携帯電話会社社員の仕事、業務内容

携帯電話会社とは何か

携帯電話会社とは、携帯電話やスマートフォンの通信サービスを提供する会社のことをいいます。

しばしば勘違いされることがありますが、端末そのものを製造するのはメーカーであり、携帯電話会社とは異なります。

携帯電話会社は、日本語で「運び手」を意味する「キャリア(carrier)」と呼ばれることも多く、NTTドコモ、au(KDDIグループ)、ソフトバンクモバイルの3社が「三大キャリア」としてよく知られています。

具体的な仕事内容

若い人から高齢者までありとあらゆる人が携帯電話を持ち、電話やメール、インターネットを当たり前のように使いこなしている現代。

しかし、これは通信ネットワークがきちんと構築されているからこそ実現できることです。

こうしたデバイスやサービスに応じた通信ネットワークを高品質な状態に保ち、いつでも快適につながる状態を作り上げているのが携帯電話会社です。

また、一般消費者向けのサービスだけではなく、法人に対して業務効率化や改善などの提案を行うことも重要な仕事の一部です。

いまや、どの業界でもITの活用がさらに重要視されるようになり、携帯電話会社が提供する通信ネットワークやサービスは、各業界におけるビジネスの現場で多々取り入れられるようになっています。

携帯電話会社は法人のお客さまのニーズや課題を拾い上げ、それを解決するためのソリューション提案をすることで、お客さまと一緒にビジネスを創造しています。

また、モバイルの世界は日々進化しているため、常に新しいサービスの企画、また最先端の研究を行うことで、人々のライフスタイルや社会の発展に寄与する役目も担っています。

事業領域は拡大している

このほか、各携帯電話会社では、2016年4月の電力自由化に伴っての電気サービス事業、さらには物販事業や金融サービス事業、保険事業など、従来の事業領域を超えた多様なビジネスを手掛けるようになっています。

携帯電話会社は「モバイル」や「IT」という領域での強みを持ちながらも、広い意味での「ライフスタイル」を提案する企業へと変わりつつあります。