高卒から建築士になるには

高卒でも建築士として活躍できる

現在、建築士として活躍している人の多くは、大学や短大、高専などの建築学科の卒業生ですが、なかには、高卒で建築士になっている人もいます。

日本で最も有名な建築士の一人である安藤忠雄さんも、学歴としては高卒です。

建築士には、建築基準法などの法規知識、構造計算などの物理知識などが必要ですが、それらと同等かあるいはそれ以上に、設計センスやデザインの美的感覚、オリジナリティなども重要です。

会社員や公務員などと比較すると、建築士は学歴に関係なく活躍しやすいといえるかもしれません。

ここでは、高卒から建築士になるためにクリアしなければならないいくつかの条件を、高校の学科別にご紹介します。

受験資格を得るための条件

通っていた高校が建築科・土木科の場合

まず、高校の建築科・土木科を卒業した人は、卒業後に3年以上の実務経験を積むことで、二級建築士および木造建築士の国家試験が受けられるようになります。

ここでいう「実務経験」とは、設計事務所や建設会社、工務店などで、建築物の設計・工事監理・施工管理業務を行ったり、大学や研究所で建築に関する研究・教育を行うことです。

建築関係以外の企業などに既に就職している場合は、上記に該当する事業を行っているいずれかの会社に転職するか、大学や研究機関などに入り直す必要があります。

通っていた高校が普通科の場合

一方、高校で普通科に通っていた人の場合はどうなるのでしょうか。

高校で土木科や建築科を卒業していない場合、あるいは中卒の場合は、実務経験を3年ではなく7年以上積むことが求められ、資格を得るためのハードルは上がります。

さらに、もうひとつの注意点として、高校で普通科の「文系」を選択した人の場合や中卒の場合は、試験で出題される物理や化学の知識を新たに習得する必要があります。

建築士は、建物の安全性を確保するために強度計算をする必要があるため、構造力学などの物理知識が不可欠です。

また、建築物の素材をよく知るために、化学の知識が必要になることもあります。

何の知識もないところから、独学で物理や化学の知識を高校レベルまで習得することはかなり困難といえますので、建築士資格のための予備校に通うといったことも考えたほうがよいかもしれません。

高卒から建築士を目指す場合の注意点

高卒の場合、通っていたのが建築科でも普通科でも、資格取得のためにはまず就職して実務経験を積まないといけません。

しかし、企業によっては、採用対象を大卒以上、あるいは専門学校卒以上としているところも多く、高卒の場合、就職先がどうしても限定されてしまうことは否めません。

学歴がネックとなって希望する企業に就職できない場合は、通信大学に通うという選択肢もあります。

インターネットで学習する「eラーニング」を取り入れて、単位取得まですべてをWeb上で行える通信制の学科を併設している大学は多数あり、卒業できれば一般の大学生と同じ「学士」資格が得られます。

学費を負担しなければならないのは経済的に苦しいかもしれませんが、建築士試験の勉強と大卒資格の取得を同時に進められることは、通信大学ならではの大きなメリットといえるでしょう。