このサイトは総務を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「総務」

仕事内容
総務は、企業などの組織において、従業員が働きやすい環境を整え、業務を円滑に進められる職場づくりに中心となって取り組む職種です。具体的な業務内容としては、組織で使用する備品・機器の調達やオフィス建物の管理、福利厚生制度の整備、社内制度の改善・推進、来客対応、会社のイベント企画・運営など多岐にわたります。決して表舞台に立つ華やかな存在ではありませんが、「縁の下の力持ち」として、あらゆる組織に欠かせない職種となっています。
なるには
総務は、民間企業を中心とするさまざまな組織で活躍できる職種であるため、各業界の企業へ就職を目指すことが、総務になるための一般的な道となります。学歴や資格はあまり問われませんが、大企業の場合は「大卒以上」が応募資格となっていることもしばしばあります。従業員数の多い大きな組織では総務部に多くのスタッフが配置され、たいてい分業されているのに対し、中小企業では一人が多様な業務をこなすことを求められたり、創業直後の組織では、総務の業務と他職種の業務を兼任することも珍しくありません。
給料
総務の平均年収は、400万円前後がボリュームゾーンとされています。ただし、給料は勤務先となる組織の規模や地域、年齢、役職、勤続年数などによっても異なります。民間企業の場合、株式公開をしていない非上場の企業よりは、上場企業のほうが給与水準は高めといわれています。能力による給料の差は出にくい仕事ですが、管理職として部下をまとめるポジションに就くか、総務のスペシャリストになると、平均よりも高額な年収を得ることも可能になってきます。
将来性
総務は、企業や組織全体にまつわるあらゆる事務を取り扱う職種であり、あらゆる組織において総務としての役割を担う人が活躍しています。就職先の選択肢は幅広く、今後も総務という職種のニーズ自体が大きく減ることは考えにくいため、これからこの職種を目指していく人にとってもチャンスはたくさんあるといえます。なかでも、株主総会のとりまとめなど高い専門性が求められる分野の知識・スキルを持っている人は、上場企業や大手企業においても歓迎されやすく、良い待遇で採用されている傾向にあります。