食品メーカー社員の勤務・労働時間・休日・残業

勤務・労働時間

食品メーカーの一般的な勤務時間は、本社勤務の場合、朝から夕方頃までとなっています。

だいたい9:00~18:00前後で設定されている企業が多く、正社員であれば1日の実働は7時間30分から8時間程度です。

ただし、製造工場の場合、本社よりも始業時間が少し早めになっていることもあります。

また、工場でライン作業などに携わる場合には夜勤が入ることもあります。その場合、シフト制勤務となり、日勤の日もあれば夜勤の日もあるという形になることが多いようです。

大手食品メーカーでは、基本的に勤務時間などがきちんと管理されており、無理な働き方になることはほとんどないようです。

しかし、企業によってはかなりの長時間労働を強いられるといったこともあるようです。就職前に、実態をよく確認しておいたほうがよいでしょう。

休日

食品メーカーの休日は、基本的に土・日曜日が休みの「週休2日制」となっています。

しかし、勤務先の企業や職種によっては月に1回から2回程度は土曜出勤が求められることもあります。

そのほか、祝日や夏季休暇、年末年始休暇などがあり、お盆や年末年始などは連休になることが多いですが、消費者からの窓口対応をする場合、社員が交代で出勤することもあります。

育児休業、介護休業、リフレッシュ休暇などの各種休暇制度については、企業によって内容が異なります。

残業

食品メーカーにおける残業の実態は、他の業界の企業と同様、各社でだいぶ異なるようです。

残業はほとんどなく定時帰宅が基本という職場もあれば、1日に2~3時間程度は残業が発生しているという職場もあります。

また、なかには月に100時間を超える長時間残業をしている人もいるようです。

製造工程におけるトラブル発生やクレーム対応などが起きた際には、遅くまで残って仕事をしなくてはならないこともあるでしょう。

しかし、社内全体で常に残業が多くなっている場合には、人員不足など、そもそも無理な体制で業務を進めている可能性があります。よく気を付けておいたほうがよいでしょう。