自然の美しさを伝える仕事の種類(9選)(読了時間:7分8秒)

目の前いっぱいに広がる青い海や色鮮やかな緑の木々は、私たち人間の心を解きほぐしてくれます。

そのような雄大な自然の魅力にとりつかれ、自然の美しさにいつも触れていたいという思いを持つ人もいるかもしれません。

今回は、自然の美しさを多くの人に伝える職業や仕事について紹介していきます。

自然を守りながら、その楽しみ方を伝える仕事

自らが自然を守るさまざまな業務に携わりながら、自然をより楽しむための方法について人々に伝える仕事を紹介します。

「ネイチャーガイド」は、全国各地の自然探索ツアーに同行し、草木などの解説や、自然との付き合い方などを人々に伝える仕事です。

また、山や川、海などの自然の中で、そこに訪れる人々に自然の魅力や特徴を伝えながら、ハイキング、トレッキング、カヌー、クロスカントリーといった各種アクティビティの企画や指導にも携わることがあります。

「自然保護官」は、通称レンジャーと呼ばれることもあり、国家公務員である環境省の職員として、さまざまな自然環境業務に携わる人のことをいいます。

具体的には、国立公園の管理や外来種対策、野生鳥獣の保護、ペット動物の愛護、自然とのふれあい推進に関する業務などを行います。

法律やルールに基づき、日本国内の自然環境や野生生物を保護しながら、人々が上手に自然と触れ合える環境づくりに取り組みます。

そして「森林インストラクター」は、森林での安全な楽しみ方や過ごし方、森の仕組みなどを教え、野外活動の指導・アドバイスを行う人のことをいいます。

森林浴や、バードウォッチング、山菜採り、林間学校などのガイドやインストラクションを行ったり、森の魅力や危険についても説明しながら、森の案内人として活躍します。

ネイチャーガイド

ネイチャーガイドは、全国各地の自然探索ツアーに同行し、草木などの解説や、自然との付き合い方などを人々に伝える仕事です。

ハイキング、トレッキング、カヌー、クロスカントリーなど、自然の中で楽しめるアクティビティの企画やツアーを考え、自ら指導に携わることもあります。

自然保護団体のスタッフとして活動したり、旅行会社のガイドとして活躍するほかボランティアで活躍する人もいます。

自然保護官

自然保護官は、通称「レンジャー」呼ばれ、国家公務員である環境省の職員として、さまざまな自然環境業務に関わる仕事をする人のことをいいます。

具体的な仕事内容は、国立公園内の建設許可に関する書類チェックや調査、食害対策、自然とのふれあいイベントの企画、自然再生事業の計画など、多岐にわたります。

全国各地の自然環境事務所に配属となる人が多く、普段はデスクワークの時間も多いですが、自ら身体を動かして自然保護のための美化活動や、住民とのふれあいに参加することもあります。

法律やルールに基づき、日本国内の自然環境や野生生物を保護しながら人々が上手に自然と触れ合える環境づくりに取り組むことが、自然保護管の役割です。

森林インストラクター

森林インストラクターは、森林での安全な楽しみ方や過ごし方、森の仕組みなどを教え、野外活動の指導・アドバイスを行う仕事です。

森林浴や、バードウォッチング、山菜採り、林間学校などのガイドやインストラクションを行ったり、森林の魅力や重要性、また自然の厳しさなどを伝える「森の案内人」として活躍します。

森で楽しめる魅力的なプログラムを企画・実行して人々を森林に引きつけることで、里山と都市とをつなぐ重要な役目も担っています。

自然の中での遊びやアクティビティの指導をする仕事

自然の中では、日頃なかなか経験できないエキサイティングなアクティビティやレジャーもたくさん楽しめます。

そのような自然での楽しみ方をわかりやすく指導する仕事として、まず「アウトドアインストラクター」がいます。

この仕事では、キャンプ、スカイダイビング、パラグライダー、スキー、スノーボードなど、自然の中で楽しめる各種スポーツやアクティビティの知識・技術を人々に伝えます。

同時に、森や山などをガイドしながら、その魅力や大切さを人々に伝えることも行います。

「ダイビングインストラクター」は、各種ダイビングライセンスを取得したいと考える人に指導をする仕事です。

安全にダイビングができるよう、海の中での安全管理についてしっかりと伝え、ダイビングの知識・技術を伝えていきます。

アウトドアインストラクター

アウトドアインストラクターは、アウトドアスポーツやレジャーの安全な楽しみ方をレクチャーする仕事です。

キャンプやグランピング、登山、スカイダイビングやパラグライダー、スキーやスノーボードなど、自然の中で楽しめる各種スポーツやアクティビティの知識・技術を人々に伝えていきます。

それに加え、自然に関する専門知識を発揮して、山岳ガイドや自然ガイド、自然教室の講師などの業務を通じて、人々に自然の魅力や大切さを伝える活動をする人もいます。

ダイビングインストラクター

ダイビングインストラクターは、各種ダイビングライセンスを取得したいと考える人に指導をする仕事です。

海の中の景色はとても美しいものですが、一方では陸上とは異なる環境なだけに危険もはらんでいます。

ダイビングインストラクターは、資格取得希望者に対して海の中での安全管理についてしっかりと伝え、ダイバーとしての知識・技術を指導します。

またダイビングライセンスをすでに持っている人たちのガイド役として、ダイビングスポットでのダイブに付き添ったりすることもあります。

写真や映像で自然美を伝える仕事

ここからは、写真や映像という形で大自然の美しさを人々に伝える仕事を紹介します。

「映像作家」とは、あらゆる映像作品の企画を考え、作る人を総称した言葉です。

一般的には、映画やテレビドラマの監督および演出家をはじめ、CMやPV、MVディレクター、CGクリエイター、アニメーション作家などが、映像作家に含まれます。

自分のアイデアやクライアントの要望をふまえて、どのような映像作品に仕上げるかをイメージし、絵コンテや脚本を書きます。

撮影、照明、音響といった各種工程は別の専門家に依頼することもあれば、映像作家が兼任する場合もあります。

「風景カメラマン」は、仕事として写真撮影を行うカメラマンのなかでも、風景写真を専門に撮る人のことを意味します。

日本全国、あるいは世界を周りながら、各地の美しい自然の姿を写真に収め、新聞や雑誌、Webなどの媒体を通じて発表します。

映像作家

映像作家とは、映像作品を企画・制作する人のことを総称した言葉です。

一般的には、映画やテレビドラマの監督、演出家のほか、CMやPV、MVディレクター、CGクリエイター、アニメーション作家などがこの仕事に含まれ、また最近ではYouTubeに動画を投稿するアマチュア映像作家も増えています。

自分のアイデアやクライアントの要望をふまえて、どのような映像作品に仕上げるかをイメージし、絵コンテや脚本を書きます。

撮影、照明、音響、美術、衣装といった各種工程は別の専門家に依頼することもあれば、映像作家がそれらの知識・技術を持ち、兼任する場合もあります。

風景カメラマン

風景カメラマンは、仕事として写真撮影を行うカメラマンのなかでも、風景写真を専門に撮る人のことを意味します。

日本全国、あるいは世界を周りながら、森や海、山、川、草花、高原、夜景、星空など、各地の美しい自然のありありとした姿を写真に収めます。

撮影した写真は、新聞や雑誌、Webなどの媒体を通じて発表するほか、個展を開いて人々に見てもらうことも可能です。

旅行や観光で自然を楽しみたい人を案内する仕事

「この景色や風景が見たい!」という気持ちをもって、旅行や観光のプランを考える人もいるでしょう。

ここでは、旅行や観光で自然を楽しみたいと考える人に、ガイドや案内をする仕事を紹介します。

「旅行代理店社員」は、旅行業者が企画した旅行商品(パッケージツアーなど)を仲介して販売したり、自社で企画・手配をする会社に勤める人を意味します。

カウンター業務では、来店されたお客さまに対して旅行の希望をヒアリングしながら最適なツアープランを提案したり、交通機関や宿泊施設の手配、現地情報の提供など、安全・快適に旅行ができるようにプランニングしていきます。

「ツアーガイド」は、ツアーの参加者が現地の文化や歴史、自然、生活習慣に触れながら、旅行を楽しめるように案内する仕事です。

大きく分けて、海外にて日本人旅行者を案内する海外ツアーガイドと、日本にて日本人あるいは外国人旅行者を案内する国内ツアーガイドがいます。

旅行代理店社員

旅行代理店社員は、パッケージツアーや団体旅行などの旅行商品を企画・手配したり、旅行業者が企画したツアーを仲介して販売したりする会社で働く人のことを意味します。

旅行代理店社員の職種は、カウンターセールスや法人営業、企画・マーケティング、ツアーコンダクターなど多岐にわたります。

店舗では、来店されたお客さまに対して接客をし、お客さまの旅行に対する希望をヒアリングしながら最適なツアープランを提案したり、交通機関や宿泊施設の手配、現地情報の提供など、安全・快適に旅行ができるようにプランニングしていきます。

ツアーガイド

ツアーガイドは、ツアーの参加者が現地の文化や歴史、生活習慣に触れながら、旅行を楽しめるように案内する仕事です。

ツアーガイドは、海外あるいは国内のいずれかで勤務し、海外日本人旅行者を案内する人は「海外ツアーガイド」と呼ばれ、日本で日本人あるいは外国人旅行者を案内する人は「国内ツアーガイド」と呼ばれます。

ガイドをする場所の文化や歴史、自然、生活習慣などについて深く理解し、観光客に対してわかりやすく、その土地の魅力や楽しみ方などを伝えていくのが、ツアーガイドのおもな役割です。

海外では、海外ツアーガイドが通訳の役割を担うこともあります。

今回見てきた職業のなかには、自分自身が海や森などの自然の中で働ける仕事もあれば、まったく別の場所で、たくさんの人たちに自然の魅力を伝えていくような仕事もあります。

職業によって、必要とされる資格やスキルなどには違いがありますので、気になる職業が見つかった人は、なるための方法などを詳しく調べてみてください。

職業カテゴリー