ケアマネジャーとソーシャルワーカーの違い

ケアマネジャーソーシャルワーカーの仕事内容の違い

ケアマネジャーの仕事は、要介護認定を受けた人やその家族と、介護保険サービスの橋渡しを行うことです。

正式名称は「介護支援専門員」といい、介護保険サービスを必要とする人の相談にのったり、要介護認定の書類作成を行ったり、実際にどのような介護サービスを提供していくかを記載したケアプランを作成したりします。

活躍の場は、居宅介護支援事業所や介護保険施設、有料老人ホームなど介護施設が中心で、対象となるのは、介護を必要とする高齢者やその家族です。

一方ソーシャルワーカーは一般的には国家資格である「社会福祉士」を持って働く人のことを指し、病気やけが、あるいは高齢や障害などを抱える人やその家族に対し、日常生活を送るうえでのさまざまな不安や困りごとの支援をします。

対象者にアドバイスや指導を行い、相手の早期社会復帰や社会参加を支援し、介護分野に限らず社会福祉全体に関わっていくという特徴があります。

ソーシャルワーカーは、高齢者福祉施設や障害者福祉施設、医療機関、教育機関、行政機関などで働き、子どもから高齢者まで、幅広い年代の人と接することになります。

ソーシャルワーカーの仕事

ケアマネジャーとソーシャルワーカーのなる方法・資格の違い

ケアマネジャーは介護保険法に基づく資格であり、各都道府県が実施する「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格することが必要です。

ソーシャルワーカーは、社会福祉士及び介護福祉士法に基づく「社会福祉士」の資格を取得して働くのが一般的で、資格を取るためには、福祉系の大学などで学び、国家試験に合格する必要があります。

ケアマネジャーとソーシャルワーカーの学校・学費の違い

ケアマネジャーなるには、指定されている業務で5年以上かつ900日上の経験があれば、学歴などは関係なく受験することができます。

実務経験が必須なため、受験者も社会人となり、多くの方が働きながらケアマネジャー資格にチャレンジしています。

ソーシャルワーカーになるには、社会福祉士や精神保健福祉士の資格取得者が大半のため、福祉系4年制大学や短大に通うのが一般的です。

福祉系4年制大学で必須科目を取得する、あるいは短大卒業後に相談援助実務を1年から2年経験することで受験資格を得ることができます。

ケアマネジャーとソーシャルワーカーの給料・待遇の違い

ケアマネジャーの平均年収は、約330万円から420万円といわれています。

ソーシャルワーカーの給料は、公務員の医療ソーシャルワーカーであれば平均年収400万円から500万円程度、民間の医療ソーシャルワーカーであれば平均年収380万円から400万円程度です。

どちらの仕事も実務経験が重視される仕事であるため、長く勤務するに従って給与アップ、昇格が期待できる職種です。

ケアマネジャーとソーシャルワーカーはどっちがおすすめ?

ケアマネジャーとソーシャルワーカーは、仕事をする対象や取得する資格に大きな違いがあります。

介護や高齢者を専門に仕事をしたい人はケアマネジャー、広く社会福祉に関わりたい人はソーシャルワーカーを目指すのがよいでしょう。