一人ひとりに合ったサービスを紹介する
・介護サービス等の利用計画を立てる
・実際にサービスを利用した後のフォローをする

といった介護サービスに関わることを一手に引き受けています。

ケアマネジャーは、介護サービスの幅広い知識を持ち、要介護者が必要とするサービスは何かを察することが求められます。

介護チームの調整役

在宅介護を受けている要介護者の場合、多くが複数のサービスを利用することになるうえに、家族の存在やかかりつけ医の存在など、多くの人が介護に関わってきます。

ケアマネジャーはそのチームの調整役といえ、要介護者に関係するすべての人やサービスを総括していくことになります。

とくにケアマネジャーが主催する「サービス担当者会議」は、サービスを利用している要介護者やその家族、介護サービスを提供しているすべての事業所の担当者、かかりつけ医などが出席し、よりよい支援が受けられるための話し合いをする機会となります。

会議の主催者として、日程調整や司会進行役もこなさなくてはならないため、力量が試される場でもあります。

介護の専門家として

ケアマネジャーはその他にも数多くの役割を担っており、いわば「介護の専門家」といっても過言ではありません。

そのため介護を必要とする人や、その家族からの信頼は絶大なものとなります。

担当する要介護者が、自分の計画したサービスを利用することで自立度が改善した時の喜びは何ものにも代えがたく、やりがいに満ちた仕事といえるでしょう。

ケアマネジャーの勤務先の種類

ケアマネジャーの就職先は、主に「特別養護老人ホーム」などの施設と「居宅介護支援事業所」で働く場合の2種類があります。

施設で働くケアマネジャーは通称「施設ケアマネ」と呼ばれ、入居者のケアプラン作成を行います。

施設の場合、居宅介護支援事業所より多数の利用者を担当することが多いため、多くの経験を積むことができるメリットがありますが、夜勤があったり、介護職員の人手不足から送迎業務や介護業務を自ら行うこともあります。

一方、居宅介護支援事業所で働くケアマネジャーは通称「居宅ケアマネ」と呼ばれ、利用者のケアプラン作成、訪問看護や訪問介護、デイサービスなどの介護サービスの日程調整、連携などを行います。

ケアマネジャーの就職先と活躍の場

ケアマネジャーと関連した職業

ケアマネジャーと似た仕事に、ソーシャルワーカーがあります。

ケアマネジャーの仕事は、要介護認定を受けた人やその家族と、介護保険サービスの橋渡しを行うことです。

一方ソーシャルワーカーの仕事は、病気やけが、あるいは高齢や障害などを抱える人やその家族に対し、日常生活を送るうえでの不安や困りごとの支援をすることです。

介護分野に限らず、社会福祉全体に関わっていきながら利用者の早期社会復帰や社会参加を支援していく点がケアマネジャーとの違いです。

ソーシャルワーカーの仕事