旅行代理店社員のやりがい・楽しさ・魅力

旅行代理店社員のやりがい・楽しさ

お客さまの旅を一緒に作っていく喜び

旅行代理店での代表的な業務内容は、カウンターでの接客です。

この仕事では、お客さまと直接コミュニケーションをとって手配や予約を進めていきますが、お客さまの要望はまちまちです。

すでに、申し込みたいツアーがハッキリと決まっている人もいれば、おおよその内容だけは決まっており、細かいところは相談しながら考えたいという方もいます。

お客さまが旅に何を求めているのか、どのような過ごし方をしたいのか、といったことにまで踏み込んでいく機会も多く、接客をする社員は、お客さまの旅を一緒に作り上げていくことになります。

どのお客さまも旅行については大きな期待を寄せており、素晴らしいものにしたいと考えています。

そこで、社員が専門知識を生かしながら力を添えることによって、最高のプランを作り上げることができたとき、お客さまの笑顔と「ありがとう」の声が何よりの喜びになります。

またさらにお客さまがお土産を買ってきてくれたり、名前を覚えてリピーターになってくれたりすると、お客さまの素敵な思い出作りに関われた喜びとやりがいが感じられます。

ツアーを企画する醍醐味

もうひとつ、旅行代理店に勤務する人の多くが「やりたい」と思っている業務のひとつが、ツアープランニングです。

旅行代理店社員は、そのほぼ全員が「旅行が大好き」という思いを持っています。

誰かが作った商品の魅力をお客さまに伝え、販売することもワクワクしますが、自分自身で企画ができるようになれば、また新しい仕事の楽しさを味わうことができます。

ツアープランニングは、観光地に関する知識はもちろん、交通機関や宿泊機関との交渉や調整なども絡んでくるため、簡単にはできない仕事です。

しかし、自分が考えたプランが形になり、それをお客さまに楽しんでもらうことは、ものすごく大きなやりがいとなります。

旅行代理店社員の仕事内容・企業の種類

旅行代理店社員の魅力

いろいろな場所へ行ける

パッケージツアーを作る際は、ニーズやトレンドなどの情報収集をするため、実際に現地へ出向き、視察調査を行います。

添乗員の場合はツアーに同行して、観光地を一緒に回り、全国各地の美味しい料理や温泉を楽しめることもあります。

一般旅行者が旅行をしない閑散期には、社内や業界の研修旅行によって、個人旅行ではなかなか行かない場所に行ける場合もあります。

旅行好きな人にとっては、仕事を通して国内外のさまざまな場所に行けるのは、何よりも魅力です。

旅行知識が増える

企業によって違いはありますが、一般的に旅行代理店社員はツアーの企画・販売・宣伝から施行までの幅広い仕事を担当することが多いです。

大手旅行代理店では、全世界の方面の旅行を取り扱うことも多く、さまざまな国や地域についての知識が要求されます。

そのため、旅行業に関する専門性の高い知識やスキルが身に付きます。

また航空会社やホテルの知識に加えて、各地の観光スポット・名物・特産品などの知識も広まります。

仕事で得た知識をプライベートの旅行や友人からの旅行相談に生かすこともできるでしょう。

安い料金で旅行に行ける

旅行代理店社員であれば、いろいろな割引を利用して、通常より安い料金で旅行に行けます。

社員割引を利用すれば、航空券やツアーが通常より1割程度安く購入でき、同伴する家族や友人にも割引料金が適用されるケースが多いです。

大手旅行代理店では、福利厚生の一環で、年間数万円の旅行代金補助がつくケースもあります。

取引先の航空会社・ホテルからの招待や優待を受けることがあり、モニターとして旅行をすれば、高級リゾートホテルに通常の半額以下で宿泊できたり、場合によっては無料宿泊券がもらえたりします。

旅行代理店社員の「やりがい」の口コミ投稿

  • やりがい
    2.50
    やりがい
    2.50

    旅行会社のツアープランナー shimichiyoさん

    38歳 女性 経験15年10ヶ月 東京都

    現職(正社員)


    自分の作ったツアーが売れるのがやはり、一番の達成感です。

    入社時に上司から、「自分の好きな場所や食事を組み入れた商品が『良いツアー』ではなく、お客様から申し込みが多い商品が『良いツアー』だ」というアドバイスはつくづく身に沁みます。

    今でも定期的に、消費者が何を求め、何に敏感なのかをアンテナを張って生活しています。