土木作業員になるには

土木作業員になるまでの道のり

土木作業員になるにあたって、絶対に取らないといけない資格や、通わないといけない学校などはありません。

土木作業員の仕事は、現場作業がほとんどですので、必要な知識や技能は実務を経験することによって自然と身についていきますし、資格や免許も、就職後に取得するケースが一般的です。

このため、建設会社や土木施工会社などに就職しさえすれば、誰でもすぐに、土木作業員として働き始めることが可能です。

ただし、各現場に従事するのではなく、工事全体を統括する、土木工事を企画するなど、より大きな関わり方をしたい場合は、工業高校卒や専門学校卒などの学歴があったほうが望ましいといえます。

さらに、街づくりなどのビックプロジェクトに携わりたい場合は、ゼネコンをはじめとした上場クラスの大手企業に就職することが必要になり、採用されるには大卒以上の学歴が必要になるでしょう。

一介の土木作業員として働く、管理する側や企画する側にまわるなど、どのようなキャリアを思い描くかによって、就職するまでの道のりも異なります。

土木作業員の資格・難易度

土木作業員の仕事に関連する資格は複数あり、その難易度もさまざまです。

代表的なものとしては、ショベルカーなどの重機を操縦するのに必要となる「車両系建設機械運転技能者」や、重量物をクレーンのフックに掛けたり外したりする「玉掛け機能講習」などの各種免許が挙げられます。

これらは、数十時間の講習を受けた後、学科と実技の修了試験を受けることが必要ですが、難易度としてはそこまで高くはなく、きちんと講習を聞いていれば合格できるレベルです。

また、キャリアアップするための資格として、現場監督になるのに必要な「土木施工管理技士」という国家資格があります。

重機などの免許とは対照的に、土木施工管理技士の取得難易度がかなり高く、受験資格を得るには学歴に応じた実務経験を積むことが必要ですし、国家試験もしっかりとした勉強が不可欠なレベルです。

土木作業員にはどんな資格や免許がある?

土木作業員になるための学校の種類

土木工事に関する知識を学べる学校は、工業高校、土木系や建築系の専門学校、4年制大学や短大の工学部建築学部などがあります。

上述したとおり、土木作業員になるためには学歴は必須ではありませんが、これら土木工学を学べる学校を卒業しておけば、大手企業など、待遇面のよい職場に採用されやすくなります。

また、後々のキャリアのことを考えても、学歴があったほうが、選択肢の幅が拡がることは間違いありません。

たとえばけがや病気などで体を壊してしまっても、専門知識があれば、管理職や事務員として職場に残れる可能性もあり、思わぬところで学歴が役に立つケースもあるでしょう。

土木作業員に向いている人

土木作業員にとって1番大切な能力とは、筋力や体力ではなく、注意力です。

工事現場ではさまざまな事故の危険性があり、ほんの些細なミスが、あるいは一瞬の油断が、取り返しのつかない重大事故を招くこともあります。

もしも事故を起こしてしまえば、自身や同僚が命の危機にさらされるばかりではなく、「安全管理がなっていない職場」として、勤め先の信頼を失墜させてしまうことにもつながります。

このため、普段から慎重で、注意深い性格の人や、危機察知能力の高い人は、土木作業員に向いているでしょう。

逆にいうと、何をするにも集中力が続かない人や、転んだり、刃物で指先を切るなど、日常生活のなかで生傷の絶えない人は、土木作業員の適性があるとはいえません。

土木作業員に向いている人・適性・必要なスキル

土木作業員のキャリアプラン・キャリアパス

土木作業員として働き始めた人は、まずは人力作業を担う「土工」として、掘削作業や運搬作業、現場の清掃、通行人の誘導などを行います。

その後は、各自の適性や能力などに応じて役割分担がなされ、引き続き肉体労働をこなす人もいれば、重機を操縦する「機械士工」として働く人もいます。

なかには、キャリアアップを目指して試験勉強に励んで、土木施工管理技士の資格を取り、監督責任者になる人もいます。

また、ひとつの企業に勤め続けるだけでなく、よりよい待遇を目指して転職する人もいますし、独立して一人親方となる人や、自分の工務店を開業する人もおり、土木作業員のキャリアプランは多様です。

土木作業員を目指せる年齢は?

土木建築業界は、少子化の影響や、「汚い、危険、きつい」といういわゆる3Kのイメージが強いこともあって、慢性的な人材不足が続いています。

このため、業界全体で、資格をもたない人、実務経験のない人の受け入れに寛容であり、かなり年齢を重ねてからでも、土木作業員を目指すことが可能です。

それでも、土木作業員は肉体労働が主体で、体力的な負担が非常に大きい仕事ですので、未経験者の場合、おおむね40歳前後が採用されるボーダーラインとなるでしょう。

なお、関連資格のなかには、実務経験不要で、自力で取得できるものも複数ありますので、年齢上限近くから土木作業員を目指すなら、就職前にそれらの資格取得に励むことをおすすめします。

土木作業員は女性でもなれる?

一昔前までは、女性の土木作業員というものはほぼ存在しませんでした。

しかし近年は、各企業がイメージアップ活動を行うなど、人員確保のためにさまざまな努力を続けていることもあって、女性も徐々に増えつつあります。

土木作業に従事する女性を表す「ドボジョ」という言葉を聞いたことのある人も多いでしょう。

ただし、依然として女性が働きやすい職場になっているとはいいがたい面も多く、女性用トイレや女性専用更衣室のある工事現場はまれですし、産休や育休制度の整っている職場もあまりありません。

女性であっても、土木作業員として活躍することは十分に可能ですが、環境改善への取り組みはまだまだ道半ばといったところですので、不便や我慢を覚悟しておくことが必要です。

女性の土木作業員のキャリアパス・結婚後の生活