旅行の楽しみを広げる仕事(10選)

(読了時間:7分18秒)

たくさんの人をワクワクさせてくれる旅行。

見たこともない景色に遭遇したり、その土地でしか味わえないおいしい料理を食べたりなど、新しい驚きや感動にもたくさん出会うことができます。

今回は、そんな旅行がもっと楽しくなるお手伝いをする仕事や、旅行に深く関わりながらお客さまの旅の楽しみを広げることができる仕事を紹介します。

旅行の企画・販売に携わる仕事

世の中にはさまざまな方法で旅行を楽しむ人がいますが、パッケージツアーといわれる旅行商品を企画したり、お客さまに販売したりするのが「旅行代理店社員」です。

旅行代理店社員は、おもに店舗で来店されたお客さまへ宿泊や交通が一体化したツアープランを提案したり、そのほかにも交通機関の予約や手配、販売、旅行傷害保険加入の手続き、旅行情報の提供など、幅広い業務に携わります。

上記のような仕事のほか、本社の企画部門や営業部門などで働く人もいます。

続いて「ツアープランナー」は、海外や国内の旅行プランを企画する仕事です。

お客さまが求めるツアーについてリサーチし、ツアーのルートやイベント、滞在時間などの詳細を決めて、交通・宿泊などの手配まで行います。

個々のお客さまの希望に合わせて、個別の旅行プランを組むこともあります。

旅行代理店社員

旅行代理店社員とは、旅行業者が企画した旅行商品(パッケージツアーなど)を仲介して販売したり、自社で企画・手配をする会社に勤める人のことをいいます。

店舗に在籍して来店されたお客さまに対して商品を提案したり、交通機関の予約や手配、旅行傷害保険加入の手続き、旅行情報の提供などまで幅広く手掛け、お客さまが安心して楽しい旅行ができるようにサポートします。

店舗で働く人は「カウンターセールス」と呼ばれる職種に就くのが一般的ですが、それ以外に「企画・マーケティング」「営業」「添乗」といった職種で働く人もいます。

ツアープランナー

ツアープランナーは、海外あるいは国内の旅行プランを企画する仕事です。

おもに旅行会社や旅行代理店に勤務し、世間で流行のツアーやお客さまが求めるツアーをマーケティング・リサーチしたうえで、ツアーのルートやイベント、滞在時間などの詳細を決めていきます。

さらに交通機関や宿泊施設などの手配も行い、最終的なスケジュールと予算を組んで商品として売り出します。

個々のお客さまの希望に合わせた旅行プランを個別で組んでいくこともあります。

旅行や各地域に関する幅広い知識や、多くの人に喜んでもらえる旅を作り上げる力が求められる仕事です。

旅先での観光案内やガイドをする仕事

見知らぬ土地で旅行を楽しむには、さまざまな観光情報やガイド役の存在が欠かせません。

ツアーコンダクター」は旅行添乗員ともいわれ、パック旅行や団体旅行に同行し、お客さまの案内や各種手続きをする仕事です。

ツアー前は現地の下調べなど事前準備を行い、ツアー同行中は常にお客さまの様子に気を配って、次の目的地への準備や、お客さまからの要望への応対など忙しく動き回ります。

海外ツアーガイド」は、基本的に海外に駐在し、日本から海外へ旅行するお客さまのガイド役となる仕事です。

現地の観光案内や送迎、空港での手続きなどにも携わり、慣れない土地を旅するお客さまの心強いサポート役となります。

一方、日本を訪れる外国人の観光客に対して日本の魅力を伝え、滞在中の生活をサポートするのが「全国通訳案内士」という仕事です。

全国通訳案内士は国家資格名でもあり、高い語学力や日本の歴史・文化などの知識を持っている人が、この仕事に就くことができます。

続いて、観光バス・貸切バスに乗務し、ツアーに参加されるお客さまに観光地の情報提供や案内をするのが「バスガイド」です。

バス運転手と協力して、バスの安全な運行をサポートすることも大事な役割のひとつです。

最後に「アウトドアインストラクター」は、キャンプやスキーをはじめ、登山、スカイダイビング、パラグライダーなど、各種アウトドアスポーツやレジャーの安全な楽しみ方をレクチャーする仕事です。

アウトドアスポーツを安全に楽しんでもらえるよう、道具の扱い方や、基本的な知識・技術を指導します。

ツアーコンダクター

ツアーコンダクターは、旅行添乗員ともいわれ、パック旅行や団体旅行に同行して各種手続きを行ったり、案内をしたりする仕事です。

ツアーで訪れる場所の下調べなど事前準備からスタートし、ツアー中には観光スポットの案内やチケット手配、トラブル時の対応など、さまざまなサポートを行います。

旅行先では予期せぬ出来事に見舞われることもあるため、常に気を配り、お客さまが安心して旅行を楽しめるように手助けします。

多くのツアーコンダクターは旅行会社に勤務しています。

海外ツアーガイド

海外ツアーガイドは、海外に駐在し、日本から海外へ旅行するお客さまのガイド役となる仕事です。

ツアーコンダクター(添乗員)がつかない海外ツアーの場合には、観光案内に加えて、空港とホテルの送迎や、ホテルのチェックイン、空港での手続きサポートなども行います。

海外でツアーガイドとして働くためには、基本的には現地の国の労働ビザが必要となります。

お客さまを楽しませたいという気持ちと、その国の言語や文化、生活習慣などに関する知識も必要な仕事です。

全国通訳案内士

全国通訳案内士は、日本を訪れる外国人観光客を各地の観光地へ案内しながら、日本の文化や伝統を外国語で伝える仕事です。

英語を中心とした外国語のスキルと、日本の文化・歴史などに関する幅広い知識が必要です。

ときにはツアーコンダクターのように、旅行スケジュールの管理やホテルの予約、滞在中のトラブルの対応などの業務を担当することもあり、日本に不慣れな外国人観光客にとっては心強いサポート役となります。

