子育てをしながら看護師を続けられる?

仕事は続けられない?

看護師の仕事に限らず、結婚、出産を機にそれまでしていた仕事から離れてしまう女性は多いものです。(看護師は女性だけの仕事ではなく、男性看護師もいますが、90%以上は女性が占める職種ですので、この章ではあえて、女性看護師に向けてお話をさせていただきます。)

結婚、特に子供ができると、看護師を続けることは困難なのでしょうか?もし続けられたとしても、多くの犠牲を払わなければいけないのでしょうか?

答えは「NO」です。

知識と経験のある看護師が、子育てを理由に働けなくなることは、せっかく資格を取った看護師個人にとっても、病院にとっても、そして治療を受ける患者さんにとっても大きな損失です。

もちろん、子供が小さいうちは、できるだけ近くにいて、一緒に過ごす時間を持ちたいという考え方もあると思いますし、それは母子にとって大切なことです。しかし、もしも「看護師の仕事を続けたい!」と願うならば、方法はないわけではありません。

では、子育てをしながら看護師の仕事をするには、具体的にどのような方法があるのでしょうか。

託児所に預ける

母親が子育てをしながら働くための、社会的なサポートとして代表的なものは「託児所」の利用です。

現代社会は、看護師に限らず、小さい子供を育てながら働く女性がたくさんいます。そして、社会もそれに合わせて0歳児から預かってくれる託児所があります。しかしながら、子供を預けたいと思う親(需要)に、託児所の数(供給)が追いつかず、働きたくても預け先が見つからないこともあります。

また、たとえ預け先が見つかったとしても、我が子を預けることに、不安とさみしさを感じることも多いはず。そんな時に心強いのが、病院内に託児所を持つ勤務先です。

病院は、女性スタッフの多い職場ですから、スタッフの確保は重要課題。院内にスタッフ専用の託児所を設けることで、小さな子供がいる看護師が安心して働ける環境を提供しています。

院内託児所の最大のメリットは、看護師と子供が近くにいることです。これなら、子供と一緒に出勤し、帰ることができますし、何かあった時には、すぐに駆けつけられます。

ところで、もしも子供が病気になってしまったら、どうしましょう。一般の託児所は、病気の子供を預かってくれません。院内託児所に関しても、いくら病院内にあるからと言っても、他の子供への感染予防を考えると、病気の子供を預かるわけにはいきません。

そんな時、「病児保育」をしている病院があるととても便利です。病児保育とは、小児科病院が、理由があり自宅で面倒をみることができない病気の子供を預かってくれるサービスです。

つまり、家族が仕事の間は、病院で病気の子供を預かってくれるのです。病時保育のある病院なら、小児科看護の知識のある人が、子供をみてくれるので、とても安心です。

夜勤のない仕事を選ぶ

看護師の仕事が続けられない大きな理由のひとつは「夜勤をしなくてはいけない」と言うことです。昼間は、託児所に預けたりしてなんとか働ける環境を作れても、夜中となると事情が違います。

また、たとえ他の家族がいたとしても、夜間に子供を置いて仕事に行くことがためらわれることもあります。その他、子供との生活リズムのズレなど、夜勤ができない理由は様々です。

それなら、「夜勤のない看護師業務」を選べばよいのです。「夜勤」は看護師の仕事の大切な役割のひとつですが、全ての職場に夜勤があるわけではありません。むしろ、人数的に考えると、昼間働く看護師の方が多いのです。

では、「夜勤のない看護師業務」とは何か?それは、入院施設を持たない病院で働くとか、大病院であっても外来で働くということです。また、24時間看護を必要とする病棟であっても、パートタイマーとして働く場合は夜勤はありません。

家族の協力を得る

子育てをしながら仕事を続けていく上で、「家族の協力」ほど、ありがたく心強いものはありません。家族、特に自分自身や配偶者(夫)の両親の協力が得られれば、託児所に預けるよりも、よりフレキシブルに仕事をすることができます。

とは言え、一番わがままを聞いてもらえる家族には、一番迷惑をかけたくないという気持ちもあります。子供を巡ってのトラブルも家族だからこそ起こることもあります。

しかし、核家族化が進む現代社会において、家族の協力を得ながら仕事ができることは、とても恵まれていることだと思いますし、経済的な面でもプラスになることでしょう。

仕事体験談