不動産鑑定士の勤務先、活躍の場

不動産鑑定士の勤務先

不動産鑑定士の勤務先ですが、大きくは「不動産系」と「金融系」に分けることができます。

不動産系

「不動産系」ですと、不動産鑑定事務所や不動産会社(不動産を販売や管理する会社)が多いです。

「不動産鑑定事務所」はその名の通り、不動産鑑定評価業務を専門でやる事務所です。不動産鑑定士が働く場として選ぶのは、この不動産鑑定士事務所が最も多いです。ただし、勤務する場合もあれば、独立開業する場合もあります。

「不動産会社」については、その会社の鑑定部門で勤務する形が一般的です。ただし、鑑定部門を有する不動産会社は大手しかないのが現状です。

金融系

「金融系」の方は、銀行等と資産運用会社に分けることができます。

銀行等では、個人や企業にお金を貸す際に、その不動産の担保を評価する部門に勤務することが一般的ですが、最近では信託関係の銀行に勤務する不動産鑑定士も増えています。信託については、「不動産鑑定士の活躍の場」にて詳述します。

資産運用会社への勤務もありますが、不動産鑑定士がそこに勤める場合の仕事内容は、実際の資産運用ではなく、投資対象となる不動産の判断材料を作成することになります。

近年では上記に加えて、「会計系」や「コンサルティング系」も増えてきています。「会計系」は会計事務所が一般的ですし、コンサルティング系は富裕層向けのワンストップサービスを行う会社が一般的です。

不動産鑑定士の活躍の場

不動産鑑定士の活躍の場として伝統的なものは、当たり前ですが鑑定評価業務です。そしてこの鑑定評価業務は、国や都道府県・市区町村・裁判所等から依頼される公的な評価もあれば、民間会社からの担保評価や売買価格の目安とするための民間評価もあります。

これを行うのは、不動産鑑定士事務所が最も多いのですが、不動産会社の鑑定部門で行っているところもあります。

このような伝統的な仕事のほかに、不動産鑑定士の活躍の場は、近年、ますます広がりを見せています。

それは、資産運用を行うためにその不動産が投資に向いているか判断する材料を作る仕事(デューデリジェンス)や信託業務、さらには、IFRS(国際財務報告基準)関連の企業会計やコンサルティング業務まで、その活躍の場はとどまる所を知りません。

デューデリジェンス

デューデリジェンスは、それによって投資家が投資するかどうかを決定する、重要な判断材料となるもので、場合によっては数十億円にも及ぶものを扱うのですから、やりがいも相当あります。

これを行うのは一般には資産運用会社等が多いのですが、不動産鑑定事務所でもそれらの会社から受注して行っているところもあります。

信託業務

信託業務とは、不動産の所有はオーナーに残したまま、その不動産を貸したり建物を改装したりといった運営を銀行等に行わせて、オーナーはその不動産の運営から得たお金の一部をもらうという業務のことをいいます。

この信託を受ける(「受託」といいます。)のは主に「信託銀行」と名のつく銀行です。これを行うにはかなりの専門知識を必要としますので、不動産鑑定士のような高い不動産スキルをもった人間が求められます。

IFRS

IFRS(国際財務報告基準)とは、世界110カ国以上で採用されている会計基準で、国際的に活躍する企業が避けては通れない基準です。このIFRSでは、不動産の公正な時価評価が求められており、その評価を行うのが不動産鑑定士ということになります。

そのため、近年では会計事務所やそれらとの合同事務所でも、不動産鑑定士の募集が出たりもしていますが、一般的には、不動産鑑定事務所が企業なり会計事務所なりから受注して行うことが多いです。

コンサルティング

コンサルティングを行う場面では、弁護士や司法書士・税理士等と組んで富裕層向けの資産運用コンサルティングを行ったり、企業が持つ不動産を有効に活用して企業価値の向上を図るCRE戦略のアドバイスを行うといったことがあります。

こういったサービスを行う場合、専門で行う会社に勤務することが多いのですが、弁護士や司法書士・税理士等と個々に組んでサービスを提供する場合もあります。