バスガイド

バスガイドは、観光バスや貸切バスに乗車し、ツアーに参加するお客さまにガイドをする仕事です。

車窓から見える景色を案内したり、観光地の情報を提供したり、ご当地ソングを歌ったりしながらお客さまを楽しませます。

また、車内サービスや下車誘導、お客さまの体調管理、ツアー時間の調整・管理などにも携わり、運転手と協力しながらツアーを盛り上げ、バスの安全な運行をサポートすることも大事な仕事の一部です。

アウトドアインストラクター

アウトドアインストラクターは、アウトドアスポーツやレジャーの安全な楽しみ方をレクチャーする仕事です。

アウトドアインストラクターが扱うスポーツやレジャーの種類は、キャンプやグランピング、登山、スカイダイビング、パラグライダー、スキーやスノーボードなど多岐にわたります。

林間学校や自然教室を主宰している団体や会社、登山・アウトドア用品専門店などで働く人がいます。

お客さまが安心・安全に自然の中での遊びを楽しめるよう、必要な道具の使い方や、アウトドアスポーツやレジャーそのものの基礎的な知識・技術を指導します。

移動中や宿泊時のサービス、サポートをする仕事

旅行をする際には不可欠といえるのが、飛行機などの乗り物と、ホテルなどの宿泊施設です。

そのような場で働き、お客さまにサービスやサポートをする仕事を紹介します。

客室乗務員」は、飛行機に搭乗し、保安管理と乗客への機内サービスを行う仕事です。

具体的な仕事内容は、機内食や新聞・雑誌、毛布の配布と回収、免税品の販売などを行う「機内サービス」と、急病人への救急処置、天候の悪化時の機内の安全確保などを行う「保安管理」の2種類に分けることができ、お客さまが安心・安全なフライトを楽しめるようにサポートします。

また、同じく航空業界で働くのが「グランドスタッフ」です。

グランドスタッフは空港に勤務し、お客さまの搭乗手続きから搭乗の案内まで、空港でのさまざまな接客業務を担当します。

多くのお客さまが利用する空港で飛行機を遅らせることなく、お客さまを確実に飛行機に案内することがグランドスタッフの大事な役割です。

続いて、滞在先の拠点となるホテルで勤務するのが「ホテルスタッフ」です。

大きなホテルは宿泊・料飲・宴会といったいくつもの部門から成り立っており、フロントやコンシェルジュ、ハウスキーピング、ドアマン、ベルパーソンなど、さまざまな職種に就く人たちが協力してホテルを円滑に運営していきます。

客室乗務員

客室乗務員(CA)は、飛行機に搭乗して、お客さまの搭乗から到着までの機内サービスや保安管理に携わる仕事です。

機内での食事や飲み物の提供、免税品の販売、また急病人の応急処置やトラブル時の乗客誘導などを担当し、お客さまが快適で安心・安全な空の旅ができるように活躍します。

いつも笑顔の客室乗務員は航空業界の花形的な存在といえ、華やかに見られることの多い職業ですが、長時間の立ちっぱなしで体力勝負の一面があったり、とくに国際線を担当する場合には不規則勤務になることも多いです。

グランドスタッフ

グランドスタッフとは、一般的に「空港での接客業務」を担当する人のことを意味しています。

おもな仕事内容は「搭乗手続き」と「搭乗案内」の2種類に分けられ、チェックインカウンターで航空券の発券や荷物の受け取り・座席の指定・乗り継ぎや搭乗案内などの業務や、予約電話やトラブル時の対応なども行います。

空港を利用する数多くのお客さまに上質なサービスを提供すると同時に、決して飛行機を遅らせることなく、安全に出発させるために力を尽くします。

ホテルスタッフ

ホテルスタッフとは、ホテルに勤務する人全般のことを意味しています。

ひとくちにホテルといっても、ビジネスホテルからラグジュアリーホテルまで多くの種類があり、全国展開しているホテル、一店舗しかないホテルなどさまざまです。

大きなホテルは宿泊・料飲・宴会といったいくつもの部門から成り立っており、フロントやコンシェルジュ、ハウスキーピング、ドアマン、ベルパーソンなど、さまざまな職種に就く人たちが協力してホテルを円滑に運営していきます。

ホテルは宿泊だけでなく、食事や会議、結婚式などいろいろな目的で利用され、多くの人と接するため、高い接遇能力やマナーが求められます。

いかがでしたでしょうか。

これまで旅行は楽しむ側だったという人も、その裏ではたくさんの人の活躍があるのだということがおわかりいただけたかと思います。

お客さまと直に接することの多いこれらの仕事は大変な面もありますが、その分、お客さまの笑顔に触れられる機会も多いため、きっと大きなやりがいを感じることができるでしょう。