土木作業員が独立するには?

土木作業員の親方(フリーランス)の働き方・仕事内容

土木作業員を目指す人のなかには、将来的には独立したいと考えている人も多いでしょう。

とある調査によると、現在土木作業に従事している人のおよそ9割が、キャリアアップの必要性を感じ、資格取得の勉強や人脈づくりに励んでいるそうです。

フリーランスの土木作業員は、一般的には「親方」と呼ばれ、元請業者と直接工事契約を結んで、ほかの業種の職人とも協議しながら、現場を取り仕切って働きます。

その場合の仕事内容は、現場で指揮するだけに留まらず、必要な資材や人員、重機を手配したり、周辺住民への説明を行ったり、管理書類を作成したりと、多岐にわたります。

また、工事依頼を獲得するための営業活動も必要ですし、従業員の労務管理や経費管理、税金関係の手続きもこなさなければならず、非常に忙しくなりがちです。

親方になるまでのキャリアパス

土木作業員が親方になるには、まず建設会社などに就職して、ひとつずつ地道にキャリアを積んでいくことが必要です。

自分自身が、一作業員として実務に携わった経験がないと、親方としてほかの作業員を指導することなどできません。

あわせて、現場に出入りしているさまざまな人間と積極的に交流し、元請業者などの縦のつながり、同じ土木作業員同士の横のつながりともに、できる限り幅広く人間関係を構築しておきましょう。

さらに、土木施工管理技士をはじめとした、管理系の国家資格を取得しておくことも非常に重要です。

豊富な経験、太い人脈、資格と、すべての準備が整ったら、独立するタイミングといえますが、勤め先で現場監督を任されるようになることが、ひとつの目安となるでしょう。

なお、独立直後は、固定費を減らす目的もあって、いきなり従業員を雇わずに、いわゆる「一人親方」として働き、その後、徐々にスタッフを増やしていくケースが一般的です。

ユンボ15台、ダンプ7台、従業員50人程度の中規模の会社になるまでには、およそ10数年かかるといわれており、少しずつ自己資金を貯えながら、長い時間をかけて事業を拡大していくことが必要です。

土木作業員の親方のメリット・デメリット

土木作業員が親方になるメリットは、仕事の自由度が増すということです。

雇われの場合、キャリアを重ねて現場監督となっても、どんな工事を請け負うか自分で決めることはできませんし、また給料面なども上限があります。

しかし、独立していれば、どんな業者と契約してどんな工事を手掛けるかは自分次第ですし、収入面も事実上青天井です。

その一方で、フリーランスの土木作業員は、経済的に不安定になりやすい点が大きなデメリットといえます。

営業手腕やコネクション、あるいは景気などの外部要因によっては、継続的に工事依頼を得られない事態も十分に想定されます。

また、近年はどこの建設会社も人材不足にあえいでいますので、横のつながりが弱いと、工事依頼自体はあっても、人手が確保できず、工事を受注できないということもあり得ます。

仕事ができないと、収支ゼロどころか、経費だけがかさんでマイナスとなり、最悪の場合、借金を抱えて倒産してしまうこともあるかもしれません。

土木作業員の親方の給料・年収

フリーランスとして働く親方の土木作業員の給料は、自分の能力や事業形態、事業規模などによりさまざまです。

個人事業主として細々と仕事を請け負い、食べていくのが精一杯という人もいれば、大勢の従業員を抱えて、経営者として高額な役員報酬を得ている人もいます。

ただし、全員に共通しているのは、フリーランスは、雇われとは違って、健康保険や年金などの社会保険、労災保険などに自分で加入し、保険料を全額自分で支払わなければならない点です。

会社員であれば、社会保険料は企業との折半になりますので、フリーランスは、単純計算で会社員の2倍の負担ということになります。

フリーランスは、収入が多くても、支出の割合が高くなりやすいため、雇われの場合と比べてどちらがよいかどうかは、給料の支給額ではなく、手取り金額で判断する必要があるでしょう。