建築士の仕事内容

建築士の仕事とは

建築士は、建築基準法に基づいて、住宅やビルなどさまざまな建物の設計図を描き、そしてその設計図を基に行われる建築現場での工事監督をする仕事です。

建築の依頼者は「施主(せしゅ)」と呼ばれますが、施主には必ず、「こんな建物にしたい」というイメージがあります。

何度も打ち合わせを重ね、施主の意向を十分に汲み取ったうえで、理想を実現するためのアイディアを出し、具体的な図面に落とし込んでいくことが建築士の仕事です。

また、建物や内装のデザインを考えるだけでなく、安全性や耐震性などを考慮した構造設計を行ったり、電気や空調などの設備についても設計します。

設計が完了し、建築に着工した後は、必要に応じて現場へ足を運んで工事を指揮するとともに、計画通りにきちんと工事が進捗しているか、施主に代わって確認作業を行います。

端的にいえば、お客さまの建築物への夢を形に変えるためのお手伝いをすることが、建築士の役目であるといえるでしょう。

なお、建築士には「一級建築士」「二級建築士」「木造建築士」の3種類の資格があり、手掛けられる業務範囲は資格によって異なります。

建築士の業務の内容

建築士の業務は、大きく「設計段階」と「工事段階」に分けることができます。

設計段階の業務

設計段階における建築士の業務は、施主が抱く建築物へのイメージを具体的な形にすることです。

「ファッションビルなので洗練された雰囲気にしたい」「病院なので清潔感を出したい」「日本らしい住宅で暮らしたい」など、用途に応じて施主の要望はさまざまです。

加えて、用途が同じであっても、日当たりや使いやすさ、収納量、材質、デザインなど、こだわりのある部分はそれ異なります。

ある程度の方向性は定まっている一方、実現するには具体的なアイディアが必要になりますので、施主の理想を実現するため、豊富な専門知識に基づいた提案を行うことが、建築士の重要な業務です。

間取りや部屋の形状、耐久性、材木の使い方など、あらゆる要素を計算しながら設計図を組み立て、ときには予算内に収めるための節約アイディアも提案します。

工事段階の業務

工事段階においては、大工左官職人、土木工事業者、電気工事業者、空調業者など、工事現場において実作業を担うさまざまな人に対して、細かく指示を出します。

また、立場も年齢も異なるそれらの人々を束ねることも、監督者という立場である建築士の重要な業務です。

現場スタッフとやり取りするなかで、必要が生じれば適宜図面を修正し、場合によっては設計自体を大きく変更するケースもあります。

建築士の役割

施主は、個人が建てる住宅にしても、企業が建てるオフィスビルにしても、市町村が建てる公共建築物にしても「理想の建物像」を頭のなかで思い描いており、建築士はさまざまなリクエストを受けます。

しかし、日本には「建築基準法」という建築に関するさまざまな要素を制限するルールがあるため、好き勝手に建物を建てることはできません。

台風や地震などの災害が起きてもきちんと耐えられるだけの強度や、隣家の日照権を侵害しない高さ、敷地面積に沿った容積率など、すべての基準を満たしていることが必要になります。

施主の意向を踏まえつつも、適法かつ安心・安全な設計を行うことが、建築士の重要な役割です。

かつて、ある一級建築士が、地震などに対する耐久性を計算した「構造計算書」を偽造した際には、社会全体を揺るがす大事件となりました。

これから建築士をめざす人には、違法建築などについての過去の事例・事件をよく学び、建築士という職業に求められる重い社会的責任を理解することが望まれます。

建築士の勤務先・有名な企業

建築士の勤務先としては、建設会社、ハウスメーカー、建築設計事務所などが挙げられます。

なかでも、「スーパーゼネコン」と呼ばれる、鹿島建設・清水建設・大成建設・大林組・竹中工務店の5社は、抜群の知名度と事業基盤を誇る有名企業で、就職できれば安定して働けるでしょう。

そのほか、インテリアデザイン事務所や家具メーカー、地方自治体の都市開発部門といった就職先もあります。

また、事務所や企業に属するのでなく、独立して自分の建築設計事務所を開いている人も多数います。

個人の建築事務所では、デザインや構造設計、設備設計といった一連の業務すべてを一人で担いますが、大手の建築事務所では、設計する分野ごとに担当を決めて作業を分担していることもあります。

建築士の勤務先と仕事内容の違い

建築士の仕事の流れ

建築士の仕事は、まず建物に対する施主のさまざまな要望をヒアリングするところから始まります。

レイアウトの利便性や実用性、デザインなどを勘案しながら、おおまかにイメージを固めると、図面を起こしたり、ミニチュア模型を作成したりして、施主に建物の完成形を説明します。

構造や工法、用いる素材などによって、建築コストは大きく上下するため、施主の希望をできる限りすべて実現しつつも、いかに予算範囲内に収められるかは、建築士それぞれの腕の見せ所といえます。

何度も打ち合わせを重ね、個室ごとのクロスの色や植樹する種類といった詳細までプランを煮詰めたら、建築工事に着工します。

実際に工事作業を担うのは大工をはじめとした現場作業員ですが、建築士は監督として、細かく指示を出したり、修正案を考えたりします。

建築士と関連した職業

測量士

測量士は、建設現場などにおいて、土地の位置・高さ・長さ・面積を測り、図面を作成する仕事です。

住宅やビルなどを手掛けることもありますが、道路や橋、鉄道、ダムなどの公的インフラ整備工事に携わる機会が多いといえます。

測量士の仕事

CADオペレーター

CADと呼ばれる設計専用ソフトを使い、コンピュータで図面を作成する仕事です。

平面図・立体図・断面図を2次元で描いたり、3次元モデルをつくることもあります。

基本的に自身で設計するわけではなく、建築士やデザイナーからの指示に基づいて図面を作成します。

CADオペレーターの仕事

土木施工管理技士

土木施工管理技士は、河川、道路、橋、上下水道といった土木工事における施工計画の検討・作成や、現場での施工管理や安全管理、監督業務などを行う仕事です。

通常の土木工事だけではなく、災害現場の復興工事を行う場合もあり、責任者として工事現場を監督します。

土木施工管理技士の仕事