土木作業員の仕事内容・種類

力仕事や重機の運転がメイン

土木作業員の仕事は、工事現場に出て力仕事をしたり、重機を運転したりすることがメインになります。

とくに若い方や経験の浅い方で、重機や作業の免許などを持っていない方などは、もっぱら力仕事をやるといったことも珍しくありません。

一定の経験を積んだり免許を取得したりするなどすれば、重機の運転を任せられることもあります。

ただし、重機がからむ作業は危険を伴うため、その人選は慎重に選ばれます。

経験を積むと現場監督へ

土木作業員は一生、力仕事と重機の運転をし続けるかというと、そうではありません。

経験をたくさん積んでさまざまなことを覚えていくと、現場を取りしきる役割を任されるようになります。

これが俗にいう「現場監督」ですが、そうなると現場仕事よりもデスクワークの比率が高まります。

とくに、品質管理・安全管理・工程管理などの各種管理は、元請業者や発注者に対してすべて書面で提出することを求められますし、ISOなどの認証を取得しているとそれらの書類も書く必要があります。

現場監督にもいろいろあり、現場で作業しながら統制を取る現場リーダー的な役割から、現場には時々出る程度で、各種管理書類などのデスクワークが多いという役割もあります。

どちらかというと、後者のデスクワークが多い現場監督の方がより上の役割で、経験なども必要とされます。

「土木工事」の種類はたくさん

「土木工事」とひとくくりにされてしまいがちですが、実はかなりの種類の仕事があります。

大型の工事や公共工事ですと、道路・河川・ダム・橋梁・建築物などがありますし、公共工事の中には、ガスや水道、電気などを地下に埋設するのに伴って行うものもあります。

このほかにも、宅地の造成や区画整理、田んぼ・畑の耕地整理や用水路・排水路の整備、さらにはマンションやビルなどの民間工事に伴って行う土工事もあります。

さらに、土砂崩れや洪水などの災害現場の復旧工事もあるのです。このように、非常に多くの現場で土木作業員は活躍しています。