一般事務の給料・年収

平均年収

一般事務の平均年収は、250万円~350万円前後がボリュームゾーンとなっています。

正社員のほか、派遣社員、契約社員、パート・アルバイトといった多様な雇用形態で働く人が多い職種ですが、高い専門性が問われにくい仕事であることから、各雇用形態で収入にそこまで大きな差は出にくいようです。

ただし、経験を積むに従って給料は少しずつ上がっていき、20代であれば年収200万円台という人も少なくありませんが、40代を超えると300万円台後半にまでアップする人も増えるようです。

あとは勤務先の地域や規模、ボーナスの支給有無、残業等の手当の支給状況などに応じて、年収は変わってくるといえるでしょう。

地方よりは、大都市圏のほうが給料は高めとなっているようです。

給料アップを望むなら

一般事務は、他職種と比べてもあまり給与水準が決して高い職種とはいえず、全体的に見ても年収500万円以上を得られる人は限られているようです。

一般事務は業務範囲が広い割に、営業のように自ら利益を生み出す仕事ではなく、仕事の結果も見えにくいため、どんどん収入をアップさせるというのは難しいのが実情です。

そのなかでも少しでも給料を上げていきたいのであれば、やはりスキル面で他の人と差をつけることが近道となります。

たとえば、簿記のスキルを生かして経理の仕事まで兼務できることをアピールすれば、企業によっては待遇面でも差をつけてくれることがあります。

あるいは、事務職のなかでも「営業事務」や「貿易事務」といった職種で募集されている場合には、それぞれの仕事に関する専門知識やスキルが問われることが多く、一般事務よりは若干高めの給与に設定されていることが多いようです。

一般事務は簡単なパソコン操作さえできれば経験や特別なスキルは問わないという求人も多いため、少しでも専門性が問われる求人を探したほうが、良い待遇で働けるチャンスは掴みやすいでしょう。