【2021年版】塗装工の年収・給料はどれくらい? 統計データも解説

塗装工の給料

塗装工は、厚生労働省の賃金の調査では「金属・建築塗装工」に分類されています。

この職業は技術職でもあり専門職でもあるため、一般的な事務職に比べると給料はやや高めの水準となっています。

塗装工の平均年収・給料の統計データ

塗装工の平均年収・月収・ボーナス

賃金構造基本統計調査

厚生労働省の令和2年度賃金構造基本統計調査によると、塗装工の平均年収は、42.7歳で410万円ほどとなっています。

・平均年齢:42.7歳
・勤続年数:12.1年
・労働時間/月:169時間/月
・超過労働:10時間/月
・月額給与:284,000円
・年間賞与:678,100円
・平均年収:4,086,100円

出典:厚生労働省「令和2年度 賃金構造基本統計調査」
※平均年収は、きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額にて計算。
※本統計はサンプル数が少ないため、必ずしも実態を反映しているとは限りません。

塗装工の勤務先の規模別の年収(令和2年度)

塗装工の年収は、勤務先の事業所の規模によって大きく異なります。

10〜99人規模の事業所に勤める塗装工の平均年収は367万円、100〜999人規模は422万円、1,000人以上の規模では608万円、10人以上規模の事業所平均は409万円となっています。

賃金構造基本統計調査より作成。本統計は調査の母数が少ないため、必ずしも実態を反映していない可能性があります。

塗装工の勤務先の年齢別の年収(令和2年度)

令和2年度賃金構造基本統計調査によると、塗装工の年収は、200万円台からスタートし、少しずつ上昇していきます。最も年収が高い世代は、55~59歳の505万円です。

全年代の平均年収は409万円となっています。