看護師からケアマネジャーになるには

現在、看護師として働く人のなかには、福祉の分野に関心を持ち、あるいはキャリアアップを目指してケアマネジャーになろうと考える人もいるでしょう。

看護師資格は介護支援専門員実務研修受講試験の受験資格のひとつである「基礎資格」に該当するため、実務経験の条件さえ満たせば受験資格を得ることができます。

本記事では、看護師からケアマネジャーになるルートについて説明します。

看護師からケアマネジャーへ

看護師からのキャリアチェンジでケアマネジャーになる人もいます。

ケアマネジャーになるには、まず都道府県が実施する「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格する必要がありますが、この試験の受験資格のひとつとして「保健・福祉・医療分野での国家資格を持ち、5年以上、900日の実務経験があること」とあります。

看護師の場合、5年以上働いているとケアマネジャーの試験を受けられるようになります。

看護師からケアマネジャーへ転職するメリット

ケアマネジャーへ転職した場合、勤務する施設にもよりますが夜勤は少なく、看護師よりも安定した働き方ができるといえます。

医療と介護の両方の知識を持っていることから施設や事業所でも重宝されるだけでなく、福祉事務所や自治体の福祉担当課、地域包括センターなど就職先の選択肢が広がるでしょう。

看護師からケアマネジャーへ転職するデメリット

一方、看護師をはじめとした医療職よりも介護職のほうが相対的に平均賃金は低く、転職したからといって給料がアップするとは限らないため注意が必要です。

看護と介護の関連性

ケアマネジャーの仕事は、要介護者に対して介護サービスプランを考えたり、介護サービスの調整や管理をしたりすることです。

直接身体的な介護を行うことはほぼないため、看護師の現場経験をそのまま生かせる仕事ではないかもしれません。

しかし看護師としての経験があると、要介護者の病気などの状態に応じて、今後の経過がある程度予測可能です。

またケアマネジャーの仕事では、医療関係者など外部の関係機関との連携が必要になることも多くあります。

そうした関係者と接することに慣れていたり人脈ができていたりすると、ケアマネジャー業務に生かすことができるでしょう。

介護を必要とする人や、その家族は何らかの不安を抱えています。

困っている人と向き合い、相手のためを思って仕事をするという点は、ケアマネジャーも看護師も共通しています。

看護師の資格が転職で有利に

近年、看護師の新たな就職先として、地域包括支援センターへ注目が集まっています。

地域包括支援センターは、介護保険法で定められた機関で各区市町村への設置が義務付けられています。

病院のように医療行為は行いませんが、利用者や、その家族から健康に関する不安や悩みを相談されることもあるため、地域包括支援センターは看護師としての知識を生かせる場所といえます。

看護師として培った医療の知識に加え、ケアマネジャーの資格を取得して介護保険や介護保険のサービスにも熟知している人は、優先的に採用されるようです。

看護師からケアマネジャーへ転職する人の減少

ケアマネジャーの資格がはじまってから看護士からケアマネジャーへ転職する人は一定数いましたが、ここ数年では減少しているようです。

ケアマネジャーの仕事の大変さや、給料・待遇に恵まれないことからケアマネジャーへの転職を避けるようになってきていると考えられています。

またケアマネジャーの資格を取得しても、依然として給料や待遇がよい看護師として働く人も多いようです。

介護の現場では医療・介護の両方の知識を持つ人材が求められているため、このミスマッチを解消していくことが望まれています。

看護師からケアマネジャーになるにはのまとめ

看護師からのキャリアチェンジでケアマネジャーになる人もいます。

看護師資格は介護支援専門員実務研修受講試験の受験資格のひとつである「基礎資格」に該当するため、実務経験の条件さえ満たせば受験資格を得ることができます。

ケアマネジャーへ転職した場合、勤務する施設にもよりますが夜勤は少なく、看護師よりも安定した働き方ができるといえます。

また、福祉事務所や自治体の福祉担当課、地域包括センターなど病院以外にも就職先の選択肢が広がるでしょう。

一方、看護師をはじめとした医療職よりも介護職のほうが相対的に平均賃金は低く、転職したからといって給料がアップするとは限らないため注意が必要です。

ケアマネジャーは直接身体的な介護を行うことはほぼないため、看護師の現場経験をそのまま生かせる仕事ではないかもしれませんが、医療関係者など外部の関係機関との連携は必須であるため、看護師時代の人脈が役立つシーンは多くありそうです。