このサイトは看護師を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「看護師」

仕事内容
看護師の代表的な仕事は、医師の診療の補助的役割を担い、患者さん本人やその家族の対応を中心となって行うことです。患者さんの注射や検温、点滴、食事のお手伝いなどさまざまな業務に携わりますが、患者さんにとっては、ときに医師以上に身近な存在にもなりうるのが看護師です。病院や社会福祉施設など、活躍の場はさまざまです。患者さんに寄り添う気持ちはもちろん、大学病院のように24時間を交代制で働く職場では、不規則な勤務体系をこなす体力も必要となります。
なるには
看護師として働くには、国家資格である看護師免許の取得が必要です。看護大学、看護短大、看護専門学校といった看護師養成課程のある学校で3〜4年間学んだのち、看護師国家試験に合格することで資格を取得できます。なお、看護師の資格には、国家資格ではない「准看護師」もあります。仕事内容に大きな差はありませんが、准看護学校は年々減少中であり、多くの人は国家資格である看護師の資格を取得し活躍しています。
給料
看護師の給料は勤務先によって異なります。平均年収は400万円〜600万円となっており、一般の会社員より高収入を得られる場合もあります。手当てなど高待遇の職場が多いですが、不規則な勤務体系であることや、人の命に関わるため日々精神的なストレスも大きく、業務内容に対して給料や待遇が見合っていないという声もあります。ハードな仕事をこなすには、仕事そのものにやりがいと夢を見出せるかどうかが大事といえるでしょう。
将来性
非常に需要の高い仕事ですが、医師同様、地方都市や田舎町で働く看護師不足が課題となっています。大都市の有名病院以外では、患者さんの数に対して、必要な看護師の数を配置できていない病院もあります。高齢化社会が進む今、看護師は病院や診療所で医師の診療補助を行うだけではなく、社会福祉施設でのリハビリのお手伝いや訪問介護、また患者さんとその家族の心のケアなど、さまざまな役割が期待されています。

仕事体験談