携帯電話会社社員として働くには(大学・学歴・学部など)

各社の採用試験を受ける

携帯電話会社社員として働くには、各社が実施する社員採用試験を受ける必要があります。

採用試験は、大きく分けると「新卒採用」と「キャリア採用(中途採用)」の2種類があり、新卒採用は定期的に、キャリア採用は不定期で行われることが多くなっています。

新卒採用の場合、学校を出てすぐに働くことになるため、入社時点での知識やスキルはさほど必要なく、仕事に対する熱意や伸びしろが重視される傾向にあります。

一方、キャリア採用では即戦力になれる人が求められるケースが多く、職務経験や専門知識が合否を大きく左右することもあります。

必要な学歴、有利になる学部は?

携帯電話会社の新卒採用は、会社によって名称は異なりますが、一般的に「総合職(事務系)」と「総合職(技術・エンジニア系)」の2つの区分で実施されています。

事務系であれば、営業、商品・サービス企画、カスタマーサービス、経営サポートなどの業務に、技術・エンジニア系であれば、システム開発、技術開発、基礎研究、保守・運用などの業務に携わることになります。

ただし「総合職」となるため、実際にどのような仕事を任されるかはわかりません。

だいたい入社後に行われる研修を受け、本人の適性や希望、会社の状況を踏まえて、配属先が決定される流れとなっています。

学歴は、会社によって大学以上を求められることもあれば、高等専門学校や専門学校の人でも応募できることもあります。

学部・学科については「不問」となっていることが多く、文系あるいは理系のどの学部の人でも、携帯電話会社社員として働ける可能性があります。

キャリア採用の場合には、「マーケティング」「営業」「システムエンジニア」など、職種別の採用が実施されるケースが大半であり、たいてい職種ごとに実務経験やスキルなどの応募条件が掲げられています。

正社員以外の働き方も

上記は正社員として働く場合の事例ですが、これ以外に、契約社員や派遣社員、アルバイトとして携帯電話会社で働く人もいます。w

とくに、販売職やコールセンター業務については、正社員以外の形で働いている人も多くいます。そのような募集は、各社の採用ページや求人情報サイトなどで見つけることができます。

なお、大手携帯電話会社は日本全国あるいは海外にも拠点を置いているため、総合職で採用されると海外を含めた全国各地へ転勤となる可能性があります。

ただし、企業によっては正社員であっても、地域限定で働きたい人向けの採用区分を設けているところもあります。