旅行代理店社員の仕事内容・企業の種類

旅行代理店社員の仕事とは

旅行代理店とは、パッケージツアーや団体旅行などの旅行商品を企画・手配したり、旅行業者が企画したツアーを仲介して販売したりする会社のことです。

一般的には「旅行会社」とも呼ばれます。

旅行代理店が扱う旅行商品にはさまざまなものがあるため、社員の業務内容も多岐にわたります。

たとえば、宿泊と交通がセットになったパッケージツアーの企画・手配から、新幹線などの交通機関の予約、宿泊施設の手配、他社が企画した旅行商品の代理販売、旅行保険への加入手続き、現地情報の提供などまで、旅行目的が観光かビジネスかにかかわらず、お客さまに快適な旅を提供します。

旅行代理店の職種としては、個人のお客さまへ商品を販売する「カウンターセールス」や、団体旅行や修学旅行を担当する「アウトセールス(法人営業)」、旅行商品を企画する「企画・マーケティング」、ツアーへ添乗する「ツアーコンダクター」などがあります。

旅行代理店の種類・分類

旅行代理店の種類は、以下のように分類することができます。

法律による分類

旅行業法上では、旅行業の会社は登録の種類に応じて以下の4区分に分けられ、それぞれ業務範囲が決められています。

第1種旅行業

観光庁管轄。
海外・国内ツアーの企画・実施、海外・国内旅行の手配、他社のツアーの代理販売が可能。
基準資産額3,000万円以上。

第2種旅行業

各都道府県管轄。
国内ツアーの企画・実施、海外・国内旅行の手配、他社のツアーの代理販売が可能。
基準資産額700万円以上。

第3種旅行業

各都道府県管轄。
営業所の所在地と隣接する市町村に限定したツアーの企画・実施、海外・国内旅行の手配、他社のツアーの代理販売などが可能。
基準資産額300万円以上。

地域限定旅行業

各都道府県管轄。
営業所の所在地と隣接する市町村に限定したツアーの企画・実施・手配、他社のツアーの代理販売が可能。
基準資産額100万円以上。

この4種類のほか、「旅行業者代理業」というものがあります。

こちらは上記のいずれかの旅行会社と委託契約を結び、その旅行会社の旅行商品を代理して販売する会社のことをいいます。

資本系列による分類

母体となっている親会社によって、それぞれの旅行会社が強みとする分野がわかります。

鉄道系

「JR東海ツアーズ」「日本旅行」「近畿日本ツーリスト」など

航空会社系

「ANAセールス」「ジャルパック」など

バス会社系

「はとバス」「福島交通観光」「南国交通トラベルサービス」など

船舶系

「商船三井客船」「郵船トラベル」「郵船クルーズ」など

新聞社系

「読売旅行」「毎日企画サービス」など

百貨店系

「三越伊勢丹ニッコウトラベル」など

農協生協系

「農協観光」など

インハウス エージェント系

「NTTトラベルサービス」「トッパントラベルサービス」など

ツアーオペレータ系

「ミキ・ツーリスト」「アロハセブン」など

ネット企業系

「楽天(楽天トラベル)」「リクルート(じゃらん)」など

営業形態による分類

旅行会社は、営業形態によってもさまざまな種類に分けられます。

総合旅行会社

総合旅行会社とは、日本全国・世界各地を対象に多彩なパッケージツアーを揃え、旅行に関する業務のすべてを自社で取り扱う企業のことです。

専門旅行会社

専門旅行会社とは、「沖縄離島専門」や「ダイビングツアー専門」のように、特定の国やエリア、アクティビティを専門に扱っている旅行会社です。

店舗を持つ会社

リアルな店舗を通じて旅行商品を販売する従来型の旅行会社は、Traditional Travel Agency(TTA、伝統的旅行会社)と呼ばれます。

オンラインで営業する会社

インターネットのオンラインのみで営業する旅行会社は、Online Travel Agency(OTA)と呼ばれ、近年売上を伸ばしています。

ただし最近では店舗型の旅行会社でも自社サイトを充実させ、ネットでの販売に注力する動きが活発化しているため、店舗型とオンライン専業型の差は小さくなってきています。

その他

そのほかの業態として、雑誌メディアや新聞広告を活用してダイレクトマーケティングを行うメディア販売系の旅行会社もあります。

また、パッケージツアーを企画し、卸売りをする会社やその組織を「ホールセラー」、ホールセラーから受託されたパッケージツアーを販売する会社を「リテーラー」と呼びます。

旅行代理店社員の業務内容

営業・販売業務

営業・販売業務では、乗車券や航空券などの切符類や、ホテル・旅館などの宿泊券などを販売します。

またこれらの商品を組み合わせた企画旅行商品、手配旅行などの販売も行います。

販売方法としては以下の3つが挙げられます。

  • 店舗に来店したお客さまに対して接客・提案して販売する
  • 新聞・雑誌・テレビ・ホームページなどで宣伝し、電話などで受付して販売する
  • 学校や企業を訪問し、修学旅行や社内旅行などの団体旅行を提案して販売する

添乗業務

添乗業務とは、パッケージツアーまたは団体旅行に同行し、旅行計画に従ってツアーが安全かつ円滑に運行されるように旅程を管理する仕事です。

チケットなどの手配と管理、交通機関や各種施設との調整、ケガや病気・トラブルへの対応など、旅行者のお世話を行います。

企画業務

観光地と交通機関・宿泊施設を組み合わせてツアーを企画します。

旅行者がどこにどんな目的で行きたがっているのか、どんなオプションをつけると喜ばれるのかなどのマーケティング調査を行い、プランを練ります。

仕入れ・手配業務

仕入れとは、各交通機関やホテル・旅館などの宿泊施設と契約をし、座席や客室を確保する仕事です。

手配は、実際に旅程が決まってから、電車の乗車券・航空券・ホテルや旅館・観光バス・レストラン・観光スポットなどの予約連絡を行う仕事です。

宣伝・販売促進業務

旅行商品のパンフレットやお客さまへのDMなど販売を支援するための宣伝物を制作します。

またWebサイトの作成や運営・管理も行います。

事務業務

事務的な業務を担当する社員もいます。

たとえば経理部門では、お客さまから預かった旅行代金を業者へ送金したり、会社の帳簿を記録・整理したりします。

そのほか、旅行会社として事業をおこなっていくうえで必要な手続き全般を担当する総務部門や、社員採用・福利厚生などを取り扱う人事部門などがあります。

旅行代理店の役割

旅行代理店は、旅行者にとって最適な交通機関や宿泊先などの手配を行ったり、旅行を円滑に実施するためのプランを組んだり、旅行の相談に乗ったりすることで、旅行者が快適な旅ができるようにサポートをします。

また旅行者と運送機関・宿泊施設・レストラン・観光施設などの間に入って代理契約を結ぶ仲介業のような役割も果たします。

そのようなことから、旅行者だけでなく、航空会社やホテルなどのサプライヤーに対しても付加価値を提供することが求められています。

旅行代理店に特有の職種

カウンターセールス

カウンターセールスは、旅行代理店のカウンターで対面サービスを提供し、お客さまの旅行先や日程などの要望を聞きながら、ツアーを提案したり、宿泊や交通などの手配を行ったりします。

相手の要望を即座に掴み取りながら、最高に満足いただける旅のプランを作り上げていきます。

アウトセールス

アウトセールスは「法人営業」ともいいい、学校や企業、官公庁などに営業を行う仕事です。

営業先を回って旅行の予定を聞いたり、魅力的な旅行プランの提案をしたりします。

修学旅行や社員旅行といった大きな案件が多いため、1件の契約成立で売上に大きく貢献することができます。

ツアーコンダクター

ツアーコンダクターは、パッケージツアーや団体旅行に同行して、あらかじめ作成しておいた旅程を管理しながら、入国・出国手続きの説明や交通情報の情報収集、トラブルへの対応など旅行者のお世話を行います。

「添乗員」ともいわれる職種で、一人で添乗業務をするためには「旅程管理主任者」の資格が必要となります。

専門の派遣会社から派遣される場合が多いようですが、間近でお客さまの笑顔を見られるのが魅力的といえるでしょう。

ツアープランナー

ツアープランナーは、その名の通り、ツアーをプランニング(計画)する仕事です。

国内外のパッケージツアーを一から企画したり、お客さまの要望に合わせた旅行を企画したりします。

今、世の中で何が求められているのか、お客さまはどのようなツアーに参加したいと思っているのかなど、マーケティングを行い、費用面や日程なども考慮してプランを練っていきます。

旅行代理店の有名な企業

総合旅行会社では、以下の企業が大手といわれています。

  • JTB
  • KNT-CTホールディングス(近畿日本ツーリスト、クラブツーリズム)
  • エイチ・アイ・エス
  • 日本旅行
  • 阪急交通社

オンライン系の旅行会社では以下の企業が代表的です。

  • 楽天(楽天トラベル)
  • リクルート ホールディングス(じゃらん)
  • Zホールディングス(Yahoo!トラベル)

また日本で事業展開をしている海外のオンライン系旅行会社では以下の2社が代表的です。

  • エクスペディア・グループ
  • ブッキング・ホールディングス

旅行代理店の仕事の流れ

旅行代理店での業務は多岐にわたりますが、ここではパッケージツアーを企画して実施するまでの大まかな流れを紹介します。

  1. 1.マーケティング調査

    各地の旅行事情や旅行者のニーズなどを調査します。
  2. 2.企画

    観光地やイベントなどを設定し、ルートや滞在時間といったツアーの詳細を決め、宿泊施設や交通機関の手配を行います。
  3. 3.宣伝・広告

    パンフレットやWebページを作成し、宣伝を行います。
  4. 4.販売

    カウンターでの対面サービスまたは電話受付による相談・販売を行います。
  5. 5.手配

    宿泊施設や交通機関に予約連絡を行い、座席や客室を確保します。
  6. 6.ツアー当日

    ツアーに同行し、スケジュール管理や観光案内などを行います。