ケアマネジャーへの転職・未経験採用はある?

他業種からケアマネジャーを目指したいと考える人もいるでしょう。

気になるのは、未経験でも採用されるのか、有利になる資格はあるのかといった点ではないでしょうか。

本記事では、ケアマネジャーへの転職状況や必要な経験、志望動機の考え方などを紹介します。

ケアマネジャーへの転職状況は?

社会の高齢化が進み、ケアマネジャーの需要は拡大していることに伴い、転職を志す人は多いようです。

特に介護職からキャリアアップとしてケアマネジャーを目指す傾向にあります。

そのほかまったく別の仕事に就いていた人が、一からケアマネジャーになるための勉強を始めるケース、医療や福祉関連の仕事からケアマネジャーという職業に興味を持ち、転職を考えるといったケースもあります。

ケアマネジャーへの転職の志望動機で多いものは?

ケアマネジャーを目指す志望動機には、「長く働くことができるから」を挙げる人が多いようです。

介護の仕事はこの先も需要が高いため、介護業界で働く多くの人がケアマネジャー資格の取得を目指します。

ケアマネジャーの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人からケアマネジャーになるには

ケアマネジャーとして働くには、介護支援専門員実務研修受講試験への合格が必要です。

この試験には受験資格があり、保健・福祉・医療分野での国家資格を持ち、5年以上、900日の実務経験がなくてはなりません。

または老人福祉施設や在宅介護業務に従事する人、施設長などとして5年から10年の実務経験があれば受験することが可能です。

実務経験を重ねなければ受験機会すら与えられないため、まったく別の業界から転職するのはハードルが高い職業といえます。

ケアマネジャーへの転職に必要な資格・有利な資格

ケアマネジャーに転職するためには、以下のいずれかの資格を必要とします。

基礎資格
  • 介護福祉士
  • 社会福祉士
  • 看護師
  • 准看護師
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 栄養士(管理栄養士を含む)
  • 保健師
  • 精神保健福祉士
  • あん摩マッサージ指圧師
  • はり師
  • きゅう師
  • 歯科衛生士
  • 薬剤師
  • 柔道整復師
  • 言語聴覚士
  • 医師
  • 歯科医師
  • 助産師
  • 視能訓練士
  • 義肢装具士

こうした保健・福祉・医療分野で取得した資格は、介護の現場でも大いに役立たせることができるでしょう。

ケアマネジャーへの転職に役立つ職務経験は?

ケアマネジャーの仕事は、利用者やスタッフ、医療従事者などさまざまな人と連携してケアプランを作成することです。

そのためコミュニケーション能力が非常に重要です。

これまで患者や施設利用者などと接してきた人であれば、職務経験をそのまま生かすことができるでしょう。

ケアマネジャーへの転職面接で気をつけるべきことは?

ケアマネジャーは、今後も安定した需要がある職業ですが、決して楽な仕事ではありません。

施設で働くケアマネジャーは、1名体制で業務を担当するところが多く、抱える責任やプレッシャーは大きなものとなるでしょう。

また、ケアマネジャー業務に加えて介護職としての役目を兼任しなくてはならない施設もあります。

人手不足の施設ではスタッフ一人ひとりの負担が大きく、厳しい労働環境のところもあるようです。

利用者に対する接し方や経営方針なども施設によって異なるため、面接のなかで不明な点や気になる点があれば積極的に質問するようにしましょう。

ケアマネジャーに転職可能な年齢は何歳くらいまで?

ケアマネジャーの受験資格に年齢制限はないため、何歳からでも目指すことが可能です。

近年では50代や60代で活躍している人も多く、ヘルパーや介護士ほど体力を使う仕事ではないため、年齢を重ねても働くことができるといえます。

ケアマネジャーへの転職のまとめ

介護職からのキャリアアップとしてケアマネジャーを目指す人は少なくありません。

この試験には受験資格があり、保健・福祉・医療分野での国家資格を持ち、5年以上、900日の実務経験がなくてはなりません。

実務経験を重ねなければ受験機会すら与えられないため、まったく別の業界から転職するのはハードルが高い職業といえます。

また、さまざまな人と連携してケアプランを作成するケアマネジャーの業務には、高いコミュニケーション能力が必要です。

人手不足により現場との兼務や厳しい労働環境に身を置くことになるケースもありますが、年齢制限がなく、何歳からでも目指すことが可能な点はケアマネジャーの魅力です。