信用金庫社員の給料・年収

銀行よりもやや低い傾向に

金融機関で働く人は高収入で生活が安定しているというイメージを持っている人も多いかもしれません。

実際に銀行員の平均年収は600万円前後といわれており、一般企業に比べると高めの水準と考えることができるでしょう。

信用金庫の場合、銀行員よりも収入はやや低い傾向にありますが、これはどの信用金庫に勤めるかによっても大きく異なります。

一般的には、関東や関西などの大きな都市にある信用金庫の給料は高い傾向にあり、地方都市にある信用金庫の給料は低い傾向にあります。

信用金庫の平均的な年収

地方の信用金庫社員の平均的な給料は、およそ18~20万円前後です。

ただし、これは総合職の場合で、一般職の場合はもう少し低くなります。

月々の給料に加えて賞与や各種の手当てがつきます。

歴史が長い金融機関ならではのメリットとして福利厚生の制度が整っていることが多く、住宅手当や配偶者手当などが充実していたり借り上げ住宅や独身寮に住むことができる場合もあります。

また、信用金庫は銀行のような株式会社ではなくて、地域経済を支えるための非営利法人という立場をとっているため、年度によって大きな収入のアップダウンがあるわけではありません。

資格を取得して給料アップへ

信用機関で働く人が給料のアップをめざすのであれば、社内でキャリアアップするか資格を取得するのが一般的です。

キャリアアップの場合は昇進試験を受けたり上司の面接を受けたりして内示を受けることが必要です。

資格試験の場合は終業後の時間や休日を利用して独学で試験勉強をして合格すればよいでしょう。

代表的な資格としては、会計に関する実務について問われる「日商簿記」や、金融・証券・保険・年金などについて幅広い分野の知識が必要な「ファイナンシャルプランナー」の資格があります。

どちらも上級資格ほど難易度が高く、その分、合格者は高い評価を得ることができると同時に有資格者の手当てがつくことがあります。