証券会社の志望動機・面接

証券業界への情熱をアピール

証券会社の就職試験では、志望動機を聞かれることがあります。

この業界は、同業他社はもちろんのこと社員同士での競争が厳しく、仕事が激務となることもあり、せっかく就職できても数年で離職する人が少なくないという現状があります。

就職試験では、本気でこの業界でやっていく覚悟があるのかを厳しくチェックされるので、証券業界への情熱をしっかりアピールできるようにしましょう。

希望する仕事を明確に

それでは、具体的にはどのような志望動機が考えられるのでしょうか。

まず、自分が経済や金融に興味をもつきっかけとなった出来事があれば、そのエピソードを語るのもよいでしょう。

「親や祖父母が長年資産運用をしている姿を身近で見ながら育ってきたので、ずっと株の売買に興味をもっていた」とか「学生時代に投資信託を始めてから金融の勉強が面白くてたまらなくなった」というようなきっかけがあれば、素直にそのことを話せばよいのです。

また、その企業が特に力を入れている分野を事前にしっかりリサーチし、自分の希望する仕事を明確に話せるようにしましょう。

たとえば、「対面販売で個人顧客への対応に力を入れている御社で、顧客満足度を本当に高めることができるようなセールスの実現に努めたい」「ネット証券という新たなスタイルを開拓してきた御社で、オンライントレードの選択肢をさらに広げるべくサービスの拡充に携わりたい」などという志望動機です。

厳しい面接にも冷静に対応

証券会社で働く人は、精神的にタフであることが重要です。

大金を動かす仕事に携わるプレッシャーは常につきまといますし、営業の際には顧客から何度も何度も断られるのが当たり前の世界です。

成果が出せなければ、上司や先輩から厳しい指導を受けることもあります。

ですから、他人から少し厳しい態度をとられたり強い口調で質問されたりするだけで動揺したりプライドが傷ついて落ち込んだりするようなタイプの人は、この仕事に向いているとはいえません。

面接では応募者の適性を見極めるために、あえて厳しい態度で面接を行うこともあります。

しっかり落ち着いて対応し、どんな質問にも冷静に答えられることが大切です。