女性のケアマネジャーのキャリアパス・結婚後の生活

ケアマネジャーは、資格を取得することによって、専門職として長く働きながらキャリアを築いていくことが可能です。

一方、妊娠・出産を希望する女性のケアマネジャーには、それらの大きなライフイベントに直面したときに、仕事をどうするかという問題がつきものです。

本記事では、女性のケアマネジャーの現状や結婚後の働き方などを紹介します。

女性のケアマネジャーの現状

現在、ケアマネジャーの7割から8割は「女性」が占めており、活躍している人の大半が30~40代という調査結果が出ています。

なお、ケアマネジャーの資格をもつ人の多くが、医療、福祉関係の有資格者です。

もともと女性の活躍が目立つ介護福祉士」や「看護師」などがケアマネジャーになることが多いため、女性の割合が高くなっていると考えられます。

女性のケアマネジャーの強み・弱み

居宅介護を行う事業所では、男性が家に上がることに抵抗がある利用者も多いため、女性が多く配置される傾向にあるようです。

反面、施設内のケアプランを作成する施設ケアマネジャーには、男性も多く見られます。

なお、この仕事をするにあたり、通常は性別によって仕事の成果に大きな差が生まれることはありません

利用者やそのご家族としっかり信頼関係を築き、プロフェッショナルとして最適なケアプランを考えるという役割は、男女共通です。

ケアマネジャーの結婚後の働き方・雇用形態

ケアマネジャーは、出産後も引き続き働く人が少なくありません。

介護福祉士や看護師の場合、勤務体系が変則的で夜勤が発生する職場も多いのに対し、ケアマネジャーの仕事は夜勤がない上に、たいていは土日祝日が休日になります。

家庭と仕事を両立させやすい仕事といえるでしょう。

フルタイムでの勤務はもちろん可能ですが、それ以外に短時間の勤務や扶養範囲内で働くなど、出産前後で働き方を変える人もいます。

ケアマネジャーは子育てしながら働ける?

ケアマネジャーとして働く人は女性で、さらに30代から40代の子育て世代が多いです。

同僚や上司も同じ境遇の人が多いことで、急な休みや早退などの理解を得やすく、育児と仕事の板挟みになる心配が少ないようです。

また、働き方の自由度が高いことも大きいといえます。

子どもが手にかかる時期は非常勤(パート勤務)、子育てが一段落すれば常勤(正社員)と、柔軟に働き方を変えることができます。

ライフスタイルの変化への理解を示し、積極的にキャリアアップを支援する体制を整え、有望なケアマネジャーの確保に力を注ぐ事業所も増えています。

無料オンラインセミナーのお知らせ
超初心者でもできる 人生100年時代に向けた賢いお金の持ち方・増やし方 オンライン開催 2022年10月27日木曜日 20時から21時まで 参加無料 ファイナンシャルプランナー 虫鹿恭正(むしか やすまさ) 主催:アクサ生命保険株式会社
セミナー内容
  • つみたてNISAとiDeCoの違い
  • 変額保険、投資信託のメリット・デメリット など

ケアマネジャーは女性が一生働ける仕事?

ケアマネジャーは、自分のライフイベントに応じて働き方を変えることができる環境が整っています。

なお、子育ても介護も「人」に深く関わっていく仕事であるため、育児で得た経験や考え方を、仕事に役立たせていくこともできるかもしれません。

女性のケアマネジャーのキャリアパスのまとめ

現在、ケアマネジャーのじつに7割から8割を女性が占め、活躍している大半が30~40代という調査結果が出ています。

居宅介護を行う事業所の中には、男性が家に上がることに抵抗がある利用者も多いため、女性が多く配置される傾向にあります。

しかし、性別によって仕事に大きな差が生まれることはなく、利用者と信頼関係を築き、最適なケアプランを考えるという仕事内容は男女共通です。

積極的にキャリアアップを支援する体制を整え、有望なケアマネジャーの確保に力を注ぐ事業所が多く、出産前後に働き方を変えて仕事を続けることも可能です。