ガス会社社員のやりがい、魅力

社会を支える仕事に就ける

ガスは目に見えないものではありますが、電力などと同じく社会に不可欠なインフラのひとつであり、それを供給するガス会社は、あらゆる場面で人々の快適な生活を支え続けています。

地域社会との結びつきも強く、日々の業務やお客さまとの関わりを通して、人々の役に立っている実感を味わいやすい環境であるといえるでしょう。

「人のため、社会のため」という誇りをもって仕事ができることは、ガス会社で働くやりがいだといえます。

新しいビジネスに携わるチャンスも

2016年4月の電力自由化、そして2017年4月のガス自由化にともない、電力会社とガス会社はそれぞれ積極的に相互の市場に参入するなど、新たな事業を手掛けようとする企業が増えています。

この先、ガス自由化によって各社の競争がさらに厳しくなるといわれている一方、そこで働く社員としては、これまでよりも自由度をもって新しいことに挑戦しやすい環境があったり、よりダイナミックな仕事に携わるチャンスが得られたりする可能性が高まると考えられます。

変化の激しい市場のなかでも、新しいビジネスを創っていく醍醐味を味わえることは、これからのガス会社社員としてのやりがいになるといえるでしょう。

給与や福利厚生の充実

ガス会社はもともと地域に根ざしている企業が多く、各地域においての売上規模が大きいことから、給与や福利厚生面では恵まれている企業として認知されてきました。

近年、こうした状況は少しずつ変わりつつあるようですが、それでも社会インフラに関わる事業を営んでいることもあり、やはり安定感はある部類の企業だといえます。

とくに大手ガス会社では平均年収もやや高めとなっており、休暇制度や福利厚生が充実しているところが多いようです。

長く働き続けることを考えたときには、こうした点が魅力に感じられる瞬間も多々出てくることでしょう。