独学でケアマネジャーになれる?

ケアマネジャーの試験は簡単ではない

近年、ケアマネジャーになるための「介護支援専門員実務研修受講試験」は難易度が上がり気味だといわれています。

合格率を見ても15~20%程度を推移していることから、決して易しい試験ではないと考えておいたほうがよいでしょう。

事前にしっかりと試験対策をし、本番に臨む必要があるといえます。

市販のテキストを利用して勉強できる

ケアマネジャー試験の対策は、資格対策のスクールに通う、通信講座を利用する方法のほか、書店で販売されている市販の参考書や問題集を利用して、完全に独学することも可能です。

資格対策のスクールに通ってみっちりと勉強できればよいかもしれませんが、時間やお金の制約から、どうしても独学でいくしかないという人もいるはずです。

ケアマネジャー試験では、長寿社会開発センターから出されている『介護支援専門員基本テキスト』(全3冊)の内容に基づいて出題されるため、このテキストを購入し、しっかり理解すれば合格できるでしょう。

しかし、テキストは分厚く、さらに専門用語も多く出てくるため、介護の知識がまったくなく、初めてケアマネジャーの勉強をする人にとってはだいぶ難易度が高いと感じられるのではないでしょうか。

通信講座の利用も検討を

先に挙げたテキスト以外に、その内容をコンパクトにまとめた参考書や問題集はいくつも販売されています。

それらを利用しつつ、インターネット上に載っている無料の問題や情報を拾っていけば、独学で効率的に勉強を進めることも可能です。

しかし、それだけでは不安という場合は、手軽な通信講座を利用することをおすすめします。

通信講座では、ひと通り重要なポイントや試験対策の情報がまとめられたテキストを利用することができ、スクールに通うよりは費用も安く抑えられるでしょう。

独学の注意点

ケアマネジャー試験の出題範囲に関連する内容は、しばしば法改正が行われています。

スクールに通っていれば、最新の情報を素早く教えてもらうことができますが、独学の場合は自分で法改正の情報も追わなくてはならないため注意が必要です。