旅行代理店社員に必要な資格、スキル

「旅行」を通じて、人々に楽しみや夢を提供する、旅行代理店での仕事。

そこで働くには、いったいどのような資格やスキルが求められるのでしょうか。

資格

旅行代理店に就職する際に、絶対に必要とされる資格があるわけではありません。

しかし、旅行代理店で業務に就くうえで「旅行業務取扱管理者」を取得すると、かなり有利になることがあります。この資格は、各旅行代理店の営業所において必ず一人は持っている必要があるため、取得しておくと就職や転職時にも役立ちます。

また、旅行代理店といっても営業、企画、カウンターセールスなど多様な職種に就いている人がおり、なかでも企画旅行の「添乗(ツアーコンダクター)」業務に就きたい場合は「旅程管理主任者」の資格が必要とされます。

店舗に来店されたお客さまを迎える、いわゆるカウンターセールスの仕事であれば、とくに資格が必要とされないケースも多いです。しかし、上記のような資格を取得すれば手当が付いたり、業務の幅が広がったりすることもあるため、余裕が出てきたら挑戦するのもよいでしょう。

語学力

旅行業界で働くうえで一番の強みとなるのは、やはり英語力です。英語力はあればあるに越したことはありません。日常会話、ビジネス会話ができる人であれば、だいぶプラスに評価されるようです。

グローバル事業に力を入れる大手旅行代理店では、採用枠のひとつとして、「TOEIC750点以上」といったスコアを求めるところもあるようです。

なお、最近は中国人観光客も増加していることから、中国語ができる人を求める企業も増えているようです。

おもてなしの心と相手のニーズを捉える力

旅行代理店での仕事は接客業になります。そこでは、お客さまのことを思いやり、満足いただくためのホスピタリティ精神が必要とされるほか、お客さまが何を求めているのかしっかりとくみ取る力が欠かせません。

その原点となるのが「人のために何かをしたい」という気持ちです。最初はそこまでコミュニケーション能力に自信がないという人でも、お客さまのことをよく考えて行動するうちに、次第に身についていくものです。

できれば学生時代から旅行業界でのアルバイトを経験しておくと、この業界で必要とされるホスピタリティとは何かを理解しやすいでしょう。