女性の食品メーカー社員

女性も第一線で活躍している

とくに学生の就職先として人気が高い食品メーカーでは、女性社員もたくさん活躍しています。

大手企業であれば、「総合職」「研究・開発職」「一般職」といった各区分で採用活動が行われるケースが多いですが、いずれにおいても当然、性別関係なく応募することができ、女性社員も営業、開発、事務、企画、管理など、多様な職種に就いています。

最近では、食品業界でも女性社員を積極的に採用し、女性の活躍を支援するしくみを整えている企業も増えており、男性と同じくらいの割合で女性が活躍している職場も見られるようになっています。

転勤がある企業も

大手食品メーカーの多くは、国内の全国各地に拠点を開設しています。

したがって、総合職で採用された場合には、ジョブローテーションの関係で転勤をともなう異動が発生する可能性があります。

また、もし研究・開発系の仕事に就いた場合は基本的に自社の工場や研究所勤務となりますが、それらは都市部から離れたエリアに置かれていることも多く、その土地に合わせた生活をしていく必要があるでしょう。

もし「転勤はしたくない」「特定の地域で働きたい」ということであれば、一般職に応募するほうがよいかもしれません。

一般職の場合も、ジョブローテーションにより配属部門が変わることはありますが、総合職ほど大規模な異動はなく、また原則として転勤がなく特定の地域で働くことになります。

すべての企業がこのような形をとっているとは限りませんが、家庭の事情などで転勤が難しいという女性であっても、食品メーカーで働けるチャンスはあるといえます。

フルタイム以外の働き方もできる

さらに、フルタイム以外の働き方を選択することも可能です。

食品メーカーのなかには、正社員以外に契約社員、派遣社員、あるいはパートといった雇用形態のスタッフを雇っているところもあります。

これらの雇用形態であれば、正社員よりも時間の融通がつけやすく、より私生活と仕事を両立させやすいといえます。

たとえば、結婚・出産前までフルタイムで働いていた人が、一度現場を離れ、再びパートなどの形で再就職することもあるようです。

もし、勤務先の福利厚生が充実している場合には、出産後も正社員のまま育児休業や時短勤務制度などを利用して働き続けることもできますが、たとえそれが難しい場合でも、食品メーカーで働く方法は見つかるはずです。