ケアマネジャーのやりがい・楽しさ・魅力

ケアマネジャーのやりがい・楽しさ

利用者に喜んでもらえる

介護を必要とする人やその家族の多くは、不安や心配、悩みを抱えています。

ケアマネジャーは相談援助をしながら、最良の方法でケアプランを立て、よりよい方向へと導いていく役割があります。

利用者やご家族の状況を踏まえさまざまな方法でケアプランを作っていきますが、ただ問題を見つけるだけではなく、その利用者やご家族がどうすればポジティブに生きていけるのか、プラス面を見つけ出すことが大事な仕事になります。

たとえ介護が必要であっても、適切な介護サービスを取り入れることで、自宅で変わりなく生活できれば、利用者やそのご家族の生活も良い方向へと変わっていきます。

自分が関わることで利用者の生活状態が改善していくというところは、ケアマネジャーの仕事の醍醐味です。

利用者に合わせたケアプラン作り

ケアマネジャーは、利用者のことを考えケアプランをします。

たとえば外出が好きな利用者にはデイサービスの利用をすすめたり、自宅でできる趣味がある人にはそれをリハビリとして取り入れたり、介護に不安を抱える人には半日や一日の体験をすすめるなど、同じ介護度でも利用者や家族の希望に寄り添ったケアプランを作成することが必要です。

利用者一人一人に合わせたケアプランを作成することで、介護サービスの質がより高まりますし、利用者やその家族にも喜んでもらえます。

ケアマネジャーの仕事内容・役割

ケアマネジャーの魅力

介護事業の重要なポジション

家族だから介護するのは当たりまえという時代は終わりましたが、まだまだ介護の問題を家族内で抱え込んでいる人は多くいます。

介護問題を抱えている人、介護を必要としている人、心身機能の弱った1人暮らしの高齢者などの介護問題にケアマネジャーが介入することで、状況を一変させることができます。

ケアプランを立てて介護サービスを提供すること、住宅改修の申請代行で意見を出すことなど、ケアマネジャーでなければできない仕事が多くあり、介護を利用する人にとっては非常に重要な役割を担っています。

また地域包括支援センターでは、主任ケアマネジャーとして高齢者の虐待問題に立ち向かう役割もあります。

ケアマネジャーは介護事業の重要なポジションを果たし、ケアマネジャーがいなければ介護サービスは上手く機能しないともいえるでしょう。

将来性のある仕事

ケアマネジャーの資格はまだ創設されて日が浅く、研修体系やケアプランの書き方など、この仕事ができたばかりのころと比べると大きく変化してきているため、まだまだ仕事は発展途上で可能性は未知数といえるでしょう。

近年高齢化が急速に進む中で、ケアマネジャーの仕事は介護職員のキャリアプランとして認知され始めていますし、仕事内容も社会全体に広く知られるようになったことから、今後は働く場も増え、この仕事の重要さはより高まり、将来性もあると考えられます。