土木作業員の1日のスケジュール・生活スタイル

土木作業員の業務スケジュール

土木作業員は、配属された現場によって、またその日の工程によってさまざまな作業をこなしますが、業務内容とは対照的に、1日のスケジュールはかなり固定的です。

土木工事はすべてが屋外の現場となり、安全上の問題、および周辺住民に対する騒音の問題から、日中の明るい時間帯しか作業を進めることができません。

このため、原則として、土木作業員の仕事は朝に始まり、日が暮れるまでには終了します。

道路工事や鉄道工事などでは、交通量や運行時間の都合上、夜間の作業が発生するケースもありますが、できる作業は限られており、あくまで例外的です。

また、土木作業員の仕事は、重いものを何度も運んだり、重機を多用したりと、肉体的な負担が重いうえ、けがや事故などの危険性もかなりあります。

このため、1日のスケジュールのなかに、昼食休憩とは別に、15分程度の休憩が数回挟まれるケースが一般的であり、体力を回復させつつ、無理しないように働きます。

土工として働く土木作業員の1日

資材の運搬や穴掘り、コンクリートの打設など、人力で作業を行う土木作業員のことを、「土工」と呼びます。

土工は、1日のほとんどを肉体労働に費やすため、土木作業員のなかでもとくに体力の消耗が激しく、熱中症などの病気のリスクも高まります。

「KY活動」と呼ばれる危険予知活動を徹底するとともに、少しでも体調に異変があれば、速やかに現場監督に報告して休んだり、場合によっては早退するなどして、慎重に働きます。

作業に没頭しているうちに、あっという間に1日が終わるということも多いようです。

7:00 出勤
事務所に出勤し、現場に向かう作業員が全員揃い次第、社用車で出発します。
8:00 朝礼
現場に到着したら、本日の作業内容を確認し、ラジオ体操を行って体をほぐします。
8:15 作業開始
生コン車によって運ばれてくるコンクリートを、一輪車を使って指定の場所に流し込みます。
10:00 休憩
作業を一時中断して水分などを補給した後、仕事に戻ります。
12:00 昼食休憩
コンビニで買ったり、持参した弁当を食べたりしてから、仮眠を取ります。
13:00 作業再開
適宜休憩を挟み、軽食などを取りつつ、コテを使ってコンクリートを均します。
17:00 撤収
暗くなる前に作業を終了し、現場を片付けます。
17:15 終礼
明日の予定を確認したあと、社用車で事務所に戻って、各自帰宅します。

現場監督として働く土木作業員の1日

ある程度のキャリアを積み、かつ資格を取得した土木作業員は、監督として現場の施工管理を任されるようになります。

その場合の1日の流れは、土工よりもかなり複雑になり、現場を巡回したり、各作業員へ指示を出したりしつつ、事務所で管理書類を作成したり、外部業者と打ち合わせしたりと、複数の場所を移動しながら働きます。

体力的な負担は土工より軽くなるものの、仕事には専門的な知識や深い経験が必要で、責任も重くなりますし、時間の使い方にも工夫が求められます。

8:00 出勤
自宅から現場に直行し、朝礼で各作業員に注意事項を伝えます。
8:15 業者打ち合わせ
本日操縦する重機の操縦について、リース業者から説明を受けます。
8:30 現場巡回
各現場を順に見て回り、工事の進捗状況を確認します。
12:00 昼食休憩
弁当を食べたり、近くのレストランで食べたりします。
13:00 中間検査
工事発注元の担当者を現場に案内し、資料をみせながら状況を報告します。
15:00 現場巡回
各職長に声をかけて、作業は順調か、何か困っていることがないかなどを尋ねます。
17:00 デスクワーク
事務所に移動して、本日の作業に関する報告書類を作成します。
18:00 退勤
明日の工事についての段取りを終えたら、帰宅します。

土木作業員の勤務時間・休日