社会福祉士への転職

サラリーマンからの転身

景気が回復してきたとはいえ、依然として苦しい経済状況の一般企業。会社員として働く人のなかには、社会福祉士をはじめとする「国家資格」の取得を目指す人も少なくありません。

社会福祉業界はいつの時代も人材不足が大きな課題となっています。

社会福祉士についても例外ではなく、むしろ、昨今の高齢化社会や障がい者の社会復帰政策、DV被害の増加などによって相談者が急増し、現場は案件が山積みの状況です。

そんな社会福祉士への転職は、他分野から新たに福祉業界に足を踏み入れるといったケースも多いのです。

社会福祉士の職場は地方自治体や病院、社会福祉法人など、一般企業に比べ安定性が高く、残業手当、特殊勤務手当等、給与体系もしっかりとしているため、安定志向のある人にとっては選択肢の一つとなるでしょう。

また、社会人経験のある社会福祉士は、さまざまな経験を有する点から採用面で優遇されるケースも多く、新卒の社会福祉士よりも就職活動で有利ともいわれています。

そういった事情によって、社会人から社会福祉士を目指す人が増えています。

介護業界からステップアップ

介護福祉士やケアマネージャーがステップアップのために社会福祉士を取得するケースも多くみられます。

とくにケアマネージャーは社会福祉士同様、相談支援業務を主としており、ケアマネージャーとしての経験がそのまま社会福祉士の受験条件の実務経験にカウントされます。

ケアマネージャーが社会福祉士を目指す道は福祉業界ではごくスタンダードな道筋ともいわれ、社会福祉士を目指す前段階として介護支援専門員資格(ケアマネージャー)を取得する人もいるほどです。

さらに、社会福祉法人のなかには、将来の幹部候補として、積極的に社会福祉士の取得を勧めるところもあります。

そういった職場では、働きながらの資格取得に理解があり、法人全体で資格取得をバックアップする体制が整えられています。

もし、介護現場に勤めながら社会福祉士を取得しようと考えている場合には、上司に相談してみるのもいいでしょう。きっと、資格取得に向けて前向きなアドバイスをもらえるはずです。

社会福祉士の転職の落とし穴

社会福祉士の活躍の場は幅広い反面、社会福祉士として採用されても、

「実際には介護職員と変わらない仕事内容だった」
「事務職員とあまり変わらない業務しかできない」

などのケースがあるのも事実です。

採用試験を受ける前にはできる限り職場訪問をおこない、実際の仕事内容を自分の目で確かめることをおすすめします。

公務員を目指すならば、年齢条件に留意する必要があります。公務員の場合、社会人の転職であれば社会人採用の一般職枠での受験となり、自治体によって受験可能な年齢に差があります。

また、安定した職場での社会福祉士の求人はけっして多くはないことも覚えておきましょう。自分が住む地域でどのような求人があるのかチェックしておくと安心です。

転職して社会福祉士として活躍するためには、就職活動時にまずしっかりと採用試験の要項や、仕事内容の確認を行うことが重要といえるでしょう。

仕事体験談