看護学校の選び方

看護師になるためには、看護学校で知識を習得し、国家試験に合格しなくてはいけません。その看護学校には、看護専門学校、看護短大、看護大学などいろいろありますが、その中からどの学校を選べばいいのでしょうか?

地方によっては、看護学校の数が限られており、選択肢が少ない場合があります。しかし、大都市、例えば東京の場合、4年制の看護大学だけで20校ほど、それに看護専門学校、短期大学を合わせると50校以上の看護学校があります。

その一校一校に特色がありますから、「この学校!」と決めるのは難しいもの。そのような時に、看護学校を決めるためのポイントとして考えたいのが「距離と費用と学力」です。

距離

その看護学校に入った場合を想定して、通学しやすいかどうかは、学校を決めるひとつの目安になります。また看護実習を行なう予定の病院に通いやすいかどうかも一緒に考慮するといいでしょう。

寮がある看護学校なら、通学に便利な上に、居住費・交通費の節約にもなります。

費用

看護学校の学費のことです。学費は学校によって大きく異なり、一般に私立の看護大学は高く、公立の看護大学や専門学校は安い傾向があります。

年間12万円程度の学費でいい看護学校もあれば年間100万円以上する看護学校もありますから、費用は学校を決める上での重要な条件になってきます。

しかしながら、学費の高いところはその分、研究や研修に力を入れていたり、優秀な講師がいたりと、価格に見合った何かが得られると言うメリットもあります。

そのため、学費が高くても選びたい看護学校もあります。どうしても学費を捻出できない人は、奨学金制度がある看護学校を探すのもひとつの方法です。

学力

距離や、学費、看護学校の特色の条件が揃っていても、学力が及ばないとその看護学校に入ることはできません。

医療の進歩、発展に伴い、看護師にも高度な知識と技術が要求されるようになり、看護師学校の入学試験の難易度は高くなっています。看護学校入学のための予備校があるほどです。

しかし、数ある看護学校には難易度にも差がありますので、自分の学力に見合った看護学校に的を絞り、確実に合格できそうな学校を選ぶことも、看護師になりたいという夢を叶えるためには大切です。

またそれ以外に、卒業後働きたい病院の附属看護学校(看護大学)を選ぶのもひとつの方法です。看護学校選びは、免許取得後の給与や昇格など労働条件に差が出てくることがあるので、広い視野で将来的なことも考えて学校を選ぶとよいでしょう。

仕事体験談