旅行代理店社員の志望動機と例文・面接で気を付けるべきこと

旅行代理店を目指すきっかけで多いものは?

旅行代理店を目指す人は、自分自身も旅行が好きで、自身の旅行体験を通して、新たな感動や気づきを得られたことが目指すきっかけとなることが多いようです。

とくに海外旅行では、日本にはない価値観や考え方に触れることが多く、その体験で気づいた旅行の魅力を多くの人に伝えたいという気持ちから、旅行業界を志す人が多くいます。

旅行を申し込む際に旅行代理店のカウンターセールスと接し、親身に対応してもらったことがきっかけで、自分も旅行代理店で働きたいと思うようになった人もいます。

また人を喜ばせることが好きな人は、「魅力的な旅行プランを提案することで幸せな時間を提供したい」「旅行を通じてお客さまの幸せを実現したい」といったことが志望動機になることが多いようです。

旅行代理店の志望動機の考え方

旅行代理店での仕事は接客やサービスの要素が強いため、自分自身が旅行好きであることはもちろん、「人を喜ばせたい」という気持ちが欠かせません。

志望動機に正解はありませんが、「人との関わり、つながり」や「旅行の魅力」といったポイントを押さえた内容のものを考えればよいでしょう。

そして「数ある業界のなかで、なぜ旅行業界で働きたいのか」「なぜ他社ではなく、この会社なのか」を明確に伝えることが大切です。

また、「自分自身が旅行代理店で働いたら、こういうもの・ことをお客さまに提案したい」という思いまで伝えられるようにすると、より前向きでメッセージ性の強い志望動機になるでしょう。

旅行代理店の志望動機の例文

カウンターセールスを目指す場合の志望動機例

「高校の卒業旅行として、クラスメイト10人で○○県の周遊旅行をしました。

その際に御社のカウンターセールスの方がとても親身に対応してくださり、私たちの希望を最大限叶えてくれようとしているのを実感しました。

カウンターセールスの方の適切なアドバイスで、私たちの旅行は本当に楽しいものとなり、今でも記憶に残っています。

私も誰かのために、素敵な思い出づくりを応援することができる職種に就きたいと思い、大学では地域事業を専攻し、○○県と提携してパッケージツアーの提案をしました。

国内旅行のパッケージツアーに強みを持っている御社で、お客様の幸せな時間を創出する職種であるカウンターセールス職に就きたいと考え、志望いたしました。」

ツアープランナ―を目指す場合の志望動機例

「私は旅行プランを開発することで、一人でも多くの人に旅行を楽しんでもらいたいと考え、御社を志望しました。

御社では他の企業にはない珍しい旅行プランがさまざまあり、それが強みだと考えています。

私は大学時代、バックパッカーとして世界中を旅し、自身の好奇心を満たしてきました。

御社でも旺盛な好奇心を生かして新しいことに取り組み、今までにない旅行プランを開発することで貢献したいと考えています。」

旅行代理店の面接で聞かれること・注意点

旅行業界は昔から人気が高く、大手の旅行代理店にもなると、採用倍率が何十倍といった高い数字になることも珍しくありません。

履歴書やエントリーシート、筆記試験なども合否を決めるポイントの一つになりますが、とくに旅行代理店ではお客さまと直接コミュニケーションをとることが多いだけに、面接も重要視されます。

たくさんのライバルの中から選ばれる存在になるには、きちんと面接対策をしておくことが大切です。

面接で聞かれることは「志望動機」「自分の強み・弱み(長所・短所)」「何を勉強してきたのか」「学生時代に頑張ったこと」「将来の目標」など、一般的なものが中心です。

それ以外に「一番印象に残った旅行先」「旅行業界全般についての考え方」を問われることもあります。

景気や国際情勢にも影響を受けやすい旅行業界は変化が激しいため、最新の業界動向については、インターネットや新聞、雑誌などを通じて、よく研究しておくとよいでしょう。

そのうえで、自分なりの考えをまとめておきたいものです。

また、旅行代理店は会社ごとに事業展開や特色が異なるため、企業研究もよくしておき、「なぜここで働きたいのか」をきちんと述べられるようにしておくことも大切です。

旅行代理店の自己PRのポイント

旅行代理店へ自己PRをする際に、自分が旅行好きであることやたくさんの旅行経験があることを挙げる人は多くいます。

しかし、そもそも旅行業界を志望する人は前提として旅行が好きであり、そのことだけを伝えても選考での高評価には繋がりません。

採用担当者の印象に残る自己PRにするために、自分以外にも多くの人が選考を受けているという自覚を持ち、自分を採用することがいかに会社への利益を
もたらすかをアピールしましょう。

その際は、旅行代理店の仕事内容に沿ったスキルを身につけていることを、その根拠を示す具体的なエピソードを交えて、簡潔に書くことが大切です。

そのためにも業界・企業研究と自己分析をしっかり行い、自信をもってアピールできるポイントを明確にしましょう。

旅行代理店の志望動機で悩んだら、転職エージェントに相談してみよう

未経験や中途で旅行代理店への転職を目指しているものの、志望動機や面接に自信が持てない場合は、転職エージェントで添削を無料で受けるのもおすすめです。

旅行の分野に強い転職アドバイザーがしっかりサポートしてくれるので、書類通過率や合格率をアップさせることができます。

また、業界情報を聞くことができたり、旅行代理店の「非公開求人」の情報を得ることもできます。

まだ転職するか迷っているという段階でも、早めに専門家のアドバイスを聞くことでキャリア選択の幅を広げることができるでしょう。

リクルートエージェントは、転職エージェントの中で最も求人数が多く、転職実績もNo.1となっているので、まず登録しておきたいエージェントです。

また、20代の方や第二新卒の方は「マイナビジョブ20's」に登録してみるとよいでしょう。

20代を積極採用している企業の案件が多く、専任キャリアアドバイザーによる個別キャリアカウンセリングを受けることができます。

なお、対応エリアは「一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀」となります。

どちらも登録・利用はすべて無料なので、ぜひ登録して気軽に相談してみてください。

旅行代理店社員の志望動機で悩んだら、転職エージェントに相談してみよう

未経験や中途で旅行代理店社員への転職を目指しているものの、志望動機や面接に自信が持てない場合は、転職エージェントで無料で添削を受けるのもおすすめです。

転職アドバイザーがしっかりサポートしてくれるので、書類通過率や合格率をアップさせることができます。

また、転職アドバイザーから、業界情報を聞くことができたり、旅行代理店社員の「非公開求人」の情報を得ることができます。

まだ転職するか迷っているという段階でも、早めに専門家のアドバイスを聞くことでキャリア選択の幅を広げることができるでしょう。

リクルートエージェントは、転職エージェントの中で最も求人数が多く、転職実績もNo.1となっているので、まず登録しておきたいエージェントです。

また、20代の方や第二新卒の方は「マイナビジョブ20s」に登録してみるとよいでしょう。

20代を積極採用している企業の案件が多く、専任キャリアアドバイザーによる個別キャリアカウンセリングを受けることができます。

なお、対応エリアは「一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀」となります。

どちらも登録・利用はすべて無料なので、ぜひ両方とも登録して気軽に相談してみてください。

旅行代理店社員の「志望理由」の口コミ投稿

  • 志望理由
    志望理由

    旅行会社のツアープランナー shimichiyoさん

    38歳 女性 経験15年10ヶ月 東京都

    現職(正社員)


    学生時代からバックパッカーをしていたため、「好きなことを仕事にしたい」と思い、必ず旅行業界で働こうと思っていました。

    ですので旅行会社以外ではホテルや航空会社等も志望業界として挙がっていました。

    実際に働いて感じることは、やはり、「好きこそものの上手なれ」です。

    旅行というサービスを提供する以上、まず何より企画者がその商品を好きかどうか、思い入れがあるかどうかというのが重要になっ