ホームヘルパーへの転職・未経験採用はある?

ホームヘルパーへの転職状況は?

高齢化が進むなか介護の仕事の求人は増えており、景気に左右されにくく安定して働きやすいことから、ホームヘルパーを目指す人は多くいます。

職業安定所でも失業者や転職希望の人にはホームヘルパーを職業訓練としてすすめることが多いようです。

ホームヘルパーへの転職の志望動機で多いものは?

ホームヘルパーはまだまだ人手不足のため、介護職員初任者研修を修了して資格を取得すれば、必ずといっていいほどホームヘルパーの仕事に就くことができ、確実に手に職をつけることができます。

また介護業界では今後も高齢化に伴い利用者が増加することが見込まれることから、介護の仕事は今後もなくなることはない、一生働ける仕事だと転職をする人もいます。

ホームヘルパーの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人からホームヘルパーになるには

介護の仕事がまったく未経験であっても、他職種から転職する人は多くいます。

「介護職員初任者研修」この資格を取得することで、在宅での身体介護を含むすべての業務を担当できるようになり、誰でも研修を受講すれば、介護技術の習得や福祉の仕事をするうえでの基礎知識を習得することができます。

転職を考える人は、まず介護職員初任者研修の取得を目指すとよいでしょう。

ホームヘルパーへの転職に必要な資格・有利な資格

ホームヘルパーに転職する際は、まず介護職員初任者研修を受けるのが一般的です。

研修修了後に試験が行われますが、あくまでも知識や技術の確認のために行われ、落とすための試験ではなくしっかりと学習すれば取得できる資格です。

職場によっては働きながら介護職員初任者研修を受けられるところもあり、介護の仕事がまったくの未経験からでも就職は十分可能です。

ホームヘルパーへの転職に役立つ職務経験は?

家事労働の経験

ホームヘルパーは、主婦にとっても普段の家事労働の経験を生かしながら働くことができます。

訪問介護サービスで提供する「生活援助」では、利用者の食事づくりを行うことが多いため、料理が得意な人が好まれますし、グループホームで勤務する場合も、食事作りは欠かせない業務のひとつです。

たとえ職業経験のブランクがあっても、家事労働の経験を活かして始められるのがホームヘルパーの魅力のひとつといえるでしょう。

高齢者とのかかわりやボランティア

家族を含めた高齢者との関わりや、福祉のボランティア経験も十分仕事で役に立たせることができます。

福祉ボランティアは市町村や各福祉施設などで募集されているため、まったくの未経験から介護業界へ転職するという人は、一度こうした機会を利用して介護の現場を体験することもよいでしょう。

ホームヘルパーへの転職面接で気をつけるべきことは?

面接は転職の際も新卒の採用時と同様、重要なポイントです。

第一印象は特に見られるポイントですので、はきはきとあいさつをしたり清潔感を感じられるよう身だしなみを整えたりすることが大切です。

また、ホームヘルパーは直接人と接する仕事であるため、しっかりとコミュニケーションをとれるかという点も問われます。

人の目を見て話す、聞かれたことにはしっかりと返答するなど、基本的なことではありますが緊張してもしっかりとできるようにしておきましょう。

ホームヘルパーに転職可能な年齢は何歳くらいまで?

介護職員初任者研修は16歳以上であればだれでも受講することができ、ホームヘルパーも年齢を問わず募集しているところが多くなっています。

なかには60代など定年を迎えてからホームヘルパーの仕事を始める人もいるため、体力と情熱さえあれば何歳からでも転職することは可能です。

きらケア正社員には月額28万円以上の待遇の良いホームヘルパーや介護福祉士の案件が多く、自分に合ったホームヘルパーの求人を丁寧に紹介してもらうことができます。

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府でホームヘルパーとして活躍したい人は積極的に利用することをおすすめします。