土木作業員のやりがい・楽しさ・魅力

土木作業員のやりがい・楽しさ

仕事の規模の大きさ

土木作業員の手掛ける仕事は、インフラ関係の工事を中心として、かなり大掛かりであることが特徴です。

ときには何もない原野を切り拓いたり、山を切り崩したりして、地形を大きく変えるような工事になることもあり、自身の携わった仕事によって、地図が書き換えられることもあります。

そのような仕事の規模の大きさ、ダイナミックさが、土木作業員にとっての大きなやりがいであり、また同時に、モノづくりの楽しさでもあります。

トンネルやダム、橋など、途方もなく大きなモノをつくるということに、想像するだけでワクワクする、胸が熱くなるという人も多いでしょう。

また、新しく出来上がった建造物を見ることで、自分の仕事がたしかに形になった、末永く残る仕事に関わったという、たしかな達成感と誇りを得ることができるでしょう。

社会的意義の大きさ

私たちが、便利に、かつ安全に、現代的な生活を送れているのは、さまざまな土木工事のおかげだといえます。

スムーズに目的地までたどり着けるのは、あらゆる道路がアスファルト舗装されているおかげですし、水道やガスが使えるのは配管工事のおかげ、大雨でも河川が氾濫しないのは護岸工事のおかげです。

土木作業員の仕事は、私たちの暮らしになくてはならないものであり、社会的意義の大きさ、世の中全体に対する貢献度の高さが、土木作業員一人一人のやりがいにつながっています。

近年は、地震や豪雨などの自然災害が相次ぎ、それに伴って、道路が通れなくなる、電気や水が使えなくなるなど、インフラが破壊されるケースも頻発しています。

そうした際の災害復旧工事を担うのも土木作業員であり、その仕事の重要性はますます増しているといえます。

緊急時の工事はとくに、人の役に立っているという手ごたえを得やすく、また直接感謝されることも多いでしょう。

土木作業員の仕事内容

土木作業員の魅力

重機を操縦できる

土木作業員の大きな魅力は、仕事でさまざまな重機を操縦できるということです。

とくに男性の場合、小さいときから、ブルドーザーやショベルカー、ダンプトラック、ホイールローダー、クレーン車などに憧れを抱いていたという人も大勢いるでしょう。

それぞれの重機を操縦するには免許が必要であり、かなりの努力が求められますが、無事に試験をパスし、はじめて操縦席に座ったときの喜びはひとしおで、長年の夢が叶った瞬間といえるかもしれません。

また、大きな機械を操るという作業は、単純に面白く、また奥が深いため、いつまでも飽きることなく、楽しく働けるでしょう。

そして、かつて子どもだった頃、キラキラした目で重機を操る大人を見ていたように、今度は自分が、今の子どもたちから憧れられる対象となります。

興味に合わせてキャリアアップできる

土木作業員は、新人や若手時代こそ、資材を運ぶ、穴を掘る、現場を清掃するなど、単純作業が中心となりますが、その後は、さまざまな方向にキャリアアップしていくことが可能です。

上述のように重機に興味があるなら、免許取得に励んで「機械士工」になることもできますし、「土木施工管理技士」の資格を取得して、現場を束ねる監督責任者になることもできます。

さらに、独立して自身の工務店を開業し、経営者となることもできますし、豊富な現場経験を生かして、建設コンサルタントに転身することもできます。

どのような未来を描くかは、自身の興味次第、がんばり次第であり、キャリアプランの豊富さが、土木作業員の大きな魅力です。