土木作業員に向いている人・適性・必要なスキル

土木作業員に向いている性格・適性

注意深い人

土木作業員というと、肉体労働というイメージが非常に強いため、筋力や体力に自信のある人が向いていると思うかもしれません。

しかし、必要な体力などは、働いているうちに自然と身についていきますし、たとえばアスリートのように、生まれ持った才能がものをいうレベルの能力が求められるわけでもありません。

体力や筋力などよりも、はるかに土木作業員にとって大切な資質とは、注意力です。

工事現場には、数多くの危険が潜んでおり、ほんの一瞬の油断が、大勢の命をおびやかすような重大事故につながる可能性もあります。

事故が起きれば、自身や周囲のスタッフがけがをするだけではなく、勤め先も、「安全管理がなっていない企業」として、信頼を失ってしまうことになります。

このため、土木作業員にとって注意力は何よりも重要であり、普段から注意深い性格の人は、土木作業員に向いています。

慎重な性格であれば、安全管理を怠ることも、集中を切らして作業することも、事故を起こす引き金になるような危なっかしい行動をとることもないでしょう。

重機が好きな人

とくに男性の場合、幼少の頃から、ダンプトラックやブルドーザー、クレーン車など、大きな乗り物が好きだったという人は多いでしょう。

土木作業員は、穴を掘ったり土砂を運んだりする作業だけでなく、重機類の操縦作業を行うこともよくありますので、そうした重機や、重機の運転に興味がある人は、土木作業員に向いています。

自分の身長をはるかに超える大きな乗り物というのは、近くで見るだけでワクワクするものですし、ましてそれを自分の手で操るのは、人によっては「お金を払ってでもやりたいこと」かもしれません。

仕事とはいえ、1日中重機を操縦することもある土木作業員の仕事は、好きな人にとっては天職といえるでしょう。

暑さや寒さに強い人

土木作業員は、年がら年中、屋外で働き続ける職業であり、作業による体力の消耗ばかりではなく、外部環境から受ける体への負担も相当なものです。

夏は汗が噴き出るような炎天下のなかで、冬は全身が震えるような寒風のなかで、朝から日が暮れるまで、ずっと作業に追われる日もあります。

とはいえ、そうした暑さや寒さの感じ方は、個人によってかなりバラツキがあり、なかにはほとんど苦にならないという人もいるでしょう。

暑さに強い、寒さに強いという人は、それだけで、土木作業員としての適性があり、働くうえで大きな強みとなります。

土木作業員になるには

土木作業員に必要なスキル・能力

集中力

土木作業員の仕事のなかには、同じ動作をひたすら繰り返す単純作業も数多くあります。

たとえば、積雪量の多い地域では、冬季は除雪作業に1日の大半を費やすことも珍しくありませんが、そうした作業は、慣れれば慣れるほど、つい雑になってしまいがちです。

除雪作業の場合、除雪車の運転そのものは決して難しくありませんが、集中力を欠いた状態で作業すると、道幅が不均一になったり、雪のかたまりが民家の前に残ったりして、クレームを受ける元になります。

このため、土木作業員には、単純作業のなかでもクオリティを維持できる、高い集中力が求められます。

整理整頓力

工事現場では、未然に事故を防ぐため、安全管理が徹底されています。

たとえば、作業開始前には、必ず所定の位置に看板やカラーコーンなどが置かれているか確認が行われますし、資材や工具類が出しっぱなしになっていれば、厳しく注意されます。

こうしたことを怠ると、作業員ばかりではなく、通行人などの一般の人々まで危険にさらしてしまうことになり兼ねません。

このため、土木作業員には、常に現場をきれいにしておく、整理整頓力が必要です。

整理整頓に関するスキルは、一朝一夕で身につくものではありませんので、日常生活から意識しておくことが大切です。

土木作業員に向いていないのはどんな人?

朝が苦手な人

土木工事は、安全上の問題や近隣住民に対する騒音問題などのため、原則として夕方以降に作業することはできません。

1日の終わりが明確に決まっている関係上、そのぶん作業の開始時刻が早くなり、朝7時に事務所集合ということはざらにありますし、現場が遠方の場合は、もっと早くから働き始めることもあります。

このため、朝起きるのが苦手、朝が弱いという人には、土木作業員は不向きです。

寝坊で遅刻を繰り返すのは、仕事以前の問題ですので、土木作業員になるなら、就職する前にきちんとした生活リズムを身につけておくべきです。

人間関係を気にしすぎる人

土木作業員は、職に就くハードルが低い関係上、さまざまな人が同じ職場で働いています。

性格や年齢、生い立ち、能力、さらには仕事に対するモチベーションもバラバラですので、現場によっては、コミュニケーションを取りにくい、一緒に働きづらいと感じる人がいる可能性も十分にあります。

しかし、たとえばぶっきらぼうな印象の人でも、話してみればいい人だったということもありますし、ただ単純に言葉足らずなだけ、人見知りなだけということもあります。

それぞれの個性を尊重して、あまり気にせず自分の役割を全うすることが大切ですが、過度に人間関係を気にしすぎる人、厳しい言葉ひとつで病んでしまうような繊細な人は、土木作業員には向かないでしょう。