ケアマネジャーになるには? 必要な資格要件は?

ケアマネジャーになるには、通称「ケアマネジャー試験」に合格し、さらに専門的な研修を受けるなど、いくつかのステップを踏む必要があります。

本記事では、ケアマネジャーになるための流れや、必要な資格の概要などについて細かく紹介しています。

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

ケアマネジャーになるまでの道のり

ケアマネジャー(介護支援専門員)になるためには、まずケアマネジャー試験(正確には「介護支援専門員実務研修受講試験」)に合格することが必要です。

介護支援専門員は、国家資格ではなく公的資格であり、試験は各都道府県が管轄、実施しています。

ケアマネジャーの試験は、毎年1回、例年10月の日曜日に開催され、試験は居住する都道府県で受けます。

また、誰でも受験できる試験ではなく、受験のためには次の項で詳しく紹介する「基礎資格」を有した上で、一定期間以上の実務経験を積まなくてはなりません。

受験資格をクリアしているのかどうか、また、受験資格を証明するための書類が揃えられるかなどを事前に確認しましょう。

ケアマネジャーの資格・難易度

ケアマネジャーの基礎資格とは?

ケアマネジャーの試験を受験するには、「基礎資格」を持っていて5年以上900日以上の実務経験があることが必要です。

基礎資格として認められている国家資格には、以下のようなものがあります。

ケアマネジャーの基礎資格
  • 介護福祉士
  • 社会福祉士
  • 看護師
  • 准看護師
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 栄養士(管理栄養士を含む)
  • 保健師
  • 精神保健福祉士
  • あん摩マッサージ指圧師
  • はり師
  • きゅう師
  • 歯科衛生士
  • 薬剤師
  • 柔道整復師
  • 言語聴覚士
  • 医師
  • 歯科医師
  • 助産師
  • 視能訓練士
  • 義肢装具士

とくに介護の仕事と親和性が高いこともあって、「介護福祉士」からケアマネジャーの資格を取得する人が多くを占めています。

基礎資格がない場合

上記の基礎資格を持っていない人でも、生活相談員や支援相談員、相談支援専門員、主任相談支援員として通算5年以上かつ900日以上相談援助業務に従事した経験があれば、ケアマネジャー試験を受験することが可能です。

合格後には研修を受講する

無事に試験に合格しても、すぐにケアマネジャーにはなれません。

合格後は「介護支援専門員実務研修」(32時間以上の研修)を受講し、全日程出席して、修了することが必要です。

実務研修は前期と後期に別れ、研修会場での講義が主ですが、前期と後期の間には実際にケアプランを作成する課題が出され、後期の講義に使用します。

この研修でケアマネジャーとしての理念や実際の業務についての詳しいレクチャーがおこなわれ、研修後、即ケアマネジャーとして活躍できる人材を養成します。

その後、各都道府県に登録申請を出し、受理されると都道府県の知事が発行する介護支援専門員証が交付されると、晴れてケアマネジャーとしての資格を取得できます。

ケアマネジャー試験(介護支援専門員試験)の難易度・合格率

更新手続きが必要な資格

ケアマネジャーの資格は、定期的な「更新」手続きが必要です。

更新は5年おきで、更新の前年に所定の研修を修了することが必須です。

ケアマネジャーになるための学校の種類

ケアマネジャー試験は、学歴関係なく受験することができます。

ただし、受験のためには一定の「実務経験」が求められることから、受験者の多くが社会人で、働きながらケアマネジャー資格にチャレンジしています。

学歴は必要ないものの、試験対策のためのスクールや通信講座に通う人もいます。

ケアマネジャーになるためにはどんな学校に行けばいい?

ケアマネジャーに向いている人

コミュニケーション能力

ケアマネジャーの仕事では、介護を受ける人にとって最適なケアプランを作成する機会が多くあります。

そのためには、相手を思いやる気持ちを持ち、どのような要望があるのかを深く聞き出すことができる力が必要です。

さまざまな分野の人と連携する機会が多いという意味でも、コミュニケーション能力が欠かせません。

事務処理能力

ケアマネジャーは、人と接する機会が多い一方、書類作成や給付管理など事務処理が非常に多いことも特徴です。

テキパキと事務処理ができる能力が求められてきます。

ケアマネジャーに向いている人・適性・必要なスキル

ケアマネジャーのキャリアプラン・キャリアパス

ケアマネジャーは、現場で働く介護職員のキャリアパスの到達点として考えられることが多く、たくさんの人が目指す資格です。

資格取得後は、さらに経験を積んで、施設や事業所で「主任ケアマネジャー」を務めたり、日本ケアマネジメント学会が設立している「認定ケアマネジャー」を目指したりする人もいます。

また、「施設長」や「事業所長」などの管理職になったり、自分で事業を起こしたりする人もいます。

ケアマネジャーを目指せる年齢は?

ケアマネジャーの受験資格に年齢制限はないため、何歳からでも働くことができます。

また、デスクワークが主となるため、年齢を重ねて体力的に現場で介護の仕事をするのが厳しくなってくると、ケアマネジャーとして働くという人も多くいます。

近年では、50代や60代で活躍している人も非常に多くなっています。

ケアマネジャーの資格のまとめ

ケアマネジャー(介護支援専門員)になるためには、ケアマネジャー試験(介護支援専門員実務研修受講試験)に合格することが必要です。

さらに、合格後は「介護支援専門員実務研修」(32時間以上の研修)を受講して、全日程出席・修了が必須です。

また、ケアマネジャーとして働き続けるには、5年おきの資格更新手続きと、その前年に研修を修了しなくてはなりません。

継続的に勉強を続ければ、「主任ケアマネジャー」などキャリアアップの道も見え、年齢を重ねてからも働ける職業です。