建築士に向いている人・適性・必要なスキル

建築士に向いている性格・適性

美的センスがある人

建築士は、建物の形状、用いる材料、外装や内装、それぞれの箇所の色合いなど、ありとあらゆることを決定しなければなりません。

単調になりすぎないよう、ところどころにアクセントを加えつつも、建物全体を違和感なく調和させるには、高い美的センスが必要になります。

このため、多くの建築士は、常日頃から、海外の著名な建築物を訪れたり、美術館で絵画や陶芸などの芸術作品を鑑賞したりして、自身のセンスを磨き続けています。

美しいデザインが好きだったり、学生時代に美術などが得意だった人は、建築士に向いているかもしれません。

理科や数学などの理系科目が得意な人

建築士の仕事には、構造力学に関する物理知識、塗料などの材料に関する化学知識、カビや微生物といった衛生面についての生物知識、建物を建てる地盤に関する地学知識など、あらゆる理系の知識が必要です。

また、構造を計算して必要な強度を確保することも重要な作業ですので、仕事で数学を用いる頻度もかなり高いといえます。

このため、物理、化学、生物、地学、数学など、理系分野へ幅広く関心を持てる人が、建築士に向いているでしょう。

正義感がある人

日本で建物を作る際には、建築基準法という法律に則った設計・施工を行わなければなりません。

定められた項目は多岐にわたりますが、たとえば大地震が発生しても建物が倒壊しないための「耐震強度」などがあり、一つでも基準に満たない項目があれば「違法建築」となってしまいます。

かつて国内では、名の知れた一級建築士が耐震強度を偽装して建物を建てていたことが発覚し、社会全体を揺るがす大問題となったことがありました。

建物の安全性を確保し、そこで暮らす人々を守るという使命を担っている建築士にとって、偽装は決してあってはならないことです。

建築士という仕事に就く上では、社会的責任を全うできる正義感の強さが求められます。

建築士になるには

建築士に必要なスキル・能力

建築士としての基礎スキル

建築士として働くうえで必要な知識・スキルとしては、設計製図スキル、建築基準法や都市計画法などの法律知識、各材質の強度などの構造知識、工事現場での監督方法といったものが挙げられます。

このうちの大半は、建築士試験の受験科目となっており、建築士の資格を取得できた時点で、ある程度の基礎能力は身についているといえるでしょう。

実務に必要なパソコンスキル

ただし、近年では、建築士の仕事もパソコンによる作業が必須となっており、とくに設計製図作業においては、CADと呼ばれる製図専用ソフトを使いこなせなければ仕事になりません。

おまけに、CAD操作は建築士試験の範囲外ですので、試験勉強とは別に、各自で扱い方に習熟する必要があります。

職場によっては、お客さまに対して設計内容をわかりやすくプレゼンするために、パースなどを駆使した3D図面の作成まで求められるケースもあります。

また、図面以外でも、見積りを作成したり、工事実行予算の管理を行うためにはエクセルなどの表計算ソフトが必要になりますので、基礎的なパソコンスキルは一通り身につけておくことが望ましいでしょう。

実務に必要なアナログスキル

パソコンの各種スキルが不可欠である一方、実際にお客さまと接するようになると、意外とアナログスキルも必要になります。

手書きのパースや間取り図がその代表的な例で、お客さまとの打ち合わせのなかで、フリーハンドで図面などを書き、即興のイメージを伝える機会は頻繁にあるでしょう。

また、設計コンセプトを伝えたり、デザインの特徴などを説明するには、図面やパースだけでなく、文章を加えたほうがより伝わりやすくなりますので、文章作成能力があるとなおよいでしょう。

建築士に向いていないのはどんな人?

空間把握が苦手な人

建築士は、2次元で書かれた図面から、実際の3次元での出来上がりを想像しなければなりません。

うまくイメージできないと、施主の希望とかけ離れた建物になりかねませんので、非常に重要な能力といえますが、平面図から立体的な空間を把握することは、人によって得手不得手が大きいでしょう。

愛想のない人

建築士は、理系の知識が多数問われる専門職であるものの、研究職などとは異なり、お客さまと直に接することの多い職業です。

極端に愛想をふりまく必要はありませんが、あくまでお客さまあっての商売であり、コミュニケーション能力は重要です。

接客が苦手で、無愛想な人は、建築士として活躍しにくいかもしれません。