回答者:tammさん(男性/44歳)

職業名:製造業(電機メーカー) 宣伝広報 / 現在の状態:現役 / 経験年数:20年

仕事内容
今の私の勤務地は大阪です。

グローバル展開している企業で国内と海外の売り上げはほぼイーブンといったところです。

今の私の仕事は宣伝広報部門であり、企業のブランド力をいかに発信するか、商品レベルだけではなくコーポレートとしての発信を企画しています。
仕事のやりがい
自分自身は非常に小さな存在かもしれませんが、実際に参画したプロジェクトで世の中にマルチメディアとして発信される内容があると非常にうれしいものです。

家族にも非常に誇らしいと思います。

製造業にいながら、商品以外で形に残るのはうれしいものです。
覚悟しておいた方がいいこと
製造業というのは、私が入社した20年前は非常に勢いもありました。

しかし、社会の構造変化により、自社によるモノづくりの難しさも露呈、日本でのものづくりの難しさが明らかになっています。

さらに他社とのアライアンスがメインとなってきたこともあり、製造業ならではの面白さはなくありつつあります。
給料・待遇
個人的には給料水準が高いと思います。

年功序列も少しずつ薄れています。

若くして管理職になれば、1000万円も超えます。

逆に組合員のままでも600万円以上は確保されますので非常に恵まれているのではないかと思います。
この職業の恋愛・結婚事情
昔は社内結婚も多かったようです。

そして、非常に恵まれた環境なのでそのままダブルインカムというパターンも多いです。

しかし、最近の傾向としては社内結婚はあまりありません。

基本的には早めに結婚する方が多い傾向だと思います。
この職業を目指す人へのメッセージ
製造業はイメージが悪く、斜陽産業だといわれています。

しかしながら、新たなモノづくりの形を各企業が探っている状態です。

きっと、日本のモノ作りは過去とは違った形で復活すると個人的には信じています。

個人的にそこに何か貢献したいと思います。