旅行代理店への転職・中途の未経験採用はある?

旅行代理店への転職状況は?

旅行代理店は就職先として人気が高く、とくに大手企業は倍率が非常に高い傾向にありますが、入社後に比較的早い段階で仕事を辞めてしまう人も少なくありません。

そのため人手不足となり、新たに中途採用の求人を出す企業も多く見受けられます。

ただし旅行代理店への転職では、業界経験者が優遇される傾向があります。

その背景として、旅行代理店のビジネスモデルが「薄利多売」のため人材教育にコストをかけられないことや、日々の業務が忙しくて未経験者に一から仕事を教える時間的余裕が少ないことが挙げられます。

そのため正社員で「未経験でも可」とする中途採用の求人は少なく、あったとしても厳しい労働環境におかれる場合があるため、注意が必要です。

中途採用の場合は契約社員や派遣社員の雇用形態で募集を出している企業が多く、入社後に経験を積めば、正社員として登用されるケースもあります。

旅行代理店への転職の志望動機で多いものは?

旅行代理店への転職は、経験者が優遇される傾向にあることから、同業他社からの転職が多く見受けられます。

その際の志望動機としては、「自身のステップアップのために業務の幅を広げたい」というものが多いです。

たとえば、

「今までは国内の旅行のみ取り扱っていたが、将来を見据えて海外のツアーにも取り組める会社で海外旅行の知識習得に努めたい」
「これまでカウンターセールスの業務に就いていたが、既存のパッケージツアーを販売するだけでなく、ツアーの造成や企画の仕事にもチャレンジしてみたい」

などといった例があります。

また異業種から転職する際の志望動機としては、「前職での経験を生かして、好きな旅行に携わりたい」というものが多いです。

具体的な例としては、

「接客業での経験を生かして、お客さまと直接お話して一緒に旅を作り上げる仕事がしたい」
「これまで医療メーカーの営業事務として外国人クライアントと直接やり取りする機会が多くあり、その経験を生かして、外国人旅行者を気持ちよくおもてなしできるツアーコンダクターとして活躍したい」

といったものがあります。

旅行代理店社員の志望動機と例文・面接で気を付けるべきこと

未経験から旅行代理店で働くには

旅行代理店の中途採用で経験者が優遇されるのは、即戦力となる人材を求めているからにほかなりません。

未経験からの転職を目指す場合は、まずは旅行代理店での仕事内容、求められる能力やスキル、業界の現状や将来性などをしっかり把握することが大切です。

そのうえで即戦力となれるよう、自分の価値を高めておくことが転職を成功させる秘訣といえます。

即戦力としてアピールするためには、旅行関連の資格を取得し、語学スキルを身につけることが有効です。

過去の業務経験から得た知識やスキルと合わせて、それを旅行代理店での仕事にどう生かせるのか、どのように貢献できるのかを採用側に伝えることが重要です。

まずは契約社員や派遣社員として旅行業界での経験を積み、正社員への登用を目指す方法もあります。

旅行代理店への転職に必要な資格・有利な資格

旅行代理店へ転職する際に必須の資格はありません。

ただ「旅行業務取扱管理者」の資格を取得しておくと、採用に有利になることがあります。

これは、営業所に必ず1人以上の「旅行業務取扱管理者」を置くことが旅行業法で定められているからです。

この資格を取得しておけば旅行に関する実務知識を備えた即戦力になれることを証明できるため、転職時のアピール材料になり、自身のキャリアアップにもつながります。

なかでも「総合旅行業取扱管理者」は国内・海外旅行を問わず取り扱うことのできる資格のため、取得しておくと将来的に独立して旅行会社を立ち上げることも視野に入れられます。

ツアーコンダクターを目指すのであれば、ぜひ取得を目指したい資格は「旅程管理主任者」です。

旅程管理主任者は、旅行代理店が企画するツアーや団体旅行に同行する主任添乗員には取得が義務付けられています。

また近年は訪日する外国人旅行者が増えているため、「観光英語検定」や「TOEIC」などの検定を通して語学力を高めておけば、即戦力となれる人材としてアピールできます。

旅行代理店社員に必要な資格、スキル

旅行代理店への転職に役立つ職務経験は?

販売や営業、添乗といった業務では、お客さまと直接コミュニケーションを取る機会が多く、丁寧で好感がもてる対人スキルや柔軟な対応力が求められます。

これまでに営業職や接客業に従事してきた人は、その経験やスキルが生かせるでしょう。

また近年、旅行代理店ではインバウンド(外国人の訪日旅行)に対するセールスにも力を入れているため、外国人にも対応できる能力やスキルが重要視されています。

そのため外国人と関りのある職種に就いていた経験があれば評価される可能性が高いでしょう。

ツアーの企画業務では、旅行者のニーズやトレンドを読み取るマーケティング能力や、新しい旅の楽しみ方を提案する企画力が求められます。

商品企画や営業企画などの業務経験があり、企画に関わるノウハウをもっていれば、転職後の業務にも役立ちます。

旅行代理店に転職可能な年齢は何歳くらいまで?

旅行代理店に転職する際に明確な年齢制限はありません。

しかし旅行業界で活躍する人の多くは20代~30代の比較的若い年代層で、就職から数年のうちに離職していく人も少なくないのが現状です。

旅行代理店では、全般的に業務量が多く、とくに大型連休や年末年始前などの繁忙期は連日残業が続くことがあります。

営業職では厳しいノルマが課されることも多く、一日にたくさんの営業先を回ることができる体力が必要です。

修学旅行や社員旅行などでは営業担当者が旅行に同行することがあり、場合によっては24時間体制での対応が求められます。

またどの職種でも人と接することが多いため、想定外のトラブルにも対応できる精神的な強さも必要です。

未経験から旅行代理店に転職するのであれば、体力や気力に余裕のある20代~30代のうちがベターといえます。

旅行代理店への転職を考えている方へ

旅行代理店への転職を考えている人は、旅行代理店求人を5,000件以上保有しているリクルートエージェントに相談してみるといいでしょう。

面接対策や自己PR添削など、自分一人ではなかなかできない転職活動で直面する課題の解決を、専任の担当者が手厚くサポートしてくれます。

また、20代の方や第二新卒の方は「マイナビジョブ20's」に登録してみるとよいでしょう。

20代を積極採用している企業の案件が多く、専任キャリアアドバイザーによる個別キャリアカウンセリングを受けることができます。