1分でわかる「品質管理」

仕事内容
品質管理は、おもに製造業において、生産する製品の品質を管理する仕事です。

安定的に同じ品質のものを作り出していくために、製造工程の立案や改善、生産計画の検討、製造スタッフの教育といった業務を担当します。

とくに「製品の品質を満たすための方法の検討や業務改善」といった部分を担当し、不良品が出る原因や不良品を出さないためにはどうすればよいのかといったことを考え、製造工程を改善していきます。
なるには
品質管理は、さまざまな業種のメーカーで活躍することができます。

大手メーカーの新卒採用では、たいてい「大卒以上」の学歴が求められてきます。

理系職種であるため、業種によって機械工学、電気電子工学、情報・通信工学、金属工学、化学、物理などの勉強をしてきた人が活躍できます。

なお、会社によっては「技術職」といった大きな括りで募集され、本人の意思や適性、会社の状況などを踏まえて配属先が決まることもあります。
給料
品質管理の平均年収は、400万円~700万円程度とされています。

会社の規模や経験などによって給料には違いが出ますが、他職種と同様、年齢が上がると年収も増えていく傾向にあります。

また、品質管理が活躍できる業種は幅広く、業種によっても平均給与額が異なります。

マネージャーや部長といった管理職に昇進することで、大幅な収入アップになることもあります。

また、実務経験を積めば、転職によって収入を上げることもできるでしょう。
将来性
安定的に同じ品質のものを作り出すには、品質管理担当が行う生産工程の計画や見直し、製造工程の改善などさまざまな管理業務が必要であり、「ものづくり」を行う会社にとっては不可欠な職種といえます。

また、会社によっては海外向けの商品の製造を行っているところもあり、幅広い専門スキルが身につきます。

ものづくりの要となって活躍できる職種であるため、さまざまな方面へのキャリアアップが期待できます。