土木作業員の給料・年収

スキルがあれば高収入も…

土木作業員の平均年収は300万円〜350万円前後といわれており、一般的なサラリーマンの平均年収よりも下回っているのが現状です。

しかしこの数字はあくまで「平均」年収です。

実際の年収分布は幅広く、土木作業員の中でも各種免許や資格を持っていたり、特別なスキルを持っていたりする場合は、全国の現場からも需要が高く、その年収はかなりの金額になることもあります。

どうすれば年収を上げられる?

前述のように、資格や免許を所持し、特殊な土木作業をこなせるような作業員は能力給がつき、基本給に上乗せされることがあります。

たとえば、海中でのコンクリート構造物やトンネルの建設、地盤の悪い土地に地下通路などを建設するなどの工事は特殊な技術を要するため、専門の作業員でなければ行うことができません。

これらの作業は、土木作業の域を超えていると見ることもできますが、もともとは皆、土木作業員からスタートしており、スキルアップした結果であるといえます。

また、国家資格である「土木施工管理技士資格」は受験に実務経験が必要である上、合格率が極めて低いため、所有者は給与面に反映されることが多いようです。

安定しないアルバイトの収入

その一方で、土木の経験がなく、アルバイトとして雇用されている若年者などは、日給換算で賃金が支払われています。

その金額は1万円前後と高額であるように思われますが、工期が短い場合などは勤務日数が少ないため、年収で200万円に満たないこともあるようです。

ただし、アルバイトといっても能力や経験が考慮されるので、場合によっては日給で2万円を超える人もいます。

このような経験者の中には特定の会社に正規雇用されず、募集のある会社を非正規で渡り歩き、働かない日が出ないように工夫することで、かえって良い収入を得ている人もいます。

昇給がモチベーションの一つ

土木作業員の給与は経験によって大きく差が出てくることは前述のとおりです。したがって、経験を積めば昇給が期待できることが大きな特徴であるといえます。

正社員登用された未経験者の場合、日給はアルバイト同様1万円前後からのスタートになります。

しかしその後、各種資格・免許の取得や勤続年数に応じて、最大3万円前後まで伸びる可能性があるのです。

賃金は働くすべての人にとっての大きなモチベーションの一つです。

土木作業員は日々の積み重ねが昇給につながることが明確な職種であるといえるため、働きやすさを感じられるでしょう。

ボーナスは期待できず

年2回ないし3回支給されるボーナス給与も勤労者にとっての大きな楽しみの一つです。

土木業界においては、働いた日数分の給与が支給されるシステムであるため、ボーナスの支給がなされない会社が多いようです。

もちろん、大きな工事が入った際などの大入り手当てなど、イレギュラーな嬉しい収入があることもありえますが、勤務条件に明記されているわけではないため、過度の期待は禁物です。

地道なキャリアアップで安定収入を目指す

資格・免許取得のため、また技術向上のために地道な努力を積み重ねることで昇給が期待できる点は土木作業員の大きなメリットです。

それに伴い、アルバイトから契約社員、契約社員から正社員と雇用形態の変化も大いに期待できるでしょう。

それと同時に一作業員から現場監督を任される場合も出てきます。

現場監督を務めるためには必要な資格・免許を取得していることや一定水準以上の技術を習得していることなどが条件になりますが、現在活躍している現場監督のほとんどが未経験でこの世界に入った作業員を経ています。

すべての土木作業員が目指せる立場であるということです。

もちろん、現場監督になることは容易ではありませんが、この立場になれば年収は伸び、さらに各種手当が上乗せされるため、高給取りとはいかずとも安定した収入を得ることができるといえるでしょう。

雇用形態、契約期間で異なる待遇

土木作業員の求人には、短期での募集が散見されます。

これは大きな案件を請け負った際の一時的な人員不足の補充のための求人である場合が多く、その工期の終了と共に契約も切れる、といった雇用形態での採用になります。

この場合、保険や年金の加入も個人で行わなければならず、契約期間によっては有給も発生しないことを心得ておきましょう。

正社員として採用されている場合は大抵社会保険に加入できるはずですが、会社によって異なるため、雇用条件は熟読しておくべきです。

また、労働基準法の定めにより、一定期間勤務すれば有給休暇は発生しますが、土木の仕事は工期との戦いでもあるため、消化しようとする作業員はあまりいないようです。

ただし、資格試験や急病等の場合はこの限りではありません。

土木作業員の平均年収統計

厚生労働省の平成27年賃金構造基本統計調査によると、土工の平均年収は48.1歳で375万円となっています。

・平均年齢:48.1歳
・勤続年数:9.3年
・労働時間:170時間/月
・超過労働:13時間/月
・月額給与:292,400円
・年間賞与:256,600円
・平均年収:3,765,400円

出所:厚生労働省「平成27年 賃金構造基本統計調査」
※平均年収は、きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額にて計算。
※本統計はサンプル数が少ないため、必ずしも実態を反映しているとは限りません。

平成27年 土工の年収(規模別 ※男性のみ)

10〜99人規模の事業所に勤める土木作業員の年収は373万円、100〜999人規模は411万円、10人以上規模平均は377万円となっています。
土工の年収(規模別)_27

平成27年度 土工の年収(年齢別 ※男性のみ)

土木作業員の年収は、年齢とあまり関係性がありません。どの世代においても、おおむね300万円~400万円台となっています。

平均年収は378万円となっています。
土工の年収(年齢別)_27

※本統計は、調査の母数が少ないため、必ずしも実態を反映していない可能性があります。