社会福祉士の仕事内容

福祉サービス利用者の相談役として活躍

社会福祉士は、病気や障害、生活状況などさまざまな理由によって、日常の生活を送ることが困難になった人の相談を受け、安定した生活ができるようにサポートする仕事です。

社会福祉士が受ける相談内容は、「高齢者介護」「障害者支援」「生活保護」「児童福祉」など福祉分野すべてが対象です。

「介護保険制度」
「障害者自立支援給付などの補助金制度」
「福祉施設の入居」
「介護士の派遣」
など、相談内容は多岐に渡ります。

社会福祉士は、さまざまな問題を抱える相談者の悩みを聞き、その人に適した公的支援や地域のサービスを結び付け、解決法を提案していきます。

社会福祉制度に対し豊富な知識を有する社会福祉士は、福祉分野のエキスパートともいえる存在です。

福祉全般の知識が必要になり、介護の基礎知識や介助の仕方だけでなく、一般的な医学や心理学など、勉強することも数多くあります。

相談業務は資格がなくてもできる

社会福祉士は日本初の福祉分野の国家資格で、国家試験に合格した人のみが「社会福祉士」と名乗ることができます。

一方で、「社会福祉士」の資格を習得しなければできないという業務があるわけではありません。相談業務をするにあたり、必ずしも資格は必要ではないのです。

相談業務として働く人は、働く場によってその呼び方が異なります。

病院なら「医療ソーシャルワーカー」、老人福祉施設なら「生活相談員」、児童相談所なら「児童福祉司」といったぐあいとなっていますが、これらの業務に就いている人のすべてが社会福祉士の資格を持っているわけではありません。

社会福祉士の具体的な仕事は?

社会福祉士の業務は、どの職場で働くかによって大きく違いますが、今回は、社会福祉士が多く活躍している「生活相談員」を例にとり、詳しい仕事内容を紹介しましょう。

生活相談員は、「養護老人ホーム」「肢体不自由者更生施設」「知的障がい者授産施設」などで勤務し、主に相談業務をおこなう職種です。

現在、全国に約10万人の生活相談員が活躍しており、施設内のリーダー的存在として多くの社会福祉士が活躍しています。

「生活相談員」のおもな仕事内容

1.施設で暮らす利用者(その家族)に対して、生活上の相談を受ける
2.利用者が自立した生活を送るための援助計画をたてる
3.援助計画に沿った施設生活を実行し、定期的な評価、見直しをおこなう
4.利用者が関わる行政をはじめとした関係機関と連絡を取り合い、必要な公的手続きの代行や、公的な支援を利用者(家族)に情報提供する

社会福祉士の相談業務の流れ

施設で働く社会福祉士の相談業務は、どんな形で施設を利用したいか、週に何回程度の利用にするか、施設に対して行ってほしいことはあるかなど、具体的な要望を聞きとることからはじまります。

利用者の方はもちろんですが、利用者の家族ともお話しする機会が多いです。

家庭での生活の仕方や日常生活の中で困難なこと、どのくらいの支援が必要か、利用者の性格など、家族にしかわからないことも多いので、詳しく話を聞いていきます。

利用者と家族の方が必要としているニーズに対して理解し、どのようなサービスの提供ができるかを一緒に考えていきます。

相談の時間は大体1時間〜長くても2時間位です。何回か、相談を受けることにより、少しずつ相手が心を開いてくれて、信頼関係が構築されていきます。

家族側の思いと、施設利用の希望者との間で意見が食い違ったり、思っていることが違ったりするときは、同じ方向性で理解していけるようにアドバイスしていくこともあります。

基本的には、相談に応じることが多いですが、ときにはカウンセリングのように、相手の立場に立って聞くことに徹する場合もあります。

人とのつながりが大切

社会福祉士は、単に相談を受動的に受けるだけで完結する仕事ではありません。利用者との信頼関係を築くためにも、日常の業務以外に利用者と触れ合い、相手を知る機会も必要です。

家庭訪問を行ったり、生活介助に積極的に携わるなどして、相談者の日常に深く接し、その人にとってどのような支援が必要なのかを見極めることが求められます。

単に「相談者」と「援助者」という関係に終わらず、長い時間をかけ信頼関係を築いていくことが大切です。

関連する福祉施設や行政の方とも上手くコミュニケーションを取ることも欠かせません。

各方面と良好な関係性を築き、相談者が自立に向け前進していく姿に立ち会うことのできたときは、何にも代えがたいやりがいを感じられる仕事といえるでしょう。

仕事体験談