「営業事務」とは

営業事務_画像

企業で働く営業担当者のサポート役として、納品管理や見積書作成、各種事務業務を行う。

営業事務は、メーカー、IT、商社、金融といった企業において、主に営業担当者のサポート役となる仕事です。

具体的には、お客さまからの電話・メール応対、請求書や資料作成などの事務作業を担当しますが、そのほか商品の受発注・管理、在庫や納期管理などにも携わったり、お客さまに対する簡単な商品説明など、営業アシスタント的な役割まで担うこともあります。

学歴はあまり問われず、未経験者を受け入れる企業も多いですが、Word、ExcelをはじめとするPCスキルがある人が歓迎されやすいでしょう。

平均年収は200万円〜400万円がボリュームゾーンとされており、がんばり次第で収入を上げやすい営業職に比べると、給与水準はそこまで高くありません。

最近は正社員以外の雇用形態での採用も増えているため、この仕事で長く活躍していきたいのであれば、スキルアップをして「事務のスペシャリスト」を目指す必要があるでしょう。

「営業事務」の仕事紹介

営業事務の仕事内容

営業をサポートしながら事務処理を担当

営業事務は、メーカー、IT、商社、金融など、さまざまな企業の営業部門に所属し、営業担当者をサポートする仕事です。

「事務」という名称がついている通り、電話・メール応対、請求書や資料作成など、一般事務と共通する業務も行いますが、主に企業の営業活動を支援し、契約時に発生する事務処理を担当します。

その他、商品の受発注管理、在庫や納品管理、お客さまに対する簡単な商品説明、信用調査、クレーム処理など、営業アシスタント的な役割を担うこともあります。

社内関係者と連携を図り、営業担当者が商品・サービスの売上に貢献できるようサポートする重要なポジションで、社内や取引先からも頼られることが多く、やりがいのある職種といえます。

営業事務の就職先・活躍の場

各企業での需要がある

業界・業種を問わず、営業活動を行うあらゆる企業で、幅広く活躍できるのが営業事務です。

営業活動を行うことはありませんが、営業の専門知識も必要となり、クライアントへ企画・提案するプレゼンテーション資料を作成することもあります。

海外取引事業を行う企業もあり、留学経験や語学力を身につけた人は、貴重な即戦力として活躍できるでしょう。

なお、近年では仕事よりプライベートを重視する若者が増加傾向にあり、事務職を目指す男性も増えているようです。

営業事務の求人を見てみると、「性別不問」など男性が活躍できる場も稀少ながらありますが、細やかな気配りが必要となる事務職の求人は女性の採用者が多いため、難易度は高くなります。

営業事務の1日

営業とともにミーティングにも参加

8:30 出社
メールチェック、営業担当者の1日の予定を確認します。

9:00 ミーティング
営業メンバーとともに連絡業務などを行います。

9:30 始業
顧客からの電話・メールの応対、営業担当者から依頼される事務処理の対応、営業関係資料を作成します。

13:00 午後の業務
顧客からの問い合わせを中心に、受注管理業務、郵便物や宅配便の仕分け・発送業務などを行います。

取引先へ訪問中の営業担当者と連携を図りながら、発注先担当者との確認連絡業務が続きます。

16:30 ミーティング
外出先から帰社する営業メンバーと事務処理の確認をしながらミーティングに参加します。

明日の準備を行い、必要に応じて営業資料を作成することもあります。

18:00 退社
今日中に完了させる業務処理を終えてから退社します。

営業事務になるには

事務未経験でもパソコンスキルは必須

営業事務になるには、求人サイトなどで各企業が募集する「営業事務」の求人募集に応募することです。

「学歴不問」と記載される求人募集は多いですが、一部の大企業では「大卒以上」を募集要項としている企業もあります。

また、「経験不問」「未経験可」としていても、Excelでの関数計算・グラフ作成ができる中級レベルのパソコンスキルを求める企業が多い傾向にあります。

その他、プレゼンテーション資料を作成したり、データ収集・解析を行う機会があるため、パソコンスキルがある人は、応募の際に自己アピールできる武器となります。

未経験でも、入社後の社内研修や実務を通じてスキルを身につけることも可能です。

営業事務の学校・学費

高卒や未経験でも正社員になれる?

営業事務の求人は、一般的に「学歴不問」が多いため、高卒や未経験でも正社員になれるチャンスがあります。

文部科学省が毎年3月末に発表する、「高等学校卒業者の就職状況に関する調査」を見てみると、平成23年度の高卒就職率94.8%から毎年右上がりに上昇し、平成30年度では就職希望者の98.1%が就職したことが明らかになっています。

厚生労働省 平成30年3月高等学校卒業者の就職状況

近年では学歴を問わず、若い人材を求めて多くの企業が積極的に求人活動を行い、高卒新卒者に向けた求人が売り手市場だということが分かります。

中でも事務職は、学歴を問われることなく社会に出てから学ぶことが多い職種といえます。

ただし、営業事務の仕事は、社内の人間や顧客と関わる機会が多いため、ビジネスマナーやPCスキルを専門学校やビジネススクール、短大、大学などで学んでから就職する人も多いようです。

営業事務の資格・試験の難易度

MOS資格と日商簿記3級がおすすめ

<MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)>
MOS資格はWord・Excel・PowerPoint・Access・Outlook、各アプリケーションのスキルを証明できる資格試験です。
Word・Excelはスペシャリストレベル(一般)とエキスパートレベル(上級)があり、応募資格に制限はないため、高校在学中に受験することも可能です。

<日商簿記能力検定>
営業事務は、経費精算や売掛金・買掛金など日々業務をこなすための基礎知識や簿記の基礎知識が必要とされるため、日商簿記能力検定の取得者は就職に有利になります。
試験種目は、簿記初級・3級・2級・1級に分かれ、3級合格で、取引先企業の経営状態を数字で理解できる証明ができます。

営業事務の給料・年収

平均年収200万円~400万円前後

営業事務の平均年収は、200万円~400万円前後、平均給料は20代で18万円程度がボリュームゾーンとなっているようです。

勤務先企業や経験、年齢などによっても異なりますが、20代の若手が多く活躍している点や、派遣社員や契約社員など正社員以外の雇用形態で働いている人も多く、年収400万円以上の収入を安定して稼げる人は多くはないようです。

実力や成果に応じて昇給も見込めますが、あくまでも営業サポート役として事務作業を中心に行う職種のため、大幅な収入アップの期待は難しいのが実情のようです。

残業の多い企業では、残業代の支給状況次第で収入が大きく変動します。

営業事務のやりがい、楽しさ

売上に貢献して上司から評価されることも

営業事務経験者の口コミを見てみると、溜まった仕事が完了したり、売上目標が達成した時に、ひとつの達成感を感じるようです。

また、クライアントを増やしてもらったり責任がある仕事を任せられた時に、大きなやりがいを感じるようです。

パートナーとなる営業担当者や上司から仕事を評価されることもあり、営業の代わりにクライアントから直接受注を受けることもあります。

営業担当者と連携を図りながら営業チームの一員となり、会社の売上げに貢献することができるのが、営業事務の魅力ややりがいに通じるのではないでしょうか。

営業事務のつらいこと、大変なこと

クレーム、急な残業、キャパオーバー

外出することの多い営業担当者の代わりにクレーム対応をしたり、クライアントから電話で苦言を呈されることも多い職種です。

基本的に担当する営業のペースに合わせることになるため、急な仕事にも臨機応変に対応しなければなりません。

夕方帰社する営業担当者から退社間際になって依頼を受け、その日のうちに業務を完了させなければならないこともあるでしょう。

机に山積みになった書類が大量に溜まり、自分の許容量を大幅に超えてしまう時、限界を感じて「つらい」と感じる人もいるようです。

営業事務に向いている人・適性

正確で迅速な処理、人を支えるのが好き

・正確性、責任感が強い
社内システムによる事務処理が多い営業事務は、数字入力のミスや手配ミスなどが許されない仕事です。

正確かつスピーディーな処理ができて責任感が強い人が適性といえます。

・コミュニケーションスキルが高い
クライアントや社内関係者とやり取りする機会が多いため、明るく気配り上手な人柄を求められますが、サポートする営業担当者の指示を的確に受け取り、正確に遂行できることが必須となります。

・人をサポートするのが好き
自分が主となって活躍するのではなく、陰で人をサポートすることにやりがいを感じる人が向いているといえます。

営業事務志望動機・目指すきっかけ

なぜ「営業事務」を目指すのか?

事務職は、他の専門職と比べ得意とする分野や自己アピールがしづらい職種といえます。

志望動機として重要なポイントは、「なぜ営業事務を目指すのか?」、特化する理由を明確にしておきましょう。

学生時代やアルバイト経験の中で、誰かをサポートした経験があれば、エントリーシートに具体的なエピソードを添えて積極的にアピールできる要素となります。

例えば、学生時代に接客経験がある人は、お客さまへのサービスの提供や会計など、アルバイトで身につけた営業事務に役立つスキルがあるはずです。

人をサポートした経験がなくても、学生時代に経験した営業事務に活かせる能力や具体的なスキルがあれば、就活に有利な強い武器となります。

営業事務の雇用形態・働き方

働き方に合わせて雇用形態も豊富

営業事務の雇用形態としては、正社員をはじめとした契約社員、派遣社員、アルバイト・パートなど、さまざまな働き方があります。

未経験可の新卒採用から、若手ポテンシャル採用、即戦力人材採用、学業や家庭と両立可能な学生や子育て中の主婦など、一人ひとりに合わせた働き方が選べる求人も豊富で、フルタイムで活躍する人もいれば、短時間勤務で働いている人もいます。

実際に大手求人サイトを見てみると、営業事務の求人は派遣社員が圧倒的に多く、「正社員登用制度あり」と記載される求人が多い現状です。

営業事務の勤務時間・休日・生活

事務職の中では月間残業発生率が多い

大手転職サイトが公開する、職業124種を対象とした残業時間の実態調査によると、営業事務の残業時間は月に13.8時間で、残業が少ない職種の第10位にランクインされています。

一般的に9:00~18:00の実働8時間勤務が多いように見受けられますが、営業事務の仕事は、営業担当者やクライアントからの急な依頼が入る機会も多く、決算期などにかかわらず、事務職の中では月間を通して残業発生率は多いといえます。

営業事務の求人を見てみると、月平均残業時間が1時間程度と記載される求人や、10時間程度、20時間以内と、募集する企業によってさまざまです。

事務職全般に共通していえることですが、派遣社員として働く場合には、ほとんど残業がないようです。

営業事務の求人・就職状況・需要

僅かな正社員募集を巡り競争率が激しい

営業事務を含む事務職の正社員募集は、年々減少傾向にあります。

企業のIT化やWebシステムの活用、人材派遣会社の活用などが、理由のひとつとなっているようです。

ひと昔前から女性にとって人気の職種「一般事務」や「営業事務」は、退職者が少ない現状で、正社員募集が稀少のため、競争率が非常に厳しい状況だといえます。

ここ数年の就職状況では、事務職を目指す女子大生が増加傾向にあり、かつての結婚・出産を機に退職する腰掛けではなく、一生働くことを前提として営業事務や一般事務を希望する女性が増えているようです。

営業事務の転職状況・未経験採用

金融・保険・IT・通信業界は狙い目か

営業事務の求人傾向としては、高卒以上の学歴があれば、「未経験可」「第二新卒採用」など、若手の人材育成に力を注ぐ企業が増えています。

しかし、企業の本音としては即戦力となる経験者を求めているのではないでしょうか。

未経験可の求人に応募するにも、Excel・Wordの基本操作やビジネスマナーは最低限身につけて置くことをおすすめします。

大手転職サイトに掲載される事務職の求人は、金融・保険・IT・通信業界は未経験歓迎とされる求人数が圧倒的に多く、若手のポテンシャル採用を重視している業界にも注目しておきましょう。

営業事務の現状と将来性・今後の見通し

AIに頼れないヒューマンスキルを磨く

営業をサポートする立場として、さまざまな企業で必要とされ続けてきた営業事務ですが、現代は企業のIT化が一般的なものとなり、営業活動を行う現場でも、積極的にパソコンやWebを活用することによる合理化、効率化が進んでいます。

これまでよりも「人の力」が必要とされる部分が減り、営業事務の求人数が減少傾向であったり、コスト削減を目的に派遣社員の採用が増えているようです。

また、AI(人工知能)の導入により、近い将来、事務作業はAIに代行されるのではないかという話題もあります。

安定した待遇の下で、この先も長く活躍したいという目標があるのなら、人をサポートする高いコミュニケーションスキル、相手の指示を深く読み取る洞察力、仕事の優先順位を正しく判断しながら臨機応変に対応するなど、人間にしかできないヒューマンスキルを磨き、営業事務のスペシャリストを目指す必要があるでしょう。