土木作業員のつらいこと・大変なこと・苦労

土木作業員のつらいこと・大変なこと

1年中屋外で働き続ける過酷さ

土木作業員は、1日のすべてを屋外での肉体労働に費やす職業です。

重い土砂を一輪車で運搬したり、シャベルを使って穴を掘ったり、アスファルトを砕いたりと、体力的な消耗がきわめて激しいのはいうまでもなく、気温や天候といった環境から受ける負荷も相当なものです。

真夏には、立っているだけで汗が噴き出てくるような猛暑のなか、直射日光を遮るものもなく、路面からの照り返しを受けながら、朝から夕方まで重労働をこなさないといけない日もあります。

真冬には、手がかじかんでうまく動かない極寒のなか、吹雪を全身に受けながら、延々と続く除雪作業に追われる日もあります。

また、雨の日には雨にうたれながら、風の強い日には倒れないように踏ん張りながら、黙々と作業しなければなりません。

土木工事の現場は、一般的なイメージの通り、身体的にも精神的にも過酷であり、土木作業員には、強靭な体と心が求められます。

危険度の高さ

土木作業員に限った話ではありませんが、工事現場での仕事には、さまざまな危険がつきまといます。

資材ひとつひとつに重量がありますし、ドリルなどの刃物を扱う機会も多く、パワーショベルやクレーンなどの大型重機も多様されます。

各土木作業員は、集中力をもって作業にあたっていますが、それでも、ほんの些細なミスや、一瞬の油断が事故につながることもありますし、ときには不可抗力といえる事故に巻き込まれることもあります。

作業員が鉄骨の下敷きになる、高所から落下する、トンネルや地下道が崩落して生き埋めになる、ガス管が破裂して爆発するなど、ニュースで報道された痛ましい事故を記憶している人も多いでしょう。

運が悪ければ、最悪の場合、命を落としてしまうこともあるのが、土木作業員という仕事の、最もつらく、厳しいところです。

ただし、近年は、工事技術や機械類の進化、工事行程の見直し、業界全体の安全管理の徹底などにより、危険度は減少傾向にあります。

土木作業員の悩み

「身体が資本」の土木作業員にとって、最も恐ろしいのは、けがや病気によって働けなくなることです。

しかし、土木工事はハードであり、肉体を酷使することになりますので、長年働き続けるうちに、体のどこかに故障や痛みを抱えてしまうことは、ある程度は避けられません。

なかでも、重いものを何度も持ち上げたり運んだりする関係上、腰や肩、膝など、関節系の痛みに悩まされる土木作業員が目立ちます。

たとえば腰痛が悪化してヘルニアを患うと、入院して手術することが必要になりますが、入院中・リハビリ期間中は、雇用形態によっては収入が途絶えますので、経済的にも悩まされることになります。

さらに、術後の経過によっては、病気になる前と同じように働くことが難しくなる、あるいはまったく働けなくなる可能性もあり、体の悩みは、土木作業員にとって正に「死活問題」です。

土木作業員は、さまざまな事態に備えて、労災などの保険に加入しておくことが不可欠であり、とくに一人親方として独立して働く場合、生命保険や傷害保険など、複数の保険を利用することが望ましいでしょう。

土木作業員を辞める理由で多いものは?

土木作業員を辞める人で圧倒的に多いのは、仕事を始めたごく初期のうちに挫折してしまうケースです。

キャリアの浅いうちは、慣れないせいもあって、体力的に厳しくなりがちですし、また土木作業員のなかには、気性が荒かったりして、新人に対して厳しい物言いをする人もいます。

このため、早々のうちに嫌気がさして、土木作業員を辞める人も少なくないのが実状です。

しかし、1ヵ月か2ヵ月もすれば、自然と体力や筋力はついてくるものですし、土木作業員だけでなく、どこの職場でも、怒りっぽい人や気難しい人、とっつきにくい人はいます。

大事なことは、きちんとした目標を定めて、忍耐強く、目の前の仕事に取り組んでいくことです。

謙虚に、かつひたむきに働き続ければ、自然と結果はついてくるでしょう。