生命保険会社の給料・年収

平均年収

生命保険会社の年収は、金融業界のなかでも高水準にあるといわれています。ある調べでは大卒初年度の年収が439万円、30歳時の推計年収が658万円、そして40歳時の推計年収は826万円と発表されています。

ただし、これはあくまでも平均値であり、企業によって年収にはだいぶ差が出ています。とくに大手の生命保険会社は給与水準が高いことで知られており、30代で1000万円に達する人もいるようです。

さまざまな職種として活躍する人がいるなかでも、最も平均年収が高いのは「総合職(基幹職)」といわれています。

総合職は会社の中核を担う存在として幅広い業務に従事し、場合によっては日本全国や海外に赴任することもあるため、給料が高く設定されているようです。

営業職の給料は高い?

生命保険会社と言ったとき、よく想像されるのが営業の仕事です。生命保険の営業はかなり稼げるというイメージも根付いているようですが、実際のところはどうなのでしょうか。

多くの生命保険会社では、営業職の給与体系については「成果主義」の考え方を取り入れています。全員が同じ給料をもらうのではなく、契約件数など営業成績によって給料が変わってくるという仕組みです。

よくあるのが「保障給」、つまり「最低でも毎月これだけの額は必ず支給しますよ」というものに加えて、残りは成果に応じた「歩合給」がもらえるという形です。

こうした場合、保障給はさほど高くなくても、ものすごく成果を出せる人であれば同年代の社員よりもずっと多くの収入を得ることが可能になってきます。

ただし、保障給の解釈は企業によって異なる場合があるため、よく確認しておく必要があります。

福利厚生・待遇について

生命保険会社は給料だけでなく、諸手当の充実など、福利厚生や待遇面についても良いところが多いようです。

金融業界に属することもあり、安定性を求める人には安心して働きやすい仕事だといえそうです。

ただし、企業によりますが、組織はフラットというよりも比較的上下関係がきっちりとしていたり、個々の実力が見えやすくなっていたりするなどの厳しさもあるようです。