建築士の仕事内容

建築士の仕事とは 建築士は、建築基準法に基づいて、住宅やビルなどさまざまな建物の設計図を描き、そしてその設計図を基に行われる建築現場での工事監督をする仕事です。 建築の依頼者は「施主(せしゅ)」と呼ばれますが、施主には必 … 続きを読む

建築士の一日

建築士のスケジュール 建築士は、個人や企業からの依頼に応じて建築物の設計をするのが仕事です。お客様との打ち合わせ、図面の作成、設計現場での現場監督などがメインの仕事になります。 建築士の基本的なスケジュールは、以下の通り … 続きを読む

建築士のやりがい・楽しさ・魅力

建築士のやりがい・楽しさ 頭の中の想像が現実になる瞬間 建築士が設計した図面は、大工たち現場作業員の手によって、実際に建物として造られます。 自分の頭の中にしかなかったデザインが、図面になり、模型になり、やがてたくさんの … 続きを読む

建築士のつらいこと・大変なこと・苦労

建築士のつらいこと・大変なこと 締め切り前の過酷さ 建築士が最も苦労するのは、締め切り前のラストスパートの作業です。 担当する案件ごと、および進捗段階ごとに、「この日までに作業を完成させなければいけない」という締め切り日 … 続きを読む

建築士の需要、現状と将来性

建築士の現状 一戸建てからマンションへ かつては、「マイホーム」というと一戸建ての住宅を思い描く人が大多数でした。 しかし近年は、核家族化が進んだこと、一世帯あたりの子どもの数が減少したこと、また通勤や通学のしやすい都市 … 続きを読む

建築士と設計士、建築家の違い

建築士と設計士、建築家の仕事内容の違い 建物の設計に関わる人の呼称として、建築士以外にも、「設計士」や「建築家」といった言葉が使われるときもあります。 しかし、建築士が国家資格である一方、設計士や建築家という名称の国家資 … 続きを読む

建築士の仕事詳細 -構造設計編

建築物を強度面から支える 建築物の大前提として、しっかりと地の上に立ち、通常の使用方法ではビクともせず、雪の重みや強風や地震でも倒れない、そういった強度面がしっかりしている必要があります。 その強度のもととなる設計が、構 … 続きを読む

建築士の仕事詳細 -設備設計編

日進月歩の建築設備には専門家が必要 建築物には、さまざまな設備が必要とされます。 たとえば住宅でいえば、お風呂にキッチン、トイレ、洗面化粧台、エアコン、暖房機器、湯沸機などがあります。 住宅の場合はある程度規格化されて設 … 続きを読む

建築士の仕事詳細 -施工管理編

現場監督にも建築士が求められる 建築の工事現場を仕切るためには、さまざまな管理が求められます。具体的には、「品質管理」「安全管理」「工程管理」「予算管理」「資材管理」などが主だったものですが、それを行うのが「現場監督」の … 続きを読む

建築士の仕事詳細 -設計・監理編

一般的な「建築士」のイメージの仕事 一般に「建築士」というと、お客さまからヒアリングした内容をもとにプランを作成し、それを具現化した設計図書を作成し、その設計図書をもとに建築工事現場で設計図書どおりに工事が行われているか … 続きを読む

建築紛争処理・建築法律相談の仕事

意外に難しい建築トラブル 建築物のトラブルの中には、建築トラブルを専門にあつかう弁護士までいるくらい、難しいものがあります。 また、訴訟に至るまでのトラブルでなくても、民法や宅建業法、住宅品確法(住宅の品質確保の促進等に … 続きを読む

住宅評価員の仕事

「住宅性能評価員」の仕事 「住宅性能評価員」は、日本住宅性能表示基準に従って、建物の10項目の性能をランクや数値等で評価する仕事です。 具体的には、 ・地震や台風に対する強さ ・火災感知のしやすさや燃えにくさ ・解放感や … 続きを読む

建築主事と建築確認審査員の仕事

「建築主事」「建築確認審査員」とは? 「建築主事」も「建築確認審査員」のどちらも、建築基準法の規定による「建築確認」の審査や検査を行うための職業というところは共通です。 地方公共団体に設置される公務員のことを「建築主事」 … 続きを読む

建築士の勤務先と仕事内容の違い

建築士の勤務先の種類 建築士の勤務先として代表的なのは、建築設計事務所、建設会社、ハウスメーカーなどの建築系企業です。 また、インテリア関係のデザイン事務所や、流通小売企業や外食企業の店舗企画部、家具メーカーなど、空間デ … 続きを読む

一級建築士と二級建築士の違い

一級建築士と二級建築士の仕事内容の違い 一級建築士と二級建築士では、扱える建物の範囲が異なります。 二級建築士は、延べ床面積500平方メートル以下の建物に限って設計や工事監理を行える一方、一級建築士にはそのような制限は一 … 続きを読む