女性のケアマネジャーのキャリアパス・結婚後の生活

妊娠・出産を希望するケアマネジャーには、それら大きなライフイベントを経て仕事をどうするかという問題がつきものです。

本記事では、女性のケアマネジャーの現状や結婚後の働き方などを紹介します。

女性のケアマネジャーの現状

現在、ケアマネジャーのじつに7割から8割を女性が占め、活躍している大半が30~40代という調査結果が出ています。

ケアマネジャーの資格をもつ人の多くが医療、福祉関係の有資格者です。

もともと女性が多い介護福祉士や看護師などがケアマネジャーになることが多いため、女性の割合が高いと考えられます。

ただし、男性ケアマネジャーが主任や所属長をしているケースも多くあります。

女性のケアマネジャーの強み・弱み

居宅介護を行う事業所の中には、男性が家に上がることに抵抗がある利用者も多いため、女性が多く配置される傾向にあるようです。

反面、施設内のケアプランを作成する施設ケアマネジャーには、男性が多くみられるようです。

利用者によっては、ケアマネジャーの性別を理由に拒否することもままあります。

しかしこの仕事をする上で性別によって仕事に大きな差が生まれることはなく、利用者と信頼関係を築き、最適なケアプランを考えるという仕事内容は男女共通です。

ケアマネジャーの結婚後の働き方・雇用形態

ケアマネジャーとして、出産後も働く人も少なくありません

介護福祉士や看護師の仕事のほとんどが変則的で夜勤もあるのに対して、ケアマネジャーの仕事は夜勤がない上に、土日祝日が休日になるのもひとつの理由でしょう。

短い時間、扶養範囲内で働く選択肢があるのもケアマネジャーの魅力で、出産前後に働き方を変えて仕事を続けることも可能です。

ケアマネジャーは子育てしながら働ける?

ケアマネジャーとして働く人は女性、さらに30代から40代の子育て世代が多く、同僚や上司も同じ境遇の人が多いため、急な休みや早退なども理解があり、育児と仕事の板挟みになる心配が少ないようです。

またパートや常勤など、働き方の自由度が高いことも大きいといえます。

子どもが手にかかる時期はパート勤務、子育てが一段落すれば正社員と、積極的にキャリアアップを支援する体制を整え有望なケアマネジャーの確保に力を注ぐ事業所が多いのです。

自分のライフスタイルに合った働き方のできる仕事だからこそ、ケアマネジャーを目指す女性が増えているともいえます。

ケアマネジャーは女性が一生働ける仕事?

ケアマネジャーは、自分のライフイベントに応じて働き方を変えることができる環境が整っています。

子育ても介護も人に関わる仕事であるため、育児経験を介護の現場に生かすこともできるでしょう。

女性のケアマネジャーのキャリアパスのまとめ

現在、ケアマネジャーのじつに7割から8割を女性が占め、活躍している大半が30~40代という調査結果が出ています。

居宅介護を行う事業所の中には、男性が家に上がることに抵抗がある利用者も多いため、女性が多く配置される傾向にあります。

しかし、性別によって仕事に大きな差が生まれることはなく、利用者と信頼関係を築き、最適なケアプランを考えるという仕事内容は男女共通です。

積極的にキャリアアップを支援する体制を整え有望なケアマネジャーの確保に力を注ぐ事業所が多く、出産前後に働き方を変えて仕事を続けることも可能です。