看護学校の3年制と4年制の学校の違い

看護師になる方法にはいくつかありますが、その中の大きな選択肢として3年制の看護専門学校と、4年制の看護大学があります。どちらの学校も卒業後看護師国家試験受験資格が与えられますが、3年制と4年制では何がちがうのでしょうか。

卒業時に与えられるもの。

3年制の看護専門学校は、卒業すると看護師国家試験受験資格が与えられます。国家試験に合格し看護師免許を取得した後、更に1年間指定の養成学校に通うことで、保健師または助産師の国家試験受験資格を取ることができます。

一方4年制の看護大学は、看護師養成課程と平行して、保健師・助産師の教育課程も受けられるコースを設けている学校もあり、このコースで一定の単位を修得すれば、大学卒業時に、看護師国家試験受験資格と同時に、保健師または助産師試験受験資格も得ることができます。

しかし、最近は、看護専門学校にも助産師・保健師の教育課程を盛り込んだ「総合カリキュラム4年制」が設立されています

4年制看護大学で学ぶこと

看護大学では、専門学校では教わらない「一般教養科目」の授業があり、一般的な教養を高める時間を設けています。

また看護学校が専門技術の習得に力を入れているのに対し、看護大学は探究心を持って患者さんや疾患を分析、取り組んでいくことをより一層深く学びます。

卒業後の仕事の違い

3年制も、4年制も看護師免許を取った後の仕事内容にはほぼ全く変わりがありません。しかし、初任給は大学卒業者の方が若干高く設定されていることも多く、その後も4年制看護大学を卒業した看護師の方が早く昇給、昇格する傾向にあります。

また、新人時代はどこの看護学校を卒業しても看護師の力量にそれほど差はありませんが、基礎教育の違いは、数年後に発想や取り組み方の違いとして表われてくると感じている看護師上司が多いようです。

その他、大学卒業後、同大学の附属病院で働く看護師は、学生時代からその病院の理念や看護方針、仕事の取り組み方を学んでいるので、他の看護学校から来た新人看護師よりもその病院の医療チームの一員としてあり方を理解することができますから、当然、昇格も早くなります。

一方で、3年制を卒業した場合、1年早く現場に出ることになるので、それだけ経験も積むことができますし、給料も早くもらうことができます。

早く実戦経験を積みたい場合は3年制、基礎をじっくりと学びたい、保健師、助産師の資格もとっておきたいという場合には4年制というように、自分が何を求めているかを明確にして学校を選ぶと良いでしょう。

仕事体験